オイル美容で乾燥知らずの肌を手に入れた - 私のオイル美容法

オイル美容で乾燥知らずの肌を手に入れた - 私のオイル美容法

歳を重ねるにつれ、乾燥しがちになる肌。オイル美容がその悩みを解決に近づけてくれるかもしれません。若い頃は、そのべたつきを毛嫌いし、かなり抵抗があったオイルですが、アラフォーの今ではかなりお世話になっています。今回は、肌の老化や乾燥が気になる世代におすすめのオイル美容をご紹介します。


最近の雨と湿度の高さで、肌がしっとりして乾燥が気にならない……かと思いきや、膝下が妙にカサカサしているアラフォーの私。

顔の乾燥はスキンケアでかろうじて防いでいるものの、毎年、春夏もののスキンケアへの切り替えどきが、どんどん遅くなっていることから、自分の全身の乾きぶりをひしひしと感じる今日この頃。

昔は、「私の混合肌は、水分が足りないからだ! 油分は足りてるから水分を補わなきゃ!」と必死だったのに、今では油分までもが足りなくなったため、最近オイル美容づいています。

アラサーのころは、そのべたつきを毛嫌いし、かなり抵抗があったオイルですが、今は当時よりもオイルの種類も増え、使いやすいものが続々と登場。

そんななか気づけば、スキンケアのいろいろなものがオイル、またはオイルがメインの成分であるものになっていました。今回は私が美容に使っているオイルをいくつかご紹介します。

■スキンケアでは定番「トリロジー」のオイルを

乾燥が気になるときや、吹き出物ができたとき、なんとなく普段のスキンケアだけだと物足りない、というときに使っているのがトリロジーの「ロザピンプラス」。

エイジングケア用というだけあって、必須脂肪酸が豊富で抗酸化作用も高く、まさに肌の老化を防ぐためのオイル。

いただきものを試しに使ってみたら、これが非常に心地よく肌の状態を整えてくれて、「トリロジー、いいって言われるだけあるなぁ」と感心したのが使い始めたきっかけです。

「オイルのよさを体感できるようになったなんて、私も大人になったものだ」と思いながら、ちょっと肌がお疲れ気味のときに、カンフル剤的に取り入れています。

ロザピン プラス | トリロジー日本公式HP / trilogy japan official site

http://www.trilogyproducts.jp/menu/%E3%83%AD%E3%82%B6%E3%83%94%E3%83%B3-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9/

年齢や肌質を超え、多くの女性に愛されているトリロジーの「ロザピン プラス」と名付けられたオイルは、ローズヒップオイルをベースに、肌を外的ストレスや年齢による悩みから守るトマト、クランベリー、ヒマワリ、アサイ4種類の成分を配合。

■体にも髪にもオイル美容で、乾燥させない

ボディ用の美白ジェルではもはや乾燥は防げないらしい、梅雨時なのにカサカサしている老化まっしぐらな私の膝下の肌には、お風呂の中でオイルを塗布しています。

「乾燥よ、なくなれ。微妙に目立ってきた膝下の毛穴よ、見えなくなれ」と念じつつ。

乾いた状態で塗ると、ちょっとべたつきが気になるので、お風呂から上がる直前の、水気を軽くとったところに塗っています。

お風呂の湿気や肌の表面の水分とほどよく混ざって、それほど量を使わなくてもしっとり感が得られるので、べたついて気持ち悪い、が防げます。

「髪にも肌にも使えます」と謳われているオイルを使って、脚だけでなく、ついでに洗い流さないトリートメントとして髪に使うことも。

タオルドライした髪になじませると、こちらもボディと同様、ほどよく水分と混ざって、べたつくことなくパサついた毛先がしっとりします。

時短と効率を重視する私としては、1本でいろいろなところに使えるという理由でも、オイル美容は大好きです。

ただし、どこのパーツに使ってもいいように、「コスモス」や「エコサート」などのオーガニック認定を受けたオイルを選ぶようにしています。

■唇もオイルで乾燥知らず

最近すごく気に入っていて、数量限定だったため慌てて買い足した唇用美容液、アンプルールの「リップオイルエッセンス」も、よく見たら、アルガンオイルやシアバターなどのオイルがブレンドされたものでした。

