肉食女が父より年上の既婚者に「負ける」まで【キス・オブ・ライフ #4】

肉食女が父より年上の既婚者に「負ける」まで【キス・オブ・ライフ #4】

女の人生を彩る忘れられないキスを実話7割、創作3割で描くストーリー連載「キス・オブ・ライフ」。今回話してくれたのは、無敵の処女時代を経て肉食女子となったデザイナーの女性。父親より年上の既婚者に「負けた」と感じ、今も引きずる屈辱のキスとは……。


なぜだろうなぜだろうって、夫と子供、家庭を持った今も思い出しては、あのときのキスをひきずっているんですよ。組み伏せられ、掃除機みたいに吸われたキスで我に返って「あんた今までそんな風にやってきたわけ?」と父よりも年上の彼を蹴り上げたあのときの感情に名前がついたら、私の何かが、ようやくどこかの引き出しに収まるのかもしれないですね。

■父より年上の既婚者と……初めて自分が汚れたような気がした

初めて、自分が汚れたような気がした

仕事とは寝てもいいって思うくらい、大好きでした。デザイナーとしての経験値を上げながら、自信もついていて。だからあの夜、私はあの人の才能をセックスを通して吸い取りたいと思った。

仕事で疲れていたところにビールなんか飲んじゃったもんだから変に気前良くなっちゃって、本当は好きでもないのに自分から誘ったんですよ。相手は自分が勤めていた小さなデザイン事務所の社長、父より年上の既婚者でした。

当時私は27、社長は50代前半。ホテルに入って、自分からキスを仕掛けたつもりが掃除機みたいに吸われて、あれっ、こんなの私が想像していたのと違うって、我に返ったんです。

でも相手は組み伏せてくる。「あんた今までそんな風にやってきたわけ?」と蹴り上げて枕を投げつけてやめさせたら、社長は「途中で止めるのも男の甲斐性かな」なんて言って、その余裕風を吹かせるような言葉にも屈辱を感じて。

家に帰って、それまでの主体的で積極的な肉食人生で初めて、自分が汚れたような、被害者になったような気がしました。忘れられない、今も引きずっているキスです。

■無敵の処女時代から、肉食驀進人生へ

無敵の処女時代から、肉食驀進人生へ

私、処女を捧げたときに内なる野獣が目覚めて以来、肉食なんですよ。セックスっていいもんだなって。学生時代からもう常に、「私が」カラダ目当てなんです(笑)。

少女マンガで育って、無敵の処女時代を過ごしました。男の子と付き合って、相手が体の関係になりたがると「そんなの愛じゃない」って振る。付き合っては違う、というのを数々やって、ところが一回「やって」からは肉食が目覚めて、男メンタルで相手を「いただく」ように。

Win-Winの関係だと思っていたから、被害者感覚はなし。誰のことも好きじゃなくて、学生から20代にかけては片っ端からカラダを奪って(笑)、ああだこうだと恋愛の数だけをこなしました。

■プロとして力をつけるしかないなって

プロとして力をつけるしかないなって

美大を卒業して、小さなデザイン事務所へ入りました。社長はデザイナーとしてピカイチに優秀で世間の評価もあるけれど、人格破綻者で経営はからきしダメ。よくある話です。

多くのデザイン事務所がそうなんですけれど、広告代理店の下請けをしていたんですね。すると代理店の社員が粋がってて、大したことしてないのに、いいコートをヒラヒラさせて上前はねていく。力をつけるしかないなと思いました。

すべてがチャンスで修行で、おじさんの自慢話を聞かされる飲み会も仕事だと乗り越えてはきた。自分のデザインが形になる喜びを燃料に努力してきたから、同僚や先輩たちにも、あの代理店のヒラヒラした人にだって負けなくなったと、プロとしての自信がついてきていたんです。でも、会社の経営は苦しかったですね。

