毎日できるヘアケアの方法。10年先も美しい髪でいるために

毎日できるヘアケアの方法。10年先も美しい髪でいるために

簡単なヘアケアの方法をご紹介します。「やわらかい」「猫っ毛」「ボリュームがない」髪質のわたしは、頭皮ケアをはじめ、日々のヘアケアを大事にしています。ただ、難しく、面倒なヘアケアだと継続できません。だからこそ、手軽なヘアケア方法であることが大事。10年先も好きな髪で好きなファッションを楽しむために――。


◼︎毎日できる簡単ヘアケア方法〜10年先の自分のために

皆さんは、どんなヘアケアをしていますか?

10代の頃からきちんと髪を整えている友達を、「エラいね」「女子力高いね」と言うばかりで、自分のヘアケアにはまったく興味がありませんでした。

だから、いつも美容室でのオーダーの仕方はきまって、「簡単にスタイリングできる髪型で」でした。ところが、そうは言っていられなくなったのは、産後脱毛を経験した頃から。

産後脱毛は出産後6カ月頃から始まります。排水溝にたくさんの抜け毛を見て、毎日ハラハラしていました。

そんな頃は授乳に、オムツ替えに、抱っこに大忙し。落ち着いてヘアケアをしていられる心の余裕すらありませんでした。

でも、ヘアスタイルはファッションの大事な一部。ファッションを楽しみたかったら、ヘアスタイルをきちんと考えるのも必要ですし、ヘアスタイルを変えるとファッションも変えたくなる。そんな経験はありませんか?

わたしは10年先も自分らしいファッションを自分らしいヘアスタイリングとあわせて楽しんでいたい、と考えます。忙しい毎日だからこそ、無理のない簡単ケアで、10年先の自分のためにできることを、日々コツコツ行っています。

◼︎バスタイムのヘアケアは、ハーブの香りで癒されながら

たとえば、今愛用しているのが、マークス&ウェブのヘアケアアイテム。

ハーバルアミノシャンプーのリラックスを使っています。リラックスはゼラニウムとカモミールの精油の香りで、夜のリラックスタイムを意識的に作る目的です。

ゼラニウムは生理前のイライラなどにも効果的な香りだそうで、日常の香りとしても積極的に取り入れています。

そして、ハーバルアミノコンディショナーに加え、ハーバルアミノヘアパックも欠かさず購入しています。日焼けをしたなと感じた日、乾燥しやすくなっているときなどに使用します。

ヘアパックはリフレッシュの精油を。こちらはマンダリンとラベンダーの香りなので、まさにリフレッシュしたい日にはぴったりです。

スカルプマッサージも毎日簡単に

指先だけでは届きにくい地肌をしっかり洗えるマッサージブラシ。

地肌をきちんと洗って、心地良いマッサージでリフレッシュできるアイテムです。我が家は子どもたちも喜んで使っています。

頭皮をしっかり動かせるので、ひとつ持っておくと良いと思います。

◼︎顔と同じく、頭皮にも保湿が必要

長年通っている美容室は、表参道のCLEO。こちらで手に入る、ヒアルロン酸と炭酸が成分の「スパークリングジュレ」がわたしのヘアケアには欠かせません。

なぜなら普通のトリートメントやスタイリングワックスは、頭皮につけることができないものが多いから。ペタンコ髪になりやすい毛質のわたしにとって、ヘアの根元からふんわりさせることは、最大の課題です。

さらに、通常のヘアワックスは汗のベタつきで余計に毛先が重たくなり、ぺしゃんとしやすいという悩みがつきものです。

スパークリングジュレは、そんな悩みを解消してくれる、「頭皮にもつけられる」「肌にもつけられる」高保水、高保湿ジェル。

「肌にもつけられる」のはヒアルロン酸と炭酸なので、ワックスと違い、ヘアケア後に手を洗わなくてもよいのです。むしろ手に擦り込み、手にも潤いをプラスできる1本です。

◼︎食生活もヘアケアを意識。内側から健康美髪を目指す方法

冷蔵庫の中には必ず6個以上、納豆を常備しています。

納豆はとにかく栄養満点。その中でも、ビタミンB群が髪にいいと聞きます。

また最近よく食べているのがメカブ。メカブに含まれるフコダインには、育毛効果が期待できるそう。

ドライいちぢくも積極的に食べています。頭皮に直接効くと聞いたわけではありませんが、女性ホルモンのバランスを保つ効果を狙って、空腹時に食べるようにしています。

難しいことや、面倒なこと、高額な珍しいスーパーフードだと、継続しづらいのが正直なところ。だからこそ、スーパーで必ず買える、手に入りやすくてコスパも良い、身近なスーパーフードを食生活に取り入れています。

