ピュアな恋愛の始め方・進め方を忘れた大人たちへ

ピュアな恋愛の始め方・進め方を忘れた大人たちへ

(純粋な)恋愛の始め方を忘れた大人は少なくないんじゃないか。仕事に趣味、健康、結婚、出産、両親のこと、老後など、独身の大人女性はさまざまな要素にとらわれ、気になる人が現れても保守的になりがちだ。もっとシンプルに考えてみよう。それだけで頭も心もすっきりして、恋愛に前向きになれるはずだから。


30代に入り最近思うのは、恋愛に向けるパワーが昔よりも少なくなってきたということ。

10代の頃は自身のパワーがみなぎっていたことに加えて、世界が狭くて学校と家くらいしかなかったため恋愛に注ぐパワーも大きかった。初めてのことも多かっただろうし、のめり込むことも難しくなかった。

■大人になればなるほど、恋愛に保守的になる理由

では、大人になった今はどうだろう。

自分の世界はとてつもなく広がった。そしてやることも増えて、勉強とアルバイトだけしていればいいわけではなくなった。

仕事での責任やストレスが増え、人間関係が広がり悩みが尽きず、経験が増えた分だけ考えることが多くなった。

その結果、自分のキャパシティのうち、恋愛に向ける割合が少なくなってしまった気がする。恋愛だけに本気になると、他の事が滞るかもしれないという危機意識もあるのかもしれない。いつの間にか保守的になっている自分に気づく。

そのせいか、いいなと思える男性がいたとしても、なかなか自分から動くことができなくなった。

……相手が好きだというのなら、付き合うかどうか考えてもいいんだけどな。
……好きは好きだけど、自分から告白するほどではないな。
……どうせうまくいかなそうだし、このまま終わりにしちゃおう。

なんて思うことも増えた。

■結婚、出産……プレッシャーに押し潰されそうになる

さらには結婚へのプレッシャーも、保守的になる原因のひとつ。

私はもともと、結婚願望がなかった。誰かと一生一緒にいるなんて考えられないし、ずっとひとりで生きていくんだろうな、なんて20代の頃は考えていた。

しかし、周りの友達が順に結婚し始めるという置いてけぼり感と出産のリミットを考えて、急に結婚しないと、と婚活を意識し始めた。意識し始めただけで、未だに行動には移せていないのだが……。とにかくこれは気持ちだけが焦る。

”次に付き合う人は、結婚を考えられる人じゃないと”

このプレッシャーが自分をどんどんがんじがらめにしていく気がする。

■今はちゃんとした、普通の恋愛がしたいだけ

婚活を意識して早数年。そろそろ疲れた。

本当にしたいのかわからない結婚も、相手もいないのにほしがる子供も――そんなものを望むのは冷静に考えればおかしな話だ。

そんな未来の不安よりも、今私がしたいのはちゃんとした恋愛。

お互いにパートナーとして尊重し合って大切にして、楽しい時間を過ごせる恋人がほしい。なんなら好きな人とイチャイチャできていれば何も問題ない。

それだけですべてうまくいく気がしてきた。その先は流れに任せればいい。今考えたってどうしようもないのだから。

ごちゃごちゃと複雑に考えていたことを取っ払うと、こんなにもシンプルな答えに行き着く。

”ただイチャイチャしたいだけ”なんて、自分で書いておいて、ちょっと恥ずかしいけれど。

■大人の恋愛の始め方

というわけで、最近はピュアな恋愛を楽しむために、かつての惚れっぽさを再起動している。長年しまい込んでいたアンテナはすぐには起動しないものの、意識すると周りにも素敵な男性はいるものだ。

失敗してもいい、先が見えなくてもいい、条件なんて気にしなくていい。とにかく単純に好きな人がほしいと願って、毎日がんばろうと思う。大人の恋愛、始め方はそう難しくないはずだ。

もちろん、本気で結婚したい人やどうしても子供がほしい人もいるだろうが、私のようになんとなく結婚したい……とモヤモヤしている人も多くいるんじゃないかと思う。

そんな自分で自分をがんじがらめにしてしまって、なんとなくうまくいってない人には、問題を複雑化せずシンプルに考えてみて、と伝えたい。頭の中も気持ちもすっきりするからおすすめだ。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


恋愛

関連する投稿


自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

女性をキープする、と聞くと女慣れした男性を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、自分に自信が持てない男性も意外とやってしまうこの行為。ですが、彼らの場合は決して複数の恋愛を楽しむためではなく、自分の恋愛感情を貫けない弱さが原因。一途になりきれない理由について、お話します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念してイベントを開催。後編では、実りのある関係を結べる男性を選ぶ方法を詳しく語りました。


幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念して、現代人は性愛を通じて幸せになれるのか、語り尽くすイベントを取材しました。


口説かれる女にある4つの"すき"

口説かれる女にある4つの"すき"

草食な男性がスタンダード化している昨今。今回は、口説かない男性がそれでも口説きたくなる女性たちがもっている4つの“すき”について。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい