1. DRESS [ドレス]トップ
  2. トラベル
  3. 香港の今旬グルメはこれ!観光中にMUST GO【2017年版】

香港の今旬グルメはこれ!観光中にMUST GO【2017年版】

Share

香港観光で外せないグルメ。美食の街・香港を味わい尽くしたい人向けに、香港で今食べたいグルメを集めてみました。

香港の今旬グルメはこれ!観光中にMUST GO【2017年版】

香港観光を楽しむのに外せないグルメ。美食の街・香港には美味しいものがあふれています。

数日観光するくらいでは到底食べ尽くせず、「また来よう……絶対来るぞ!」と決意してしまうくらい。

2泊3日の香港観光中に訪れた、オープンしたてのレストランから人気のダイニング、老舗スイーツ店まで、今香港に行くなら訪れたい飲食店をいくつかご紹介します。

■山旮旯(San Ka La)

2017年1月にオープンしたばかりのカフェ「山旮旯(San Ka La)」。店名の「山旮旯」は広東語で「very remote」を意味します。

隠れ家的な存在で、気軽に立ち寄りづらいかもしれない。でも、代わりにとびきり美味しい食を提供します、といった思いが込められたお店です。

ノスタルジックな印象がある一方で、今どき感もしっかり付加されている

バーベキューは盛り合わせで128HKD〜とリーズナブル。パイナップルが載っているのは珍しい。左奥はたまご。甘さはなく他の肉や野菜とも合う

「脆皮猪手」(138HKD〜)。豚足らしいが、チキンのような食感。外はパリパリ。たっぷりコラーゲンも含まれていて、美肌効果が期待できそう

朝7:30〜1:00までと早朝から夜中まで通し営業。コーヒーはもちろん、早い時間からお酒も飲める珍しいカフェ

住所:G/F, The Vela Hong Kong Causeway Bay, 84-86 Morrison Hill Road Causeway Bay
最寄駅:MTR銅鑼湾駅
Web:https://www.facebook.com/%E5%B1%B1%E6%97%AE%E6%97%AF-San-Ka-La-1121495187939667/

■Dim Sum Library

香港の金融の中心地・金鐘(アドミラリティ)に位置する「パシフィック・プレイス」は、ショッピングセンターやホテル、シネコンなどが入居する巨大複合施設。

その中にある「Dim Sum Library」は2017年1月にオープンしたばかりの、一般的には朝〜昼まで提供される点心を終日(!)楽しめるお店なんです。

シックな内観。テーブル席が大半だがカウンター席も

「蒜香芝士脆脆卷」(58HKD for 3pcs)。外はパリッ、中はプリプリの海老

「魚香脆茄子」(108HKD)。個人的には豆腐のような食感だった

「櫻花蝦茴香豚肉炒飯」(158HKD)。上に桜えびが大量にトッピングされている。パラパラした美味なチャーハンと混ぜていただくと、食感の変化を楽しめる

「香芒流心脆杏卷」(48HKD for 3pcs)。中はマンゴー。こちらも外はパリッ、中はとろり。食感も味も大満足なスイーツ

ランチタイムに訪れたこともあり、店内はお客でいっぱいでした。比較的お手頃価格で楽しめるメニューが多く、数人で訪れていろいろなメニューをシェアするのがおすすめです。

住所:124/Level 1, Pacific Place, Admiralty, Hong Kong
最寄駅:MTR金鐘駅
Web:http://dimsumlibrary.com.hk/

■喜喜冰室(Cafe Match Box)

香港のローカルレストランを「茶餐廳(チャーチャンテン)」といいます。そんなオールドスタイルで営業するカフェが「喜喜冰室(Cafe Match Box)」。

日本のファミレスをイメージすると近いかもしれません。新しい店ながらも、香港の伝統的なメニューを楽しめるのが魅力です。

フォトジェニックな外観

紅茶とコーヒーを混ぜ合わせた「鴛鴦(いんよん)」は香港で一般的な飲み物。日本ではなかなか巡り会えないので、香港に行ったら飲んでみたい。Hotは19HKD、Coldは22HKD

「早餐Aセット」(34HKD)。スクランブルエッグ、ハムマカロニ、バタートーストがセットに

「早餐Cセット」(52HKD)。洋風の朝食。卵つきのステーキ、ハム&バタートースト、トマトと豆、マッシュポテトがセットに。朝からがっつり食べたい人向け

香港の定番ともいえるパン「菠蘿包(ボーローバウ)」。日本語に訳すとパイナップルパン

ゴマペーストがクセになる

香港では1日を活動的に過ごす“パワーの源”となる朝食を、きちんと摂る文化が根づいています。そのため朝にカフェへ行くと、朝食をもりもり食べる人の姿が目立ちました。

それでいて皆さんスリムでシュッとした体型。朝からたくさん食べても、日中ハードに働き、動き回ることで、美ボディをキープしているのだなと思わされました。素敵!

住所:Haywood Mansion, 57 Paterson St, East Point, Hong Kong
最寄駅:MTR銅鑼湾駅
Web:http://www.cafematchbox.com.hk/

■公利真料竹蔗水

甘味料不使用の、体にやさしく新鮮なサトウキビジュースが人気の老舗「公利真料竹蔗水」。中環(セントラル)の繁華街にあり、歩き疲れたときに休憩に立ち寄りたい。

1948年に開業。歴史を感じる店内

サトウキビジュースやゴマのお茶など、いろいろ頼んでみた。どれもしっかり甘くて、疲れたときに心身に効く気がする

こんなに安いの? とびっくりする金額感

この日は食べる余裕がなかったが、名物「亀ゼリー」が冷蔵庫に

今風なお店も続々オープンしている香港ですが、公利真料竹蔗水のような70年以上も地元に根ざし、愛される老舗もあります。訪れて実際に飲食すると、長年続いている理由がわかるはず。

住所:60 Hollywood Road,Central,Hong Kong
最寄駅:MTR中環駅
Web:https://www.facebook.com/kungleeherbaltea/

■(番外編)豆腐花

香港滞在中、何度かお世話になったのが、ホテル近くにあったスーパーマーケットチェーン「恵康Wellcome」。

筆者の行った店舗は、恵康の中でも規模の大きな店舗で、各商品の種類もとにかく豊富。じっくり見て回ると1時間くらい経っていてびっくりしました。ちょっとしたお土産も手に入ります。

そんな中、買ってみた「豆腐花」が絶品でした。豆乳をベースに作られる豆腐花はヘルシーなデザートで、香港を中心としたアジア地域で人気。

恵康でもいろいろな種類の豆腐花が揃う。筆者が買ったのは5.7HKDのもの

甘すぎない甘さが魅力。とろんとした食感も好み

観光目当てというより、「食目当て」で行っても大満足すること間違いなしの香港。大型連休や夏季休暇の旅行先候補に入れてみては?

取材協力/香港政府観光局
http://www.discoverhongkong.com/jp/index.jsp

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article