その矢先に、社長とそういうことに。今までどんな男とセックスしてもそんな気持ちにならなかったのに、彼との初めてのキス、たった一つのキスで「被害者」の気分になった。

それでどこか自棄になったのか、それとも私の中で屈辱の理由を解き明かしたかったのか、未遂で終わったはずの関係をその先もずるずると続けちゃったんです。もう「どうせやること一つならこの人でいいや、仕事も忙しいし」って心境でしたね。……うん、たぶん、情が移っちゃったんですね。

■債務返済に付き合ったのは、「既婚者に手を出した責任」を取るため

債務返済に付き合ったのは、「既婚者に手を出した責任」を取ったから

社長が経営下手なところに、不況でデザイン料の単価がどんどん下がって、会社はいよいよ苦しくなりました。運転資金だけでも毎月借金が積み上がり、既婚者の社長は不動産も車も売って、あとは自宅だけ。社員はみんな離れていって、私も「申し訳ないけれど、もうお前の給料も払えない」と言われて転職したけれど、心配で気になってずっと経理を見続けました。

経営下手でアーティスト気質の社長ですから、返済は一進一退。そこに社長の友達が、「調べたらあいつの自宅はちゃんと奥さん名義になってるから、自己破産させたほうがいいよ」と助言をくれて、10年近くの紆余曲折を経て自己破産手続きへ。

ようやく彼が奥さんと路頭に迷うことがなくなって、私が身を引いたころ、既に私には夫も子供もいました。彼とは子供は持てないし、でも私はどんどん年を取っていくし、「子供をつくらなきゃ」って言ったら「婚活していいよ」と言ってくれたので。はい、結婚して働いて子育てしながら、昔の男の借金返済を見守っていたんです。頭おかしいですか(笑)?

私としては、自分がかつて既婚者に手を出してしまった責任を取った、という感じなんです。でも、そうですね、満身創痍だったかもしれない。大きな秘密を隠し持ったまま、血の止まらない自分の刀傷を手当てするのも後回しに、親になって自分や家族や……「人間」と向き合い続けるのは、長い長い修行でした。

■あのキスをした瞬間、「戦い」が終わった

負けたのは戦ってたから

後悔はしていません。どんな選択も、自分が選んだって自信を持って言いたいんです。卑怯なことや、ズルいことをすると負けた感じがする。自分だけは自分のことを見ているじゃないですか、死ぬときに後悔したくない、自分に嘘をつきたくないんですよ。

自我が強いのかな、一つのキスやセックスにしても、人のせいにしないで自分で選んで納得して「したい」んですね。でも、あのキスは人のせいにしたくなった。その後、彼の人生に私は責任を取りましたけれど。償い、ですか(笑)? そうかもしれない。

ああ、あのとき屈辱だったのは、「負けた」のは、戦っていたからなんですね。肉食で、仕事も努力を続けて、そうか、私、ずっと戦っていたんだ……。確かにあのキスで、私の肉食人生は落ち着いた。「戦い」が終わったんですね……。うーん、でもあの人のおかげなんて思いたくはないなぁ。そこはきっと違う気がする。ファザコンという指摘は、結果的にその通りだと思います。

今の感想は、債務返済できて、社長が野垂死ななくてよかった、もうそれだけ。まだあの時の感情に名前はつけられなさそうですけれど、あの人が幸せでいてくれたらいい。ある意味純愛ですよね……違うか(笑)。自分を好きでいたい。寝覚めが悪いのは、イヤなんです。

この記事のライター

コラムニスト。1973年京都生まれ神奈川育ち。慶應義塾大学総合政策学部卒。2000年より子育て、政治経済、時事、カルチャーなど多岐に渡る分野で記事・コラム執筆を続ける。欧州2カ国(スイス、英国)での暮らしを経て帰国後、Web...

