多動力とは? 多動力を身に付ければ、二兎を追って二兎とも得られる

多動力とは? 多動力を身に付ければ、二兎を追って二兎とも得られる

最近よく耳にする「多動力」という言葉。多動力とは、一体どのようなことを意味するのでしょうか。今回は、多動力を生かすと、どのようなメリットがあるのかをキャリアアドバイザーの視点からご紹介します!


多動力とは

こんにちは、キャリアアドバイザーの筒井トモコです!

最近、「多動力」というキーワードをよく耳にします。
「多動」について調べてみたところ、辞書では以下のように定義されていました。

場面や状況に応じて集中することが難しく、絶えず動き回わっている状態。児童が授業中に教室の内外を落ち着きなく徘徊するといった行動異常をさしていう。過活動。

一見、ネガティブに聞こえる言葉ですが、なぜ話題になっているのかというと、ホリエモンこと堀江貴文さんが同タイトルの書籍を上梓されるのが理由のようです。

今回は、キャリアアドバイザーの視点から「多動力」についてお話します。

高城剛さんが提唱する「多動力」

「多動力」の名付け親は、映像作家やDJ、作家など、幅広く活動する高城剛さん。
調べてみたところ、初出は2015年12月15日に公開されたダイヤモンド・オンラインの記事です。

高城さんは同記事の中で以下のように述べています。

僕は非常に多動症的なんです。シリコンバレーにも多動の人がいっぱいいるんですよ。例えばテスラ・モーターズCEOのイーロン・マスクっていう人が有名で、服を着られないんです。服を着ている間に次のことをやりたくなっちゃうから、ボタンをとめられないんですよ。
(中略)
僕はそういう多動症的なものを「多動力」と言い換えてて、今のビジネスマンに必要なのは瞬発力より「多動力」のほうだと思う。

これを受けてブロガーのイケダハヤトさんも、自身のブログで「多動力」について、「これはいい言葉ですね!」と言及されています。

会社員は「多動力」を発揮しにくい?

キャリア相談の現場でよく耳にする転職理由のひとつに、「やりがいがない」「やりたいことをやらせてもらえない」というものがあります。

実際、とくに若手のうちは新規事業を立ち上げることがままならなかったり、たとえ提案しても稟議に時間がかかる・稟議が通らないというケースもよくあります。

ビジネス書などには、「失敗経験を積め」「場数を踏め」というようなことがよく書かれていますが、なかなかチャンスが回ってこないと思っている人も多いはず。

私も若い頃は上司に何か新しいことを提案しても、話を聞いてもらえなかったり、稟議のスピードが遅かったりして凹んだことも……なので、そう思ってしまう気持ちはよくわかります。

でも、せっかく自分なりに考え抜いたアイデアなら、何とか実現したいですよね。

まずはスモールスタートしてみる

コレをやってみたい! と思えることが見つかったら、いきなり上司に提案するのではなく、まずは自分のできる範囲でスモールスタートしてみることをおすすめします。

新規事業を立ち上げたい人は、その事業で使えそうなデータを収集してみる、先輩や同僚に相談してみる。独立を考えている人は、協力してくれる友達を探す、ボランティアでやってみる。

そうすることで、思わぬ発見があるかもしれませんし、企画やアイデアの穴が見つかるかもしれません。

もしくは、実際にやってみたら全然楽しくなくて、3日坊主となり続けられないかもしれません。よく「3日坊主で続かない」という人がいますが、多動力の考え方でいえば問題ありません。

「継続できない」ではなく、「向いていないことがわかった」と捉え直してしまいましょう。

強みを掛け合わせてオンリーワンの強みを見つける

やってみたくてウズウズしていることをスモールスタートでどんどんやってみる。そうしていくと、自然に「好きなこと」が残っていくはずです。

株式会社ビームスの社長を務める設楽洋さんの言葉に、「努力は夢中に勝てない」というものがあります。

多動な人は熱しやすく冷めやすいともいえますが、興味をもって取り組むときの集中力は相当なもの。放っておいても勝手にやってしまうこと、ハマってしまうこと(=好きなこと)は、その人の持つ「強み」と表裏一体なことがほとんど。

