高学歴・高収入女性と外国人男性のカップルがうまくいく理由

高学歴・高収入女性と外国人男性のカップルがうまくいく理由

高学歴・高収入女性のパートナーには外国人男性が適している――医師で選択的シングルマザーとして、外国人男性との間にふたりの子供を持つ岡本彩さんは、自身の経験を振り返ってそう語ります。その理由について詳しく綴っていただきました。


こんにちは、内科医で二児の母の岡本彩です。最近、パートナーが外国人という女性が増えたと感じませんか?

わたしの子どもたちはいわゆる「ハーフ」、父親は外国人です。彼との付き合いを通じて「とくに高学歴・高収入の女性には、パートナーが外国人だとメリットが大きい」と感じました。その理由をお伝えします。

■◯◯人だから……と決めつけず、個性を見て

ひと口に「外国人男性」といっても、国籍や人種も、宗教や信条もさまざまです。今回のコラムではわたしがこれまでに交際した「北米、ヨーロッパなど先進国出身の白人男性」および「発展途上国出身で、英会話が問題なくできる」「外国人男性」を想定します。

ところで「わたしも○○人と付き合いたいんです」「ハーフの子供がほしいんです」という日本人女性は結構います。が、ちょっと厳しいなと感じるのが、「○○人はこんな性格のはず」「ハーフの子供はかわいいに違いない」と、ひとくくりにしている人が多いこと。

あなたが「日本人女性は男性に従順。だから結婚相手にいい」と言われたらどうですか? 決めつけないでほしい、と思いませんか? ○○人、と色をつけるのではなく、その人の個性を見ることが付き合う上で大前提になると思います。

■高学歴・高収入女性にひかない外国人男性

本題に入ります。高学歴・高収入の女性の中には、自分の出身大学や職業を伝えると、男性に「ひかれた」経験がある人もいるのではないでしょうか? 医師という職業柄、わたしもそんな経験をしたことがあります。

ところが、外国人男性が相手だと、国立大学の医学部出身の医師だと知られても、一度も「ひかれた」ことはありません。むしろ「努力したんだね!」「素敵だね!」と長所とみてくれる人がほとんどでした。

もちろん日本人男性でも、女性の学歴や収入に「ひかない」人はいます。が、自分自身も高学歴・高収入な男性か、成功した経営者など「仕事ができる」男性が多かった、というのがわたしの印象です。

■レディーファーストで、家事育児に協力的

相手の文化圏にもよりますが、欧米出身の男性であればレディーファーストはあたりまえ。ちょっとしたプレゼントなど、とにかく女性を喜ばせることが好きです。受験や仕事で男性と競争してきた女性には、プライベートでの「お姫様扱い」は安心できる時間になるかもしれません。

一緒に暮らしてみても、平均的な日本人男性に比べると家事や育児に協力的な人が多いと思います。日本以外の先進国では、家事や育児は男女半々が当然、というところも多いのです。キャリア女性が仕事も家庭も両立させたいと思ったとき、心強い協力者となってくれます。

■英語で日常会話ができるだけで、外国人男性と親しくなれる

訪日外国人や日本で働く外国人が増えた今、海外に行かなくても外国人男性と知り合うチャンスはたくさんあります。日本人は外国語が苦手な人が多いので、わたしのように日常会話程度の英会話ができる、というだけでも大きなアドバンテージになります。

実際にわたしが過去に出会った外国人男性の中には、俗に言う「ハイスペック」な男性であっても、日本でのデート相手がなかなか見つからないという人が複数いました。その理由は「外国語ができる日本人が少ないこと」だったのです。

もしあなたが英語でなくても外国語が得意であれば、ちょっとオープンマインドになって、デートする男性を日本人男性以外にも広げてみませんか?

この記事のライター

1982年広島市生まれ。2007年大阪大学医学部卒業。医師。外国人のパートナーとの間にもうけた2児のシングルマザーでもある。 予防医学と訪問診療にたずさわりながら、個人でセミナーやコンサルティング、執筆などもしています。

関連するキーワード


恋愛 結婚

関連する投稿


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

茂木商事株式会社が2018年2月1日にオープンする、少人数婚に向けた結婚式場紹介カウンター「minimal WEDDING(ミニマルウェディング)」。新郎新婦が考える、おふたりらしい、より上質で洗練された結婚式を叶えます。


「失恋しました」【経沢香保子】

「失恋しました」【経沢香保子】

失恋はつらくて苦しくてしんどい。でも、失恋を乗り越えたあなたが身につけるものはたくさんある。人の心を無理にコントロールしようとしない品格、愛する人に通じるすべてのもの受け入れる「愛の作法」、現実を受け入れる忍耐力など。そんな大きな愛を持つあなたを周囲は放っておかない。失恋を通じてあなたの人としての器は大きくなるのだ。


男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

別れたあとも元カノのことを忘れられずに苦しむ男性は大勢います。別れ際に本音を言えなかったり、愛情が残ったままであったり、別れたことに納得していない場合、男性側のほうが未練を引きずることが多く見られます。未練がましい男性にはどんな特徴があるのか、またどう対応すれば良いのか、お話します。


最新の投稿


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


おっぱい