不甲斐ない自分でもいい。自ら愛を与えられる人でありたい

不甲斐ない自分でもいい。自ら愛を与えられる人でありたい

ナイフでえぐられた心の傷は深部にまで達した。受け入れてもらえなかった自分。言いたいことが言えなかった自分。そして成熟していなかった自分を認めざるを得ない状況に呆然とする。でも悲しみを噛みしめたら一歩前に歩き出してみよう。自分から笑顔をふりまける人になったとき、人生が好転していく気がするのです。


その日、ずっと親しくしてきた友人とはあまり穏やかではなかった。

お互いが自分の正義と自己防御を主張するばかりで会話が噛み合わない。相手は弁が立った。理詰めで隙なく攻め立てられ、こちらが盾を振りかざしたところで何とも脆く、容赦なく次々に切り刻まれる。武士で言うなら相手は日本刀でこちらは子供のチャンバラ。キックボクシングならノーガードで連打。ダウンしそうになるものの、立ち上がって反撃しようとしたところで、頭から足蹴りされる。

しかし、そんな緊張感がある状況であっても、「善人を装った人物が、顎からマスクをベリベリッと剝がして正体をばらすような場面と似ていたなぁ」と、あとからどうでもいいことを思ったりした。落ち込んでいてもくだらないことを考える。

誤解がないように言うと、相手にも背景があるし自分ばかりが被害者ではない。もしかしたら加害者だったかもしれない。

傷つける言葉は発する方も聞くも辛いのだろうか。

私は何に傷ついたのか。

少しも受けいれてもらえなかったことか。

想いを半分も伝えらなかったことか。

私は相手が言うほどそこまでひどい人間なのだろうか。

自分はどうしたいのだろう。

自己肯定感なんてものは急降下で底辺に向かい、ひとりだけ取り残された気分になった。

屋根裏の暗闇から見る皆の光は眩しい。

タイミングを合わせたかのように、使っていたパソコンは調子が悪くなり、長年愛用している腕時計は突然電池が切れた。雨が降っていても傘はなく、その日に限っていつも持ち歩いているタオルを忘れた。歩行者天国で賑わう銀座の人ごみの中を建物の屋根から屋根まで走って移動した。

言葉は相手との関係がどうなろうと聴覚を通して保存されていく。落ち込むのは図星を突かれた部分があるからだろうか。

■悲しみを抱きしめたあとは、行動する絶好のチャンス

しかし、辛いときほどいつも以上に動く習性の自分もいる。じっとしている方がさらに自分を追い込みそうな恐怖感がある。負のパワーは強烈だが、強い感情を伴う痛みや喜びは行動を突き動かす。その強烈なパワーを生かせよ! とも思う。もしかしたら人生を前向きに変化させられるチャンスなのかも? と。

この日は、怒りだけが気持ちを占領した。

応戦の翌日、気になっていたライブに急遽行くことにした。普段あまりライブに行く習慣はないが、思いつきと行動のみだ。開演時間まで時間が迫っており、急いでネットでチケットを落札。場所や時間を調べ、電車で移動する。そんな作業だって多少は気分も紛れるしライブは実際楽しかった。体を動かすと気が晴れるというのは本当だなと思った。

わかっている。これは一時のごまかしなのだけど、それでも少し気が紛れた。部屋の四隅で膝を抱える選択もありだが、動いてみるのも大いにありだと。

3日目には思っていることを書きなぐり反省と共に段々整理がついてきた。気持ちやモノの断捨離も始めた。

――さて、友人と言い争いになってから1週間以上経った。

詰まっていた栓を抜いて一気に水が流れ出したかのように、断捨離したスペースに良き出会いや話が次々に入ってきている。何かを手放せば新しいものが入ってくる法則を身を持って実感した。

