不甲斐ない自分でもいい。自ら愛を与えられる人でありたい

不甲斐ない自分でもいい。自ら愛を与えられる人でありたい

ナイフでえぐられた心の傷は深部にまで達した。受け入れてもらえなかった自分。言いたいことが言えなかった自分。そして成熟していなかった自分を認めざるを得ない状況に呆然とする。でも悲しみを噛みしめたら一歩前に歩き出してみよう。自分から笑顔をふりまける人になったとき、人生が好転していく気がするのです。


その日、ずっと親しくしてきた友人とはあまり穏やかではなかった。

お互いが自分の正義と自己防御を主張するばかりで会話が噛み合わない。相手は弁が立った。理詰めで隙なく攻め立てられ、こちらが盾を振りかざしたところで何とも脆く、容赦なく次々に切り刻まれる。武士で言うなら相手は日本刀でこちらは子供のチャンバラ。キックボクシングならノーガードで連打。ダウンしそうになるものの、立ち上がって反撃しようとしたところで、頭から足蹴りされる。

しかし、そんな緊張感がある状況であっても、「善人を装った人物が、顎からマスクをベリベリッと剝がして正体をばらすような場面と似ていたなぁ」と、あとからどうでもいいことを思ったりした。落ち込んでいてもくだらないことを考える。

誤解がないように言うと、相手にも背景があるし自分ばかりが被害者ではない。もしかしたら加害者だったかもしれない。

傷つける言葉は発する方も聞くも辛いのだろうか。

私は何に傷ついたのか。

少しも受けいれてもらえなかったことか。

想いを半分も伝えらなかったことか。

私は相手が言うほどそこまでひどい人間なのだろうか。

自分はどうしたいのだろう。

自己肯定感なんてものは急降下で底辺に向かい、ひとりだけ取り残された気分になった。

屋根裏の暗闇から見る皆の光は眩しい。

タイミングを合わせたかのように、使っていたパソコンは調子が悪くなり、長年愛用している腕時計は突然電池が切れた。雨が降っていても傘はなく、その日に限っていつも持ち歩いているタオルを忘れた。歩行者天国で賑わう銀座の人ごみの中を建物の屋根から屋根まで走って移動した。

言葉は相手との関係がどうなろうと聴覚を通して保存されていく。落ち込むのは図星を突かれた部分があるからだろうか。

■悲しみを抱きしめたあとは、行動する絶好のチャンス

しかし、辛いときほどいつも以上に動く習性の自分もいる。じっとしている方がさらに自分を追い込みそうな恐怖感がある。負のパワーは強烈だが、強い感情を伴う痛みや喜びは行動を突き動かす。その強烈なパワーを生かせよ! とも思う。もしかしたら人生を前向きに変化させられるチャンスなのかも? と。

この日は、怒りだけが気持ちを占領した。

応戦の翌日、気になっていたライブに急遽行くことにした。普段あまりライブに行く習慣はないが、思いつきと行動のみだ。開演時間まで時間が迫っており、急いでネットでチケットを落札。場所や時間を調べ、電車で移動する。そんな作業だって多少は気分も紛れるしライブは実際楽しかった。体を動かすと気が晴れるというのは本当だなと思った。

わかっている。これは一時のごまかしなのだけど、それでも少し気が紛れた。部屋の四隅で膝を抱える選択もありだが、動いてみるのも大いにありだと。

3日目には思っていることを書きなぐり反省と共に段々整理がついてきた。気持ちやモノの断捨離も始めた。

――さて、友人と言い争いになってから1週間以上経った。

詰まっていた栓を抜いて一気に水が流れ出したかのように、断捨離したスペースに良き出会いや話が次々に入ってきている。何かを手放せば新しいものが入ってくる法則を身を持って実感した。

