大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂(おおくにたま)神社は、武蔵国(現在の東京都大部分と神奈川県一部、埼玉県全域)の総社です。総社とは、地域内(ここでは武蔵国)の神社にいる神さまを一カ所に集めた神社のこと。そんな武蔵国の総社である大國魂神社は、恋愛運や人脈運でご利益を得るには東京でも屈指のパワースポットです。


今回は23区内から離れ、多摩地方にある大國魂(おおくにたま)神社をご紹介します。

恋愛運や人脈運などの"人間関係"でご利益を得るには、どのようにすればよいのでしょうか。

■ご利益ポイント1)本殿だけでなく、境内の摂末社も参拝しよう!

大國魂神社はご利益があるパワースポット

大國魂神社は、武蔵国の一ノ宮(※1)から六ノ宮まで本殿に祀っています。

それだけでなく本殿の周りにもいくつもの摂末社(せつまつしゃ)があります。摂末社とは、境内や付近の境外にある小規模な神社のことで、その神社(本社)に関係の深い神社をお祀りしています。

大國魂神社の場合は、摂末社は本社と同様に非常に大きいパワーを思っているので、摂末社も参拝しましょう。参拝の順番は、最初は本社の本殿からです。どの神社でも同じですが、最初に本殿にご挨拶をすることで礼儀を守ります。

本殿の神さまにご挨拶をした後、境内にある摂末社である各神社を参拝していきます。

大國魂神社はご利益があるパワースポット

私は、大國魂神社には5月下旬の暖かい日に訪れました。

今まで東京で参拝してきた神社と少し違い、なにか少し懐かしい感じのする神社でした。この懐かしさはどこからなのか? 本社の参拝が終わり、摂末社に目をやると、その理由がすぐにわかりました。境内の摂末社に、住吉神社、大鳥神社、松尾神社などがあったのです。

住吉神社は海の神さまとして知られている大阪市(摂津国)の住吉大社から分祀(ぶんし)(※2)された神社、大鳥神社は大阪の堺(和泉国)の大鳥神社から分祀された神社、そして松尾神社はお酒の神さまとして知られている京都市(山城国)の松尾大社から分祀された神社です。

筆者は京都に生まれてから約40年住んでいたので、とても馴染みのある神社ばかりでした。参拝される方、それぞれに合ったお力がいただける神社があると思いますので、足の向くまま参拝されてはいかがでしょうか?

■ご利益ポイント2)本殿裏にある杉の木にパワーがある

大きな神社では、本当にパワーのある場所は本殿ではないことが多々あります。

「奥の院」「奥の社」などといったお社がある神社があります。もともと、そこに本殿があったものが、参拝に便利などの理由で便宜上、遷されることがあります。その場合、もともとあった場所を「奥の院」「奥の社」としていることが多くあります。

大國魂神社の場合は、「奥の院」「奥の社」といったお社はありませんが、本殿裏の右角に大きなご神木がありました。このご神木に非常に力を感じました。

本社、摂末社を参拝した後、最後にこのご神木にも手を合わせてみてください。

大國魂神社はご利益があるパワースポット

(写真:本殿裏の杉の木・後光がさすように木もれ日がさした)

■ご利益ポイント3)参拝後は北で蕎麦など麺類を食べると吉

今回の精進落としは、大國魂神社より北へ行き、蕎麦かうどんを食べると良いでしょう。

大國魂神社は水が豊富で、境内には「水神社」という神社があるくらいです。さらにお酒の神社・松尾神社や油の神社・住吉神社といった、液体をお祀りする神社が多くあります。

大國魂神社はご利益があるパワースポット

水、酒、油といった液体は陰陽五行学では「水」となり、方角は「北」になります。北というのは京王府中駅近辺になりますが、府中という街はもともと門前町として栄えた歴史があります。

門前町は神社があって繁栄してきたこともあり。神社に感謝しているお店が多いです。方角の関係からみても府中市中心部がいいかと思います。

府中市中心部以外でも北であれば、国分寺市あたりでもいいです。

「水」は生命の源、「酒」は交流の場、「油」はエネルギー(活動)と人々を動かす原動力になります。その場合、大切なのは人とのつながりです。

ここでは様々な開運やご利益がありますが、中でも「恋愛」や「人脈」など人との“ご縁”に多大なご利益があると思います。

蕎麦やうどんは、ご縁を大事にする食べ物だと昔から言われています。年越しそばも「新年はそばのように細く長く過ごすという意味で食べる」なんて言われますが、もともと、ご縁をつなげる縁起のいい食べ物です。ダラダラ伸びるとまずくなりますが、コシがあるご縁ができる運勢がつきます。

新たな恋人や友人、ビジネスパートナーを探されている方は、ぜひ参拝されてみてはいかがでしょうか?

(※1)一ノ宮とはその国の神社で最も格式の高い神社。二ノ宮、三ノ宮と順に下がっていく。武蔵国の場合、一ノ宮は東京都多摩市にある小野神社。
(※2)分祀(ぶんし)とは、本来の場所に祀られている神さまを別の場所でも祀ること。

この記事のライター

京都市生まれ、東京都在住。立命館大学法学部卒。 大宝二年(西暦702年)より続く陰陽師の家系に生まれ、家業で修養を積みながら個人や企業のご祈祷・ご供養のため全国各地を巡る。その過程を通じて、あらゆるパワースポット・パワーフ...

関連する投稿


自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

女性をキープする、と聞くと女慣れした男性を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、自分に自信が持てない男性も意外とやってしまうこの行為。ですが、彼らの場合は決して複数の恋愛を楽しむためではなく、自分の恋愛感情を貫けない弱さが原因。一途になりきれない理由について、お話します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


「感情に支配されないで」 日々の暮らしの中に“隙間”をつくるべき理由

「感情に支配されないで」 日々の暮らしの中に“隙間”をつくるべき理由

「洗濯機のようにグルグルと回り続ける暮らしの中にこそ、隙間を作り出し、体と呼吸を整える時間をつくってほしい」そう話す女性僧侶・大澤香有さんの想いとは。


Dr.コパ先生監修。2018年の「開運ネイル」は?

Dr.コパ先生監修。2018年の「開運ネイル」は?

爪先は「幸せの入り口」です。全国のネイルクイックグループでは、風水の家相・方位・インテリア学の第一人者である、Dr.コパ先生が監修するネイルクイックの「開運ネイル」を2月末まで展開中です。2018年におすすめのラッキーカラーやラッキーアイコンを知りましょう。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい