高田賢三とコラボするプライベートブランド「SEPT PREMIERES by Kenzo Takada」2017春夏新作登場

高田賢三とコラボするプライベートブランド「SEPT PREMIERES by Kenzo Takada」2017春夏新作登場

2016年秋冬より、デザイナー・高田 賢三とコラボレーションしたカプセル・コレクションを展開しているそごう・西武は、017年春夏の「セットプルミエ」を発表。


SEPT PREMIERES by Kenzo Takada 2017春夏

2017年春夏は、シャクヤクやヒナゲシなど春夏の彩り豊かな花を、さまざまな素材とシルエットで表現。大きなヒナゲシをプリントしたカットソーや、シャクヤクの花をちりばめたスカートやスプリングコートの他、バッグやスカーフなど多彩な色や柄を使った鮮やかなコレクションも揃いました。

高田賢三

花柄コート 48,600円、ブラウス 16,200円、スカート 15,120円

Photo by AKINORI ITO/aosora (「ELLE Japon」4月号より抜粋)

高田賢三

バンダナ 各4,212円、花柄トップ 各7,452円、スカート 各10,692円、ボーダー柄ニットトップ 各7,452円

Photo by AKINORI ITO/aosora(「ELLE Japon」4月号より抜粋)

高田賢三

ニットトップ8,532円、プリーツスカート24,840円、スカーフ7,452円、ベルト5,292円

Photo by AKINORI ITO/aosora(「ELLE Japon」4月号より抜粋)

高田賢三

スカーフ 各8,532円

高田賢三

トートバッグ 9,612円

高田賢三

ボストンバッグ 11,880円

高田賢三

折りたたみ傘 9,612円

ハット 5,292円

高田賢三

サンダル 16,200円※4月中旬発売

■SEPT PREMIERES by Kenzo Takada 展開概要

■販売店舗
西武 :池袋本店、渋谷店、船橋店、所沢店、東戸塚店、高槻店、大津店、
    福井店、岡崎店、秋田店
そごう:横浜店、千葉店、神戸店、広島店、大宮店、川口店、西神店、徳島店
計18店舗

■展開アイテム
ジャケット、スカート、パンツ、シャツ、ニット、カットソー、ワンピース、雑貨

■高田賢三 プロフィール

高田賢三

1939年 兵庫県生まれ。文化服装学院で服飾デザインを学び、64年に渡仏。
1970年 パリにブティックを開き、初コレクションを発表、「ケンゾー」を世界的ブランドにした。
1993年 ブランドをLVMHに売却。自身はアートディレクターとしてクリエーション活動を継続。
1998年 フランス芸術文化勲章の最高位「コマンドゥール位」、1999年 紫綬褒章を受章、「ケンゾー」のデザイナーを退く。
2004年 パリ高位勲章「パリ市大金章」受章。2016年 フランスの最高勲章「レジオン・ドヌール勲章(シュヴァリエ位)」受章。

華やかじゃなきゃ人生じゃない【高田賢三 連載 #1】

https://p-dress.jp/articles/2550

現在パリ在住の世界的ファッションデザイナー、高田賢三さんによる連載がスタート。「華やか×◯◯」をテーマに毎月1本コラムをお届けします。初回は「華やか×人生」でその思いを綴っていただきました。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


おしゃれ

関連する投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


プロ直伝! 「バレンタイン × ロングブーツ」の大人っぽコーデ3選

プロ直伝! 「バレンタイン × ロングブーツ」の大人っぽコーデ3選

年に一度のバレンタインデー。どことなく街全体がソワソワするこの時期のデートは、いつもとちょっと違ったコーディネートを意識してみませんか? 寒い中でのデートの強い味方「ロングブーツ」を軸に、彼をキュンッとさせるコーディネートをスタイリストさんに教えてもらいました。


夜明けの色彩と地平線のフォルムを表現したバッグ「yoake」

夜明けの色彩と地平線のフォルムを表現したバッグ「yoake」

暗闇から差し込む光とともに、不安から期待へ、絶望から希望へ。新しい1日という物語をまた0から歩き出そう、といつも次の国へ向かう――そんな気持ちをくれる「夜明け」の時間をコンセプトに作られた"yoake"のボストンバッグが発売開始に。


冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

ボタンをすべて閉めてサラッと1枚で着ると落ち着いた印象に。ボタンをすべて開けてロングシャツとして羽織ってもスタイルアップが叶います。それが万能な前ボタンロングワンピース。ボタンの開け閉めの仕方でイメージが変わる前ボタンロングワンピースのコーデを3つご提案します。


実は難しい、素敵に見せるニット選び。「愛せる1枚」の選びかた

実は難しい、素敵に見せるニット選び。「愛せる1枚」の選びかた

ニットはトップスの中でも、難易度の高いアイテム。何をどう選んだらいいのか私もずっと試行錯誤を続けてきた。素材・色・形と金額のバランスを見極めて、自分に合うものを選ぶこと。ニットに何を求めるかを自問自答することで見えてきた、自分にとって最適なニット選び。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。