コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


セックスの際、「コンドーム着けて」と言えない女は多いと聞く。

若くて経験が乏しいうちならともかく、すでにセックスを愛の交歓や性欲の解消、快楽の追求として謳歌している大人の女が、それを相手に要求できないなんて。

そもそも女の快感は安全とワンセットだ。脳裏に気になることがあれば、それだけで快感は半減する。セーフティセックスを心がけることは、セックスを楽しむ上で、男にとっても女にとっても必然であるはずなのに。

仮に女が伝えることをためらうとしても、それ以前に相手の男がコンドームを装着することは、「対等にセックスを楽しむ」大前提だ。

ただ、「言えない」まま抱かれてしまう女にも問題はある。「他の女とセックスしていない」安全な肉体、かつ妊娠がふたりにとってリスクではない恋人同士ならともかく、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、自身の体を粗末に扱っていると言っても過言ではない。

彼に嫌われたくなくて「言えない」のだとしたら、本末転倒だ。自分の体を大事にしない女は、自分を愛していない。あなたが「愛していない自分」を彼に愛してもらおうだなんて、虫がよすぎる。

……説教はこのくらいにして。

愛する方法をはき違えている、あるいは無駄に奥ゆかしい淑女のために、今回は男の一枚上をいく「コンドーム活用法」を伝授したいと思う。実践にて効果は確認済みなので、安心して試してみてほしい。

■コンドームをふたりで選ぶという「前戯」

あたしはこれまで、何人かの男に「着けて」と言ったことがある。もう時効といえるほど過去のことだから正直に言うが、相手はすべて「本命のパートナー以外」の男だ。

そこで相手がすぐにコンドームを装着すれば、ふたりの間に「しない」理由はない。だがひとりだけ「俺、ゴムアレルギーなんだよね」と難色を示した男がいた。

その会話をしたのがホテルならば、「じゃあアンタとはしない」で終わった話だが、幸いにして場所はまだ2軒目のバーだったため、あたしは「ゴムじゃなければいいのね?」と言い返した。

以前、パートナーと同棲していた頃に常備していたコンドームは、有名メーカーの樹脂製だった。女性の内側との摩擦感がゴムより小さく、長時間挿入していても痛くならない(※)ので、あたしは気に入っていた。
※ゴムとの違いは個人の感想です

観念した男は一緒に薬局へ行き、あたしが指定したコンドームを購入してホテルへ向かった。しかし彼のアレルギー発言はハッタリではなかったらしく、「これいいじゃん!」と喜んでいた。教えたあたしにも感謝していたくらいだ(笑)。

これまた昔の話で恐縮だが、あるとき年下男子と艶っぽい会話で盛り上がっていた際、その男子があたしに打ち明けてきた。

「サイズが合わなくて、ホテルのコンドームが使えない」

彼は大きいサイズの持ち主だった。おそらく自慢も入っていたと思う。

「きっと知らないと思うけど」と前置きし、彼は自身のサイズが収まるコンドームの銘柄を教えてくれた。

当時、あたしはたまたまフリーの身であった。年下男子からの「年上の女性と関係を持ってみたい」素直な眼差しを無視できないくらいには「ご無沙汰」でもあった。

好奇心に負けたあたしは、ドラッグストアに彼を誘導した。もちろん、彼の教えてくれた銘柄のコンドームを探すためだ。

「もし買えたら、ホテルで使ってもいいよ」

その後、渋谷のドラッグストアを3軒回った。彼の言っていた銘柄を棚に発見したとき、すでにふたりの気分は高揚していた。

■男の「着けない」言い訳より先に、女から誘導する手もある

コンドームさえ着ければ、ふたりの「する」意志は合致している。ならば、最初から「着ける」前提で話を進めればいいのではないか、とあたしは思う。

ホテルに入るもっと前、男から何らかの「したい」というアプローチが出てきた段階で、自らコンドームの話題を振ってしまえばいい。

「樹脂製のコンドームだと、ゴムより気持ちいいって知ってる?」などと、このコラムで仕入れたにわか知識を出してもかまわない。

あるいはあらかじめポーチに忍ばせたコンドームを、そっと彼の手に握らせるのも一案だ。むしろそのほうが簡単だし、スキンシップを添えるほうが、言葉よりずっとムードが出るに違いない。

女のほうから誘いかける場合も、コンドームは小道具になる。

同様、彼の手を握りつつコンドームをそっと手渡し、「これでもっと仲良くならない?」と耳元で囁けば、セイフティーに夜を楽しむことができるだろう。

この記事のライター

作家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。 豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。 『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』他著作多数。

関連するキーワード


コンドーム セックス

関連する投稿


女子の本音! セックスから始まる恋はアリ?

女子の本音! セックスから始まる恋はアリ?

女性にとってのセックスは、人によって捉え方が大きく異なるものです。「セックスは本当に好きな人とするもの」だと考える女性もいれば、「まずはセックスからお試しするのもアリ」と考える女性もいます。


女性がセックス中の本音を男性に伝える方法

女性がセックス中の本音を男性に伝える方法

男性とのセックス中、本音や考えていることを素直に伝えられる女性はあまり多くありません。相手との関係性や受け取り方を気にし過ぎて、ついつい演技をしてしまう女性もいるのではないでしょうか。


セックスは本気の浮気なのか? 男女における浮気観の違いとは

セックスは本気の浮気なのか? 男女における浮気観の違いとは

付き合っている彼氏がセックスありの浮気をしていたことが発覚したらあなたはどうしますか? さまざまな考えが頭をよぎるかもしれませんが、その中でも彼氏との別れを選択する女性は少なくありません。でも男性の中には「浮気のセックスは遊びだから別れるなんて言い過ぎだよ」と感じる方もいるようで……。


浮気した彼氏とのセックス~どう対応するのが正解?

浮気した彼氏とのセックス~どう対応するのが正解?

セックスありの浮気をしてしまった彼氏を許したのは良いけれど、その後、彼氏とセックスをする時に「気持ち悪い」「浮気したクセに……」などの感情が、生じて気まずくなったという意見は多いです。今回は、世の中の女性達は浮気した彼氏とのセックスにどのように対応しているのかを解説します。


性の「当たり前」や「常識」という歪んだ概念と性教育

性の「当たり前」や「常識」という歪んだ概念と性教育

人間が生きていく上で切り離すことができない異性との性行為。子どもを作るためにも大切な営みだ。にも関わらず、日本では性教育がしっかりと行われていないために、不安を抱えながら性行為と向き合っている女性が多いように思う。今回はそんな性の当たり前や常識、日本の性教育の現状について掘り下げていく。


最新の投稿


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


おっぱい