関連するキーワード


キス・オブ・ライフ

関連する投稿


いいセックスはいい仕事になる……そんなダブル不倫の顛末【キス・オブ・ライフ #5】

いいセックスはいい仕事になる……そんなダブル不倫の顛末【キス・オブ・ライフ #5】

忘れられないキスはありますか。友情のキス、親子の愛情のキス、嬉し恥ずかしのキス、性愛のキス、心に刺さって取れないキス……。人生を彩るキスを、インタビューによる実話度80%、創作20%で、センシュアルに描きます。いつもは女性の忘れられないキスを描くこの連載、今月は特別編として、とあるアラフォー既婚男性のキスを採用です。


私たちって「略奪婚」?”エロい”女性部下から、”サエない”バツイチ上司へ【キス・オブ・ライフ #3】

私たちって「略奪婚」?”エロい”女性部下から、”サエない”バツイチ上司へ【キス・オブ・ライフ #3】

河崎環さんによる「キス」をテーマにした連載「キス・オブ・ライフ」。第3回はバツイチ男性と結婚し、子供を授かった女性のストーリー。帰宅後はふたりの子供たちを抱き締め、毎日たくさんキスする夫の姿を見て思うことは――。


不倫体質の女から、東大卒の不倫男へ【キス・オブ・ライフ #2】

不倫体質の女から、東大卒の不倫男へ【キス・オブ・ライフ #2】

河崎環さんによる「キス」をテーマにした連載「キス・オブ・ライフ」。第2回ではクールに不倫する女のストーリー。「私が女でい続けられるのは、あなたに入れられているから、じゃない。結婚に夢なんて持たず、他の女の夫を盗んで、優越感にひたっているから。自立しているから」。


妻から、自殺未遂をした夫へ【キス・オブ・ライフ #1】

妻から、自殺未遂をした夫へ【キス・オブ・ライフ #1】

河崎環さんによる「キス」をテーマにした連載がスタート。キスには恋愛や性愛のキスだけでなく、親が子にするキス、海外の挨拶としてのキス、出会いのキス、別れのキス、いたわりやねぎらいのキス……いろいろあります。各々の人生のワンシーンを印象的に切り取るキス、読むと思い出される情景があるかもしれません。


最新の投稿


華やかな空間は人の想いや気持ちをつなげる【高田賢三】

華やかな空間は人の想いや気持ちをつなげる【高田賢三】

パリ在住の世界的ファッションデザイナー、高田賢三さんによる連載。「華やか×◯◯」をテーマに毎月1本コラムをお届けします。第8回は「華やか×空間」でその思いを綴っていただきました。高田賢三さんが考える、華やかな空間とは――。


突然の結婚宣言。「AKB選抜総選挙」から株式投資を考える

突然の結婚宣言。「AKB選抜総選挙」から株式投資を考える

「私、私、結婚します」と宣言し、一躍話題になったNMB48の須藤凛々花さん。これからの進退に注目が集まっています。筆者はこの宣言を聞いた瞬間、「これは、デフォルトじゃないか⁉(投資用語で、債務不履行とか破綻の意味)」と思いました。「AKB選抜総選挙」には、投資の世界に似た要素があるんだなと感じたのです。


ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

大人になった今「ラジオ体操」を朝の習慣にしています。子供の頃はその効果に疑問を感じていたラジオ体操ですが、運動不足の大人に成り下がった今、これが案外すごい体操だったということを身をもって知りました。あえてラジオ体操をチョイスするメリット、それには3つの理由があるんです。


おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

『おしゃれの幸福論』(著:光野桃)を取り上げます。ワンツーコーデが流行っている今、人とはかぶらないけれど、浮くわけでもない、自分らしいワンツーコーデがしたい。そう思った桜井真砂美さんが手に取ったのは『おしゃれの幸福論』。本書から得たヒントを紹介してくれました。


有名税ってありますか?

有名税ってありますか?

「有名税ってどんなもの?」「有名になるメリットとデメリットってなんですか?」などとよく尋ねられる。本気で取り組めば、多少の有名税を支払うことになったとしても、新たなチャンスを得て、世界を広げていけることの方が多い。