多動力を活かして自分の強みを見つけることができれば、それを複数持つことで「自分だけの強み」を見つけられるはず。

自分だけの強みについていうと、キャリアカウンセリングの現場で、「自分の強みがわかりません」というご相談を受けることがよくあります。

そのような人は実は、強みがないのではなく、見えていないだけで、ひとつの分野にこだわりすぎているだけだったり、行動量が足りないだけだったりすることがほとんど。「自分だけの強み」は誰しも必ず持っているのだと、知っておいてほしいです。

100人に1人の強みを3つ持つことができれば、1/100×3で100万人に1人の人材になれます。ひとつの分野で100万人に1人の人材になるのは気が遠くなりそうですが、100人に1人なら何とかなりそうって思いませんか?

「ダメだったら3日でやめればいいや」くらいの気持ちで、ずっとやってみたくて我慢していたことを今日からスモールスタートしてみましょう!

『多動力』書籍情報

多動力
著 者:堀江貴文
発 行:幻冬舎
発売日:2017/5/26
価 格:1400円(税別)

この記事のライター

キャリアカウンセラー/ライター/ブロガー。2004年よりブログを開設。リクルートエージェント(現リクルートキャリア)、医療系人材会社で約8年キャリアカウンセラーを経験し、現在はWebマーケティング企業で働く。フリーでキャリカ...

関連するキーワード


キャリア

関連する投稿


自発的に動く人が新しい世界をつかむ――女性の再就職のリアル(後編)

自発的に動く人が新しい世界をつかむ――女性の再就職のリアル(後編)

前編「退職後の経験はすべて武器になる――女性の再就職のリアル」に引き続き、日本女子大学教授で「現代女性キャリア研究所」所長の大沢真知子先生にお話を伺います。


退職後の経験はすべて武器になる――女性の再就職のリアル(前編)

退職後の経験はすべて武器になる――女性の再就職のリアル(前編)

再就職をするにあたり、必要なスキルは何か、企業の求める人材は、そしてどういう企業をターゲットにしたらいいのか――。今回は、日本女子大学教授で現代女性キャリア研究所所長の大沢真知子先生に、「女性の再就職のリアル」についてお話を伺いました。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


旅しながら働く、新しい生き方。教師からエンジニアにキャリアチェンジ

旅しながら働く、新しい生き方。教師からエンジニアにキャリアチェンジ

ソフトウェアエンジニアとして働きながら、夫のブレントさんと旅するように暮らしているレイチェルさん。現在は日本に滞在しながら、コードクリサリス社で「これからプログラミングを始めたい人」向けの講座の講師を担当。今年で44歳、娘が3人いる彼女ですが、2年前までは今とはまったく違う仕事――科学の教師をしていました。


「私」と「子育て」を引き替えにするのは、やめた

「私」と「子育て」を引き替えにするのは、やめた

夫とのふたり暮らしも仕事も楽しくて、なかなか次のステップに踏み切れない。当時、結婚3年目、28歳、フリーランスのライター。子供を産んで、失うもののことばかり考えてしまう。それでも妊娠を決めたときのことを書きました。同じ部分がある人の励みになったら、うれしいです。


最新の投稿


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。


冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏のイメージが強いタイダイネイル。合わせるカラーを冬仕様にすれば、クールめな冬のネイルアートになります。マニキュアを使って作れるタイダイネイルは、コツさえ覚えれば簡単にできるネイルアート。そんな時短タイダイネイルのやり方を豊富な画像で説明します。


スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」では、人気No.1ブラジャーの「夢みるブラ®premium」から、バレンタインにもぴったりの新作デザインを1月19日より発売開始しました。


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。


おっぱい