おばさんになりたくないなら、図々しいふるまいはほどほどに

おばさんになりたくないなら、図々しいふるまいはほどほどに

たとえば電車や狭い道路で自己中心的にふるまうおばさんになりたくない――。歳をとるにつれて図々しさが増していく現象を見るたびにそう思い、自分はどうかと確かめています。人のふり見て、たまにはわが身を省みることも、ひとつのアンチエイジング法なのではないでしょうか?


そういえば、もうめっきり聞かなくなった、「最近の若いもんは」という言葉。

正直、昨今は若い人よりも、おばさん、おじさん、それ以上のお年を召された方々の方が、「最近のお年寄りは」と言いたくなるような、けっこう厄介な存在ではないかと思うのは私だけでしょうか?

自分ことは棚に上げて言わせていただきますが、アラフォー以上にもなると、悪い意味での図々しさや遠慮のなさが際立ってくる人がすごく多いと思うのです。

今回のコラムでは、この厄介な大人たちを総称して「いい歳した大人」と呼ばせていただくことにしましょう。

■電車内で図々しい人たち

たとえば電車に乗っていて、もうすぐ駅に着く、というとき。

まだ電車は止まっていないのに、混雑している車内を、奥の方から人をかき分けてグイグイと扉の前までやってくるのは、「いい歳した大人」が多い。

また、電車の発車直前の、もう扉が閉まりかけているときに、堂々と「駆け込まない乗車(扉に挟まながらも普通に乗ってくる人)」をしているのも、「いい歳した大人」の確率がかなり高いと思います(私の目視による)。

けっして駆け込み乗車がいいとは言いませんが、駆け込み乗車の場合、まだ「何か急ぐ事情でもあるのかな?」と慮ることもできますが、扉に挟まれていてもなお、ゆっくりと、そして強引に車内に侵入してくる「いい歳した大人」を見ると、「みんなを待たせているんだから、せめてもうちょっと慌ててる感出して!」などと思ってしまいます。

他にも電車でいえば、降りる人が先、というルールを無視して乗り込んできたり、降りる人の前に立ちはだかって絶対にどけようとしないのも、「いい歳した大人」に見受けられる傾向です。

■よくできた中学生と、できてない「いい歳した大人」

当然、この傾向は電車だけに限らず、仮に人ふたりがやっとすれ違える程度の道を歩いているとき、向こうから下校途中の中学生の集団が歩いてきたとしましょう。

彼らがよけてくれないのは、友達との話に夢中でこちらに気づいていないときだけで、こちらに気づけば、ちゃんと一列になってよけてくれる確率はかなり高いと思います。

こちらに気づいて、「おい、○○!」と、気づかず道をふさいでいる友人に声をかけてくれるような、よくできた子もいます。

しかし、これがランチを終えて会社に戻る「いい歳した大人」の集団の場合。

彼らはしゃべりながら道をふさいでダラダラと歩き、こちらに気づくどころか、たとえ私の顔をガン見していたとしても、まったくよける素振りナシ。

まるで、「お前がどけよ」と言わんばかりの態度。こちらによけるスペースなんてないことは、見ればわかるのに、です。

図々しい、実に図々しい。いったい何様のつもりなのか。あ、おば様、おじ様か。

■「図々しい」は、それだけでは悪ではない

もちろん、図々しいという要素も、社会生活においては役に立つことが多々あり、とくに私のように自分で仕事をしているような人間にとっては、ないといけない要素でもあります。自らガツガツいかないと、仕事を取ってこられないぞ、みたいな。

確かに、たとえばセミナー終わりに受講生に囲まれている講師の方に、後から輪の中に入ったにも関わらず、他の人を差し置いてグイグイ話しかける人の方が、講師の印象に残りやすいように、メリットがあるのは事実。

しかし、私自身も徐々に図々しくなっているアラフォーで、かつ、グイグイ行くのも大事、と思ってはいるものの、美意識が許さず、どうしても行動に移せないんですよね。

■図々しいおばさんになりたくない

それはきっと、自分自身が「図々しさの増長は老化現象である」と考えているから。だから図々しいおばさんになりたくない、と強く思うわけです。

周りのことが見えず、人に気を使えず、「自分が! 自分が!」となっている「いい歳した大人」をたくさん見ているから。

図々しさというのは、ここぞというときだけに繰り出すべき。誰彼かまわず、むやみやたらと繰り出しているのは、「いい歳のとり方」をしているとはいえないのでは。

図々しさもエイジングのバロメーターのひとつなのでは、とも考えるのです。

そんなわけで、私もうっかり図々しさを繰り出していないか、日頃の行いを省みたいと思います。

そして、必要なときでもグイグイ行けない問題については、我が我がとグイグイ行く以外の方法で、活路を見出だす術を見つけたいというのが、今年度の密かな目標です。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師。 自身のニキビ肌や毛穴の開きに劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 「外見が、内面が、美しい人になる」をメインコンセプトに、美容鍼灸サロン経営...

関連するキーワード


アンチエイジング

関連する投稿


医師が実践する、アンチエイジングな食事術

医師が実践する、アンチエイジングな食事術

アンチエイジング生活、アンチエイジングを意識した食事を始めて7〜8年になる医師の今野裕之先生。自ら実践するなかで、老化はコントロールできる、と実感。アンチエイジング生活を始める上で押さえたい、「酸化」「炎症」「糖化」を詳しく解説します。


プロの美容師が推薦。選ぶならこのドライヤーがおすすめ

プロの美容師が推薦。選ぶならこのドライヤーがおすすめ

エイジングに伴うお肌や髪の悩みはドライヤーで解決できるかもしれません。パサつきやたるみ、根元のボリュームダウンetc.。最近のドライヤーは美容機器としての機能に優れているんです。2種類の高機能ドライヤーを比較しつつ、おすすめの理由をご紹介します。


ニールズヤード史上、最高峰の集中美容液ができました

ニールズヤード史上、最高峰の集中美容液ができました

ハーバルサイエンスを駆使したオーガニックのプレミアムエイジングケア「フランキンセンスインテンスシリーズ」から、ハリのもとからグッと底上げし、しなやかな肌へ導く集中トリートメントセラムが新登場。


自分の常識を疑う「思考のアンチエイジング」のススメ

自分の常識を疑う「思考のアンチエイジング」のススメ

自分の常識を疑う――大人になると立ち止まって、考えてみることが必要かもしれません。世代間の価値観の違いを、「常識がない」の一言で片づけてしまうのではなく、もしかすると刻々と変化する現代社会において、自分が実は非常識だった、なんてこともあり得るかもしれません。思考のアンチエイジングをおすすめします。


白髪は暗く染めずに活かす! ハイライトカラーがおすすめの理由

白髪は暗く染めずに活かす! ハイライトカラーがおすすめの理由

顔まわりや分け目に気になる白髪が生えてきたとき、どう対処していますか? しっくりこないのであれば暗く染め続けるのはやめ、ハイライトを入れて明るくデザインしてみましょう。肌が明るく、若々しく見える効果も期待できますよ!


最新の投稿


手のエイジングを徹底ケア。マナラから手のうるおいを守り抜くハンドクリームが登場

手のエイジングを徹底ケア。マナラから手のうるおいを守り抜くハンドクリームが登場

水、油、フッ素のミルフィーユベールで、手のうるおいがずっと続く。マナラ ハンドケアベールが、11月15日(水)数量限定で発売します。


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


おっぱい