なんだか清々しさまで湧いてきた。要するに前向きな気持ちなのである。しかも以前よりパワーアップした気さえする。

改善すべきところは気持ちに蓋をせず向き合おう。

できれば○○しないようにする、という考え方より△△していこう、という考え方の方が好きだ。例えば、「相手に執着しないようにしよう」より「相手を尊重しよう」というように変換させる。ちなみに食事も「〇〇を食べないようにしよう」もいいが「△△を取り入れて食べていこう」の方が制限なく前向きな選択をできるような気がする。

無理にプラス思考にならなくても良いし、立ち止まってもいい。マインドを選択する自由は皆平等だ。でも負の感情を抱きしめたら、断捨離をしよう。空いたスペースにはきっと良き出来事が入ってくる。前向きな人に会いに行こう。行動しよう。そして少しずつでも自分から周りに笑顔をふりまける人になろうではないか。そう思い始めたとき、巡り巡って人生が好転していく気がする。

空を見上げたら本日は晴天だった。

写真/石田晋也(アートディレクター、モノクロ写真家)

http://shinyaishida.wixsite.com/photography

http://www.ishidaplanning.com/

この記事のライター

東京出身。フリーライター。ワーク・ライフスタイル・女恋愛・婚活を中心に執筆中。趣味は高校・大学野球・アクリル画、銭湯。

関連するキーワード


人生

関連する投稿


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


私らしく生きるために必要なのは「美意識」を鍛えるトレーニング

私らしく生きるために必要なのは「美意識」を鍛えるトレーニング

美意識、鍛えていますか? 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』を読んで気づいたのは、私らしさを出すためにも、仕事とのより良い向き合い方にも、美意識が欠かせないということでした。


湯山玲子『四十路越え』を読むとアラフォーの人生はバラ色に変わる

湯山玲子『四十路越え』を読むとアラフォーの人生はバラ色に変わる

老化の兆しがくっきりと現れ、気の滅入ることが増えるアラフォー世代。そんなアラフォー世代を楽しく乗り切るヒントが、湯山玲子さんの著書『四十路越え』の中にあります。


「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「既婚・未婚」「子あり・子なし」「フルタイム・パートタイム・専業主婦」……などなど。女性の生き方は掛け合わせの数だけ、大きく異なります。自分と違う組み合わせの人をみて、羨んだりしたことはないですか?


最新の投稿


世界最先端のガストロノミーレストランのエスプリを味わえる「ENEKO Tokyo」

世界最先端のガストロノミーレストランのエスプリを味わえる「ENEKO Tokyo」

スペインの3ツ星レストラン「アスルメンディ」がバスクから六本木へ。スペインで現在もっとも注目されている若手シェフが、ロンドン店に続く海外2店目として、六本木に「ENEKO Tokyo(エネコ東京)」をオープンしました。


牛すじ肉を使った簡単・煮込みレシピ3品。ローカロリーなのに旨味たっぷり

牛すじ肉を使った簡単・煮込みレシピ3品。ローカロリーなのに旨味たっぷり

牛すじ肉を使う簡単なレシピを3つご紹介します。牛すじ肉は脂質が少なく、たんぱく質が多い、とてもヘルシーな食材です。しかもうまみが濃縮されています。煮込んで食べると美味しいので、今回は煮込んだメニューばかり集めてみました。


手相の線が薄いのは悪相ではない! サポート役であれば女子力高めの良相

手相の線が薄いのは悪相ではない! サポート役であれば女子力高めの良相

手相の線は形や長さと共に、「濃さ」も線を判断するうえで、とても重要なポイントになります。今回は手相の線が薄い人の特徴について。線が薄いことは一見良くなさそうですが、決して悪いことばかりではありません。線が薄いからこその良い面があるのです。線の薄さを個性と思えたら、また違う人生が待っています!


マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がられているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

花王は「リーゼプリティア 髪色サプリ」を9月30日より、全国のドラッグストアなどの店頭で発売。ヘアカラー後しばらくすると、色が抜けて黄味がかって明るくなったり、金髪っぽくなったり……そんな悩みを自宅ケアで解決。「週1~2回塗って流すだけ」の新しい髪色ケア習慣の提案です。


おっぱい

MENU

DRESS部活