こちらは、夜塗って寝ると、朝起きても塗った美容液がそのまま残っているという、唇の乾燥知らずのリップ美容液です。

日中も、時間がたったらいつの間にかなくなっていたということはなく、食事をしない限りはほとんど塗り直しの必要がないくらい、しっかりうるおいが続きます。

また、だんだん色がくすんできたアラフォーの私の唇も、これを塗ると綺麗な薄ピンクになるので、口紅は塗らず、あえてこれだけで外出することも。

たまにはリップ(メイク)を休みたい・休ませたいなんてときに、こういうものが1本あると便利です。

■オイル美容初心者は、まずは「お試し」で使用感を確かめて

使用感の好き嫌いが人によってかなり分かれるのが美容オイルではないでしょうか。そのため、効能や誰かの口コミにばかりに目を向けるのではなく、実際に自分が使ってみたときの使い心地がいいかどうかも大事なのではないかと思います。

そういう意味では、いきなり現品を買うよりも、サンプルやミニサイズからお試ししてみることをおすすめします。

私自身も、「えー! オイル……!?」と抵抗があったものの、使ってみたら思いのほかよかった、ということもあれば、反対に、現品を買ったけれどベタベタしすぎて使いづらくてお蔵入り、ということもあったので、使用感はすごく重要です。

どんなに成分的にいいオイルでも、使い心地が気に入らないから、と使わなくなってしまったら意味がありませんから。皆さんが、ご自身が使いやすいと感じるオイルと出会えますように。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師 自身のニキビ肌や毛穴の開きに劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 「外見が、内面が、美しい人になる」をメインコンセプトに、美容鍼灸サロン経営・...

関連するキーワード


オイル美容 スキンケア

関連する投稿


プチプラ大容量が嬉しい! 卵由来の天然成分を配合した「たまご化粧水」

プチプラ大容量が嬉しい! 卵由来の天然成分を配合した「たまご化粧水」

「たまご化粧水 ココエッグ リンクルローション」は、卵由来の天然成分「加水分解卵殻膜エキス」配合の「乾燥小じわケア化粧水」。しっとりみずみずしい肌に保ち、乾燥小じわを目立たなくします。顔や全身にも使える大容量タイプ。コットンなどにたっぷり含ませて5分ほどパックするとさらに効果的です。


化粧水は今の3倍入れ込む。美容皮膚科で教わった、大人の乾燥肌ケア【猫川舐子】

化粧水は今の3倍入れ込む。美容皮膚科で教わった、大人の乾燥肌ケア【猫川舐子】

美容皮膚科の看護師さんに、大人の乾燥肌のスキンケアは「今の肌悩みや基礎化粧品のラインアップを意識するだけでなく、今後、加齢に伴って肌の水分量が減っていくことに着目する必要がある」と教えていただきました。重要なのは、化粧水をたっぷり、今使っている量の3倍は使い、とにかく水分を入れ込むこと。方法を具体的にご紹介します。


乾燥肌のアラフォーがすすめたい保湿コスメたち

乾燥肌のアラフォーがすすめたい保湿コスメたち

乾燥肌が気になる季節。乾燥肌のアラフォーである筆者も、乾燥対策に力を入れています。今回は、冬に乾燥が気になる方におすすめの、保湿コスメを3点ご紹介します。いずれも筆者が日々使っていて、うるおいを感じているコスメです。個人的な感想を交えてお伝えします。


高貴な薔薇「イザヨイバラエキス」を配合したエイジングケアクリーム

高貴な薔薇「イザヨイバラエキス」を配合したエイジングケアクリーム

高貴な薔薇「イザヨイバラエキス」新配合しました。艶やかにハリ輝く女性らしい美しさへ導きます。最高峰エイジングケアクリーム「ジェノマー ダーマクリーム」を数量限定で発売します。


スキンケアもベースメイクも。SUQQUから贅沢な限定キットが発売

スキンケアもベースメイクも。SUQQUから贅沢な限定キットが発売

SUQQUから、冬の歓びをつめ込んだ、心にも贅沢な限定キットが12月1日より発売に。お好きなファンデーションと、スキンケアから化粧下地、粉雪のようなみずみずしい艶と煌めきで肌を彩る、このキットだけの限定パウダーまでを堪能できる特別なキットに仕上げました。


最新の投稿


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


おっぱい