おばさんになりたくないなら、図々しいふるまいはほどほどに

おばさんになりたくないなら、図々しいふるまいはほどほどに

たとえば電車や狭い道路で自己中心的にふるまうおばさんになりたくない――。歳をとるにつれて図々しさが増していく現象を見るたびにそう思い、自分はどうかと確かめています。人のふり見て、たまにはわが身を省みることも、ひとつのアンチエイジング法なのではないでしょうか?


そういえば、もうめっきり聞かなくなった、「最近の若いもんは」という言葉。

正直、昨今は若い人よりも、おばさん、おじさん、それ以上のお年を召された方々の方が、「最近のお年寄りは」と言いたくなるような、けっこう厄介な存在ではないかと思うのは私だけでしょうか?

自分ことは棚に上げて言わせていただきますが、アラフォー以上にもなると、悪い意味での図々しさや遠慮のなさが際立ってくる人がすごく多いと思うのです。

今回のコラムでは、この厄介な大人たちを総称して「いい歳した大人」と呼ばせていただくことにしましょう。

■電車内で図々しい人たち

たとえば電車に乗っていて、もうすぐ駅に着く、というとき。

まだ電車は止まっていないのに、混雑している車内を、奥の方から人をかき分けてグイグイと扉の前までやってくるのは、「いい歳した大人」が多い。

また、電車の発車直前の、もう扉が閉まりかけているときに、堂々と「駆け込まない乗車(扉に挟まながらも普通に乗ってくる人)」をしているのも、「いい歳した大人」の確率がかなり高いと思います(私の目視による)。

けっして駆け込み乗車がいいとは言いませんが、駆け込み乗車の場合、まだ「何か急ぐ事情でもあるのかな?」と慮ることもできますが、扉に挟まれていてもなお、ゆっくりと、そして強引に車内に侵入してくる「いい歳した大人」を見ると、「みんなを待たせているんだから、せめてもうちょっと慌ててる感出して!」などと思ってしまいます。

他にも電車でいえば、降りる人が先、というルールを無視して乗り込んできたり、降りる人の前に立ちはだかって絶対にどけようとしないのも、「いい歳した大人」に見受けられる傾向です。

■よくできた中学生と、できてない「いい歳した大人」

当然、この傾向は電車だけに限らず、仮に人ふたりがやっとすれ違える程度の道を歩いているとき、向こうから下校途中の中学生の集団が歩いてきたとしましょう。

彼らがよけてくれないのは、友達との話に夢中でこちらに気づいていないときだけで、こちらに気づけば、ちゃんと一列になってよけてくれる確率はかなり高いと思います。

こちらに気づいて、「おい、○○!」と、気づかず道をふさいでいる友人に声をかけてくれるような、よくできた子もいます。

しかし、これがランチを終えて会社に戻る「いい歳した大人」の集団の場合。

彼らはしゃべりながら道をふさいでダラダラと歩き、こちらに気づくどころか、たとえ私の顔をガン見していたとしても、まったくよける素振りナシ。

まるで、「お前がどけよ」と言わんばかりの態度。こちらによけるスペースなんてないことは、見ればわかるのに、です。

図々しい、実に図々しい。いったい何様のつもりなのか。あ、おば様、おじ様か。

■「図々しい」は、それだけでは悪ではない

もちろん、図々しいという要素も、社会生活においては役に立つことが多々あり、とくに私のように自分で仕事をしているような人間にとっては、ないといけない要素でもあります。自らガツガツいかないと、仕事を取ってこられないぞ、みたいな。

確かに、たとえばセミナー終わりに受講生に囲まれている講師の方に、後から輪の中に入ったにも関わらず、他の人を差し置いてグイグイ話しかける人の方が、講師の印象に残りやすいように、メリットがあるのは事実。

しかし、私自身も徐々に図々しくなっているアラフォーで、かつ、グイグイ行くのも大事、と思ってはいるものの、美意識が許さず、どうしても行動に移せないんですよね。

■図々しいおばさんになりたくない

それはきっと、自分自身が「図々しさの増長は老化現象である」と考えているから。だから図々しいおばさんになりたくない、と強く思うわけです。

周りのことが見えず、人に気を使えず、「自分が! 自分が!」となっている「いい歳した大人」をたくさん見ているから。

図々しさというのは、ここぞというときだけに繰り出すべき。誰彼かまわず、むやみやたらと繰り出しているのは、「いい歳のとり方」をしているとはいえないのでは。

図々しさもエイジングのバロメーターのひとつなのでは、とも考えるのです。

そんなわけで、私もうっかり図々しさを繰り出していないか、日頃の行いを省みたいと思います。

そして、必要なときでもグイグイ行けない問題については、我が我がとグイグイ行く以外の方法で、活路を見出だす術を見つけたいというのが、今年度の密かな目標です。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師。1978年生まれ。長野県出身。 自身のニキビや頬の毛穴に劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 『「特別な私」の「私だけの美しさ」を見つける場所...

関連するキーワード


アンチエイジング

関連する投稿


プラセンタ注射とはどういうもの?1年間打ち続けた個人的な体験談

プラセンタ注射とはどういうもの?1年間打ち続けた個人的な体験談

プラセンタ注射の「プラセンタ」とは胎盤のこと。このプラセンタ注射は、美肌やアンチエイジング、体のさまざまな不調を改善に導く、と一般的に言われています。「万能薬」的な効果があると至るところで書かれていますが、実際はどうなのでしょうか。1年間通い続けた私の個人的な体験談をお届けします。


冬至を過ぎてもゆず湯でデトックス! ハッピーカラーで新年をポジティブに迎えよう

冬至を過ぎてもゆず湯でデトックス! ハッピーカラーで新年をポジティブに迎えよう

冬至にゆず湯を楽しむ方は多いのでは。今年の冬至は過ぎてしまいましたが、年の瀬にゆず湯に浸かって、リラックスしてみませんか。いろいろな嬉しい効果が期待できる、癒やしの黄色いゆずたちに囲まれて。


アンチエイジングは卒業。エイジングを受け入れると生きやすくなる

アンチエイジングは卒業。エイジングを受け入れると生きやすくなる

アンチエイジングは「抗老化」「抗加齢」などと訳され、若返りを求める人も少なくありません。でも、若さ=本当の美しさ? 真の美しさとは、内側からあふれ出る魅力なのでは。エイジング、歳を重ねることを成熟として受け入れると、人はもっと生きやすくなるのかもしれません。


美しさは口元から♡ 美容イベントをレポート

美しさは口元から♡ 美容イベントをレポート

9月29日、恵比寿で美容セミナー『アンチエイジングは顔下半分から』と題して、講師の野本歯科医師と、 リフトアップ美容液 PIM(ピム)ハイドヴェール施術体験会が開催されました。


「カフェハウスで心とカラダをデトックス! ごほうび贅沢ブランチ♡」報告レポート

「カフェハウスで心とカラダをデトックス! ごほうび贅沢ブランチ♡」報告レポート

DRESSのオーガニックイベントをご紹介します。2016年8月28日に、白金台のカフェスペース「SHIROKANE | LOUNGE」にて、DRESS主催ごほうび贅沢ブランチを開催。有機オイル、グルテンフリーパスタ、白鹿さんなど、協賛メーカーの担当者さまにも当日お越しいただきました。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。