元彼よりも「恋人関係になるかもしれなかった男」のほうが忘れられない

元彼よりも「恋人関係になるかもしれなかった男」のほうが忘れられない

恋人関係に到らなかった男性が何人かいる。恋が始まりそうだったけれど、そのときは始まらなかった。ふと思い出して心がざわつくのは、不思議なことに元彼ではなく、そういう恋人になるかならないか、すれすれだった男性。いったいなぜなのか、思い出を振り返りながら考えてみた。


ある日届いたFacebookのメッセージ。

「海外転勤することになりました」

友人からの何の変哲もないメッセージに、私の心はざわついた。このメッセージの送り主である男性は、正真正銘ただの友人。もう数年会っていない。

■恋人関係になっていないからこそ忘れられない男性

ざわついた理由。

それは、この友人と恋人関係になるかもしれなかったから。お互い意識はしていてどちらが先にはっきりさせるか、という状態だったと思う。ふたりで飲みに行った帰り道、どちらからともなく手をつないだこともある。

その後、関係が発展しなかったのには理由があるが、もしかしたら彼と何かあったかもしれない、という思い出が、私の中で彼を特別な存在にしているのかも。

会わなくなってもう3年以上経つのに、メッセージひとつで思い出すなんて。

他にも似たようなことがあった。

大学時代、同じサークルの後輩に告白された。優しい子で、あまり積極的にアピールもしてこなかったため、好意を持たれていることに気づきもしなかった。それくらいまだ距離感が縮まっていない状態での告白だったこともあり、誠実にお断りした。

その後輩と久々に会ったのは、社会人になってから招待されたサークル同期の結婚式。同じく参加していた後輩は、社会人になりだいぶイケメンに成長。

それまで思い出すこともなかったのに、その後輩が素敵な男性になっていると気づいた瞬間に、そういえば昔告白されたなあと思い出す。もしかしたらまだ私のこと好きかしら? なんて妄想が広がったおかげで、結婚式では終始ドキドキ……。

なんとも都合の良い考えだと思うが、事実である(笑)。

さらにもうひとつ(けっこうあるな……)。

前職時代の別部署のマネージャー。既婚者だったが、あちらも好意を持っていてくれたみたい。誕生日にふたりきりでお祝いしてくれたことは未だに誰にも言っていない。

無理にどうこうしてくる人ではなかったし、私も社内&不倫というハードルは越えられなかったので、何も進展はせず。私の転職により関係は終了した。

■実際の思い出よりも、タラレバな妄想の方が楽しい

ちなみに私は元彼の顔と名前はどんどん忘れて、ほとんど覚えていないタイプ。数人は覚えているが、フルネームは怪しい。

薄情に思われるかもしれないけれど、別れてから思い出すこともないし、いつまでも浸っているほど未練もないので、いつもこんな感じだ(それはそれで個人的にある意味で問題だなと感じているが)。

もちろん、元彼に関してはデートした場所や一緒に買ったものなど、ふとしたときに思い出すスイッチがある。ただ、それはただの思い出だけでドキドキする要素はない。

というのも、恋人関係になった時点でひとつのゴールを迎えており、その先に終焉を迎えているわけだから、それはもう単純な思い出のひとつとなる。

運動会で1位になったとか、学園祭であの出し物をしたとか、それと同じである。

一方、恋人関係にならなかった男性との思い出は、何ひとつゴールを迎えていないため、もしあのときあんな風にしていたら、もっとこうしていれば、というタラレバな妄想が広がり、未だに淡い期待を持ってしまうのだ。

実際にそんなことは起こり得ないのだが、そう思えるだけで楽しくなる。

■恋人関係になるかならないか、すれすれの男性のほうが心をざわつかせる不思議

別れてしまうとしても恋人関係になる男性というのは、自分の人生においてとてもご縁のある人である。

しかし、そんな思い出のある男性よりも、何ひとつ始まってもいない男性の方が、会わなくなって数年経ってもふとしたときに、心をざわつかせるパワーを持つ。

自分のすべてを捧げるくらいの大恋愛や盛大にフラれた経験がないせいかもしれないが、こんな風になるのはとても不思議だ。

大人の女性たちは、みんな同じような経験があるのだろうか。いつかアンケートを取ってみたいものだ。

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


恋愛

関連する投稿


結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

今年40歳の私と9歳年下彼氏は結婚しない選択をした交際2年目のカップル。結婚を意識しないで一緒にいるふたりの日常、思うことは――。


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

ハッピーな国際恋愛をしていた女性にある日届いた、婚約者を襲った悲劇のニュース。そのとき彼女の取った勇気ある行動とその結末にとても感銘を受けました。


喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返してしまう男性には、「自分に自信がない」という特徴があります。つい相手を攻撃してしまい、取り返しのつかない状態に進んでしまってからやっと後悔するのですが、やはりまた同じことをしてしまう。そんな男性には、「違う部分があってもいいんだよ」という自信を持たせることが大切です。


「のび太系男子を好きになったとき」の神対応は? - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(後編)

「のび太系男子を好きになったとき」の神対応は? - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(後編)

『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)には「のび太系男子」と名付けられたアラフォー男性の興味深い生態が書かれています。彼らの生態について聞いた前編に続き、彼らを攻略&落とす方法を著者の稲田豊史(いなだ とよし)さんに伺いました。


最新の投稿


「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

投資を始めようと思ったら、NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)と個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を活用すれば税制面で有利です。ただ、投資初心者にとって、両方スタートするのは難しい……。どちらを最初に選ぶべきか、比較してみましょう。


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!