◼︎簡単なヘアケア方法を毎日取り入れて

今回は、ヘアケアについて「簡単」にできることをまとめてみました。

わたし自身、薄毛体質なのでそれをコンプレックスに感じることもありましたが、それも自分らしさのひとつだと受け入れることで、とても楽になりました。

さて、今回このコラムを書くにあたり、CLEOhair&makeの笠原さんに頭皮ケアについて直接教えてもらいました。

「洗顔後に、必ず化粧水や乳液をつけるのが美肌ケアだとしたら、髪も同じで頭皮を洗浄したら頭皮にも保湿をすることが大事。ただ、頭皮に保湿をするという感覚を持っている方は少ないです。乾燥すると抜け毛やダメージケアの原因になってしまうのですが……」とおっしゃっていました。

確かに、洗顔後すぐ化粧水をつけ保湿に努めますが、洗髪後に頭皮の保湿をする方はきっと少ないですよね。

この夏は、頭皮の保湿から、ヘアケアを始めてみてはいかがでしょうか。薄毛で悩む方や、ヘアケアの仕方がわからないという方に読んでいただけましたら嬉しいです。

この記事のライター

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード


ヘアケア

関連する投稿


ヘッドスパで頭皮ケアしながら使える、体にやさしい白髪染め

ヘッドスパで頭皮ケアしながら使える、体にやさしい白髪染め

白髪とともに、現代の女性の髪の悩みで多い「毛先のパサツキ」「細毛」「枝毛」。毛髪研究を30年以上にわたり行ってきたスヴェンソンは、業界初の「染める」「育む」「癒す」をひとつにした白髪染めトリートメント「レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー」をリニューアルし、発売開始しました。


“メイク感覚”でさっと使える白髪カバーアイテムが新登場

“メイク感覚”でさっと使える白髪カバーアイテムが新登場

「キスミー フェルム」から、メイク感覚で手軽に使用でき、多くの大人女性が悩む白髪をカバーするアイテムが2種類新発売に。お出かけ前に気になる部分白髪や眉白髪を自然にカバーするマスカラタイプと、目立ちやすい分け目・生えぎわの広範囲白髪を自然にカバーするスティックタイプのワンデーヘアカラーです。


すこやかな頭皮とボリューム感ある髪を育てる「頭皮&ヘア美容液」

すこやかな頭皮とボリューム感ある髪を育てる「頭皮&ヘア美容液」

1本で頭皮のエイジングケア*も、今すぐボリュームアップ**も。「プリオール 頭皮&ヘア美容液」が誕生します。


世界初となる「ELLE」の美容サロン「ELLE salon」がオープン

世界初となる「ELLE」の美容サロン「ELLE salon」がオープン

フランス発祥ライフスタイルブランド「ELLE」より美容サロン「ELLE salon」が大阪・梅田に1月20日、世界初オープンとなります。訪れたすべての方が商品や技術を通じてリラックスできる上質な空間を提供。施術中、ELLEにまつわる商品や書籍なども存分に楽しめます。


パサパサ、白髪よ、さようなら。大人美髪をつくるヘアケアアイテムたち

パサパサ、白髪よ、さようなら。大人美髪をつくるヘアケアアイテムたち

カラーやパーマを繰り返して髪がパサパサ。年齢のせいもあって昔よりツヤがなくなってきた。そんな髪の悩みをお持ちの大人世代におすすめしたいヘアケアアイテムをご紹介します。


最新の投稿


全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第9回目では全身に効果があり、身体を活性化する「ダウンドッグのポーズ」です。全身がストレッチされて、緊張が解けて疲労感も取れやすくなるポーズです。


40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代からのブラジャーの選び方をご紹介します。30代後半頃から気になる胸の変化。年を重ねていけば変化することは、当然のことなのかもしれませんが、できれば年齢より老けて見えたくない、と思う方は多いのではないでしょうか。40代から変わるブラジャーの選び方を意識するだけで、バストの悩みは少なくなるはずです。


大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

リッチなテクスチャーでハリのあるやわからでなめらかなお肌へ導く、アンブリオリスの「アンブリオデルム モイスチャークリーム」。朝晩のお手入れ時の保湿クリームだけではなく、メイク前の下地クリームとしてお使いいただくと艶やか素肌の仕上がりになります。


女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

「レズ風俗」があるとご存じですか。多くの女性には未知の世界かもしれません。2007年に女性専用レズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」をオープンした御坊さんの著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』から、レズ風俗とは何か、どんな女性が利用しているのかなど、まったく知らない人にとっての“気になる”を紹介します。


ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイへ行ったら買い物やグルメを存分に楽しみたい――そんな人へおすすめなホテルが、ワイキキ クヒオ通りの中心にある「ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ」。オフィスビルとして使われていた建物が、2017年1月、22階建てのスタイリッシュなデザイナーズホテルとして生まれ変わりました。


おっぱい