元彼よりも「恋人関係になるかもしれなかった男」のほうが忘れられない

元彼よりも「恋人関係になるかもしれなかった男」のほうが忘れられない

恋人関係に到らなかった男性が何人かいる。恋が始まりそうだったけれど、そのときは始まらなかった。ふと思い出して心がざわつくのは、不思議なことに元彼ではなく、そういう恋人になるかならないか、すれすれだった男性。いったいなぜなのか、思い出を振り返りながら考えてみた。


ある日届いたFacebookのメッセージ。

「海外転勤することになりました」

友人からの何の変哲もないメッセージに、私の心はざわついた。このメッセージの送り主である男性は、正真正銘ただの友人。もう数年会っていない。

■恋人関係になっていないからこそ忘れられない男性

ざわついた理由。

それは、この友人と恋人関係になるかもしれなかったから。お互い意識はしていてどちらが先にはっきりさせるか、という状態だったと思う。ふたりで飲みに行った帰り道、どちらからともなく手をつないだこともある。

その後、関係が発展しなかったのには理由があるが、もしかしたら彼と何かあったかもしれない、という思い出が、私の中で彼を特別な存在にしているのかも。

会わなくなってもう3年以上経つのに、メッセージひとつで思い出すなんて。

他にも似たようなことがあった。

大学時代、同じサークルの後輩に告白された。優しい子で、あまり積極的にアピールもしてこなかったため、好意を持たれていることに気づきもしなかった。それくらいまだ距離感が縮まっていない状態での告白だったこともあり、誠実にお断りした。

その後輩と久々に会ったのは、社会人になってから招待されたサークル同期の結婚式。同じく参加していた後輩は、社会人になりだいぶイケメンに成長。

それまで思い出すこともなかったのに、その後輩が素敵な男性になっていると気づいた瞬間に、そういえば昔告白されたなあと思い出す。もしかしたらまだ私のこと好きかしら? なんて妄想が広がったおかげで、結婚式では終始ドキドキ……。

なんとも都合の良い考えだと思うが、事実である(笑)。

さらにもうひとつ(けっこうあるな……)。

前職時代の別部署のマネージャー。既婚者だったが、あちらも好意を持っていてくれたみたい。誕生日にふたりきりでお祝いしてくれたことは未だに誰にも言っていない。

無理にどうこうしてくる人ではなかったし、私も社内&不倫というハードルは越えられなかったので、何も進展はせず。私の転職により関係は終了した。

■実際の思い出よりも、タラレバな妄想の方が楽しい

ちなみに私は元彼の顔と名前はどんどん忘れて、ほとんど覚えていないタイプ。数人は覚えているが、フルネームは怪しい。

薄情に思われるかもしれないけれど、別れてから思い出すこともないし、いつまでも浸っているほど未練もないので、いつもこんな感じだ(それはそれで個人的にある意味で問題だなと感じているが)。

もちろん、元彼に関してはデートした場所や一緒に買ったものなど、ふとしたときに思い出すスイッチがある。ただ、それはただの思い出だけでドキドキする要素はない。

というのも、恋人関係になった時点でひとつのゴールを迎えており、その先に終焉を迎えているわけだから、それはもう単純な思い出のひとつとなる。

運動会で1位になったとか、学園祭であの出し物をしたとか、それと同じである。

一方、恋人関係にならなかった男性との思い出は、何ひとつゴールを迎えていないため、もしあのときあんな風にしていたら、もっとこうしていれば、というタラレバな妄想が広がり、未だに淡い期待を持ってしまうのだ。

実際にそんなことは起こり得ないのだが、そう思えるだけで楽しくなる。

■恋人関係になるかならないか、すれすれの男性のほうが心をざわつかせる不思議

別れてしまうとしても恋人関係になる男性というのは、自分の人生においてとてもご縁のある人である。

しかし、そんな思い出のある男性よりも、何ひとつ始まってもいない男性の方が、会わなくなって数年経ってもふとしたときに、心をざわつかせるパワーを持つ。

自分のすべてを捧げるくらいの大恋愛や盛大にフラれた経験がないせいかもしれないが、こんな風になるのはとても不思議だ。

大人の女性たちは、みんな同じような経験があるのだろうか。いつかアンケートを取ってみたいものだ。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


恋愛

関連する投稿


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

甘え方がわからないけれど、大好きな人に甘えたい! 話を聞いてほしい! ずっと一緒にいたい! けれど、ちっとも男性はその気持をわかろうとしてくれません。ここでは「そもそも甘えとは?」を学ぶことで、男女の恋愛観を考えます。大人らしく「賢く甘える」秘訣もご紹介します。


最新の投稿


不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫の付き合い、いけないとわかっていてもなかなかやめられない。「やめどき」がわからなくて苦しむ女性は多いですが、それは既婚の彼に依存しているから。周りが見えなくなると、どんどん自分だけが取り残されていきます。実際に不倫をやめた女性は、自分の時間を大切にするために依存を断ち切りました。


元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。


最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

2017年10月16日〜18日、インテックス大阪で開催された西日本最大の総合ビューティ見本市「ビューティーワールドジャパンウエスト」に行ってきました。女性にとって、美は永遠のテーマ。今回は印象に残ったブースをご紹介しつつ、見本市の楽しみ方をお伝えします。


【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

急に冷え込みが強まってきた今日この頃。おしゃれも暖かさもあきらめないファッションテクを押さえておきましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2017年10月第3週は「こなれた靴下コーデ」をテーマにお届けします。


NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

「FEELCYCLE」というエクササイズをご存知でしょうか。これはNY発祥、ハリウッドセレブやモデルたちを魅了した、世界中で爆発的な人気を誇る暗闇バイクエクササイズのこと。今回はこの「FEELCYCLE」を、DRESS読者におすすめするため、編集部が体験してきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活