ピュアな恋愛の始め方・進め方を忘れた大人たちへ

ピュアな恋愛の始め方・進め方を忘れた大人たちへ

(純粋な)恋愛の始め方を忘れた大人は少なくないんじゃないか。仕事に趣味、健康、結婚、出産、両親のこと、老後など、独身の大人女性はさまざまな要素にとらわれ、気になる人が現れても保守的になりがちだ。もっとシンプルに考えてみよう。それだけで頭も心もすっきりして、恋愛に前向きになれるはずだから。


30代に入り最近思うのは、恋愛に向けるパワーが昔よりも少なくなってきたということ。

10代の頃は自身のパワーがみなぎっていたことに加えて、世界が狭くて学校と家くらいしかなかったため恋愛に注ぐパワーも大きかった。初めてのことも多かっただろうし、のめり込むことも難しくなかった。

■大人になればなるほど、恋愛に保守的になる理由

では、大人になった今はどうだろう。

自分の世界はとてつもなく広がった。そしてやることも増えて、勉強とアルバイトだけしていればいいわけではなくなった。

仕事での責任やストレスが増え、人間関係が広がり悩みが尽きず、経験が増えた分だけ考えることが多くなった。

その結果、自分のキャパシティのうち、恋愛に向ける割合が少なくなってしまった気がする。恋愛だけに本気になると、他の事が滞るかもしれないという危機意識もあるのかもしれない。いつの間にか保守的になっている自分に気づく。

そのせいか、いいなと思える男性がいたとしても、なかなか自分から動くことができなくなった。

……相手が好きだというのなら、付き合うかどうか考えてもいいんだけどな。
……好きは好きだけど、自分から告白するほどではないな。
……どうせうまくいかなそうだし、このまま終わりにしちゃおう。

なんて思うことも増えた。

■結婚、出産……プレッシャーに押し潰されそうになる

さらには結婚へのプレッシャーも、保守的になる原因のひとつ。

私はもともと、結婚願望がなかった。誰かと一生一緒にいるなんて考えられないし、ずっとひとりで生きていくんだろうな、なんて20代の頃は考えていた。

しかし、周りの友達が順に結婚し始めるという置いてけぼり感と出産のリミットを考えて、急に結婚しないと、と婚活を意識し始めた。意識し始めただけで、未だに行動には移せていないのだが……。とにかくこれは気持ちだけが焦る。

”次に付き合う人は、結婚を考えられる人じゃないと”

このプレッシャーが自分をどんどんがんじがらめにしていく気がする。

■今はちゃんとした、普通の恋愛がしたいだけ

婚活を意識して早数年。そろそろ疲れた。

本当にしたいのかわからない結婚も、相手もいないのにほしがる子供も――そんなものを望むのは冷静に考えればおかしな話だ。

そんな未来の不安よりも、今私がしたいのはちゃんとした恋愛。

お互いにパートナーとして尊重し合って大切にして、楽しい時間を過ごせる恋人がほしい。なんなら好きな人とイチャイチャできていれば何も問題ない。

それだけですべてうまくいく気がしてきた。その先は流れに任せればいい。今考えたってどうしようもないのだから。

ごちゃごちゃと複雑に考えていたことを取っ払うと、こんなにもシンプルな答えに行き着く。

”ただイチャイチャしたいだけ”なんて、自分で書いておいて、ちょっと恥ずかしいけれど。

■大人の恋愛の始め方

というわけで、最近はピュアな恋愛を楽しむために、かつての惚れっぽさを再起動している。長年しまい込んでいたアンテナはすぐには起動しないものの、意識すると周りにも素敵な男性はいるものだ。

失敗してもいい、先が見えなくてもいい、条件なんて気にしなくていい。とにかく単純に好きな人がほしいと願って、毎日がんばろうと思う。大人の恋愛、始め方はそう難しくないはずだ。

もちろん、本気で結婚したい人やどうしても子供がほしい人もいるだろうが、私のようになんとなく結婚したい……とモヤモヤしている人も多くいるんじゃないかと思う。

そんな自分で自分をがんじがらめにしてしまって、なんとなくうまくいってない人には、問題を複雑化せずシンプルに考えてみて、と伝えたい。頭の中も気持ちもすっきりするからおすすめだ。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


恋愛

関連する投稿


結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

今年40歳の私と9歳年下彼氏は結婚しない選択をした交際2年目のカップル。結婚を意識しないで一緒にいるふたりの日常、思うことは――。


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

ハッピーな国際恋愛をしていた女性にある日届いた、婚約者を襲った悲劇のニュース。そのとき彼女の取った勇気ある行動とその結末にとても感銘を受けました。


喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返してしまう男性には、「自分に自信がない」という特徴があります。つい相手を攻撃してしまい、取り返しのつかない状態に進んでしまってからやっと後悔するのですが、やはりまた同じことをしてしまう。そんな男性には、「違う部分があってもいいんだよ」という自信を持たせることが大切です。


「のび太系男子を好きになったとき」の神対応は? - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(後編)

「のび太系男子を好きになったとき」の神対応は? - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(後編)

『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)には「のび太系男子」と名付けられたアラフォー男性の興味深い生態が書かれています。彼らの生態について聞いた前編に続き、彼らを攻略&落とす方法を著者の稲田豊史(いなだ とよし)さんに伺いました。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。