なんだか清々しさまで湧いてきた。要するに前向きな気持ちなのである。しかも以前よりパワーアップした気さえする。

改善すべきところは気持ちに蓋をせず向き合おう。

できれば○○しないようにする、という考え方より△△していこう、という考え方の方が好きだ。例えば、「相手に執着しないようにしよう」より「相手を尊重しよう」というように変換させる。ちなみに食事も「〇〇を食べないようにしよう」もいいが「△△を取り入れて食べていこう」の方が制限なく前向きな選択をできるような気がする。

無理にプラス思考にならなくても良いし、立ち止まってもいい。マインドを選択する自由は皆平等だ。でも負の感情を抱きしめたら、断捨離をしよう。空いたスペースにはきっと良き出来事が入ってくる。前向きな人に会いに行こう。行動しよう。そして少しずつでも自分から周りに笑顔をふりまける人になろうではないか。そう思い始めたとき、巡り巡って人生が好転していく気がする。

空を見上げたら本日は晴天だった。

写真/石田晋也(アートディレクター、モノクロ写真家)

http://shinyaishida.wixsite.com/photography

http://www.ishidaplanning.com/

この記事のライター

東京出身。フリーライター。ワーク・ライフスタイル・恋愛・婚活を中心に執筆中。趣味は高校野球・アクリル画、銭湯。

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


「やりたいことを全部やる人生」を実現するために大事な5つのこと

「やりたいことを全部やる人生」を実現するために大事な5つのこと

美LIFEクリエイター長谷川朋美さんの『やりたいことを全部やる人生』が文庫化。常に自分の心に忠実に生きてきたと語る長谷川さんのマインドセットが詰まった1冊です。では、やりたいことを全部 やる人生を実現するのに必要な要素は何か。長谷川さんが大事にしている5つのこととは――。


「ねことパリジェンヌ」に学ぶ、かろやかに生きるコツ【積読を崩す夜 #22】

「ねことパリジェンヌ」に学ぶ、かろやかに生きるコツ【積読を崩す夜 #22】

【積読を崩す夜】22回目では、『ねことパリジェンヌに学ぶリラックスシックな生き方』(著:米澤よう子)をご紹介します。ねことパリジェンヌに見られる共通点から、自分らしく魅力的に生きるあり方が語られています。


美しく穏やかに生きるヒントをくれる哲学

美しく穏やかに生きるヒントをくれる哲学

「哲学」と聞くと、「人生論」というイメージがあると思いますが、SNSもアンチエイジングも格差社会も哲学だ、と言われたら、だいぶ印象が変わりませんか? 実は案外私たちの身近にある哲学。自分自身の生活や生き方に、哲学を取り入れるヒントになる本をご紹介します。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


最新の投稿


全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第9回目では全身に効果があり、身体を活性化する「ダウンドッグのポーズ」です。全身がストレッチされて、緊張が解けて疲労感も取れやすくなるポーズです。


40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代からのブラジャーの選び方をご紹介します。30代後半頃から気になる胸の変化。年を重ねていけば変化することは、当然のことなのかもしれませんが、できれば年齢より老けて見えたくない、と思う方は多いのではないでしょうか。40代から変わるブラジャーの選び方を意識するだけで、バストの悩みは少なくなるはずです。


大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

リッチなテクスチャーでハリのあるやわからでなめらかなお肌へ導く、アンブリオリスの「アンブリオデルム モイスチャークリーム」。朝晩のお手入れ時の保湿クリームだけではなく、メイク前の下地クリームとしてお使いいただくと艶やか素肌の仕上がりになります。


女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

「レズ風俗」があるとご存じですか。多くの女性には未知の世界かもしれません。2007年に女性専用レズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」をオープンした御坊さんの著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』から、レズ風俗とは何か、どんな女性が利用しているのかなど、まったく知らない人にとっての“気になる”を紹介します。


ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイへ行ったら買い物やグルメを存分に楽しみたい――そんな人へおすすめなホテルが、ワイキキ クヒオ通りの中心にある「ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ」。オフィスビルとして使われていた建物が、2017年1月、22階建てのスタイリッシュなデザイナーズホテルとして生まれ変わりました。