ミラノでお気に入りのアンティーク探しを~ミラノ通信#4

ミラノでお気に入りのアンティーク探しを~ミラノ通信#4

ミラノのナヴィリオ運河沿いでは、毎月最終日曜日に、「大骨董市」というアンティークの市場が開催されています。わざわざ「大」と呼ぶだけあって、500余りの出展者が2キローメートルほどのエリアに並ぶ大きな規模です。アンティーク市の様子と買い物のしかたなどをミラノ在住河見さんにレポートしてもらいました。


ミラノでは月一度、ナヴィリオ運河沿いに「大骨董市」がたちます。毎月最終日曜日の早朝から、500余りの出展者が軒を連ね、骨董好きや観光客、天気が良い日には散歩がてらぶらぶらひやかしに来るミラネーゼたちで日没まで賑わっています。

美しいランプとランプのベース

大きなものはダイニングテーブルと椅子に始まり、ソファ、棚などの大型家具、レトロなテレビや電話、蓄音機、置時計、飾り棚、ランプに絵画、置物まで、ありとあらゆる家具やインテリア用品が揃います。

テーブルなど大型家具

絵画と家具

ランプ、ランプシェード専門店

キッチン関連の食器やカトラリーには掘り出し物が期待できます

キッチン関連もいろいろと揃います。カップ&ソーサーや食器など、こちらは地方の旧家の蔵から大放出されたものが並ぶラッキーなタイミングだと、いまは生産されていない珍しい絵柄のリチャード・ジノリのセットが破格で見つかることも。
こんな掘り出し物は、とうぜん瞬く間に売れてしまうので、本気で掘り出し物を探すなら、搬入後に商品を並べている朝一番に行くのがおすすめです。
カトラリー、銀器などシルバー専門店、テーブルクロスやナプキンなどリネン専門店なども、いくつもの専門店が出展しています。

カトラリーセット

お皿や銀器、花器など吟味する人

シルバーは丁寧に磨き、リネン類もきちんと洗ってぴしっとアイロンをかけ、次の世代が譲り受けて使っている古きよきヨーロッパの伝統。代々受け継がれるものを次の世代に渡すまで、大事にメンテナンスしながら使って引き継いでいくって、なんだか素敵ですね。
使い込まれたものには独特の風合いがでてくるので、どこか温かみを感じるところがアンティーク好きを惹きつけるのでしょうか。

棚にシルバーティーポットやティファニーランプなど

目利きの力が試されるファッションアイテム

ファッション部門も、毛皮専門店やサングラス専門店、服や靴、バッグ、アクセサリーのセカンドハンド的な商品を並べる店、レース専門店などさまざまです。
有名ブランドのバッグや靴、小物が並ぶ店もありますが、本物かどうかは自身の目で確かめるしかなさそうです。

モーダの店、服や帽子、アクセサリー

バッグ、手前はエルメス、奥はグッチ

ブランドではなくても、イタリアで手作りされた1920年代から1960年代のバッグは、丁寧なつくりに、レトロな雰囲気があり、いま持っても十分に魅力的なものがたくさんあります。値段は30~400ユーロほど。ファッションのアクセントに、お気に入りのひとつを探すのも楽しいですね。

バッグいろいろ

上の写真は、ヴェネツィアのムラーノグラスをつかった1960年代のクラッチバッグ。120ユーロ。シンプルなワンピースにシルクのロンググローブをつけて、こんなクラッチとともにお出かけしたら、いつもと違う気分で楽しめそうです。
下の写真は、発色の綺麗な1970年代のシルクスカーフと、アンティークなチェーンに現代の生地を組み合わせた作品。古いものだけではなく、アンティーク素材を使った新品もあるのです。スカーフ、バッグともに20ユーロ。

クラッチとロンググローブ

スカーフとバッグ

冷やかし気分で見て歩いても楽しめます

骨董市は高価なものから安価なものまで、価値ある骨董品からガラクタまで玉石混交。ある人には価値がなくても、ある人には価値があるのが面白いところです。
ぶらりと散歩がてらのぞいてみて、お気に入りが見つかればラッキー、くらいの気持ちで行ってみると、意外な掘り出し物に出逢うことも!

映画館で使われていた椅子、レストランの置物など

むかし懐かしいガチャガチャのセット

椅子、置物、トランク、シャンデリア、ランプ、ミニカーなどなんでも屋

ほかの都市でも定期的に開催される骨董市

イタリアではミラノやローマ、フィレンツェ、アレッツォなど各都市から小さな町まで、定期的にアンティークマーケットが開催されています。のんびり長閑な雰囲気なのは、どこの骨董市を訪れても驚くばかり。本当に売る気があるのだろうか? と疑問に感じるくらい、売り手も座って寛ぎ仲間とお喋りしたり、売り物のテーブルにランチを並べてワインを飲みながら座って食事中、なんていう光景もよく見られます。

商品に座って談笑する売り主たち

お互いにハッピーな気持ちになるのがイタリア式お買い物

呼び込みなど一切ないけれど、質問すると親切になんでも教えてくれるので、興味あるものがあればぜひ、店のご主人に話しかけてみることをオススメします。意外なストーリーを知ることができたり、値引きにも応じてくれますよ。

支払いは、たいていの店でカードが使えます。カードならいくらまで、現金ならさらにもう少し安くするよ、と、たいてい現金のほうが割引率は高くなります。
「シニョリーナ(お嬢さん)には、特別にまけちゃうよ~」なんていいながら、びっくりするくらい値引きしてくれることも。おしゃべりしながら、相手も自分も楽しくすごし、お互いハッピーな気持ちになるのがイタリア式お買い物術なのです。

ナヴィリオ運河全景

下町情緒を楽しめるナヴィリオ地区

ナヴィリオ地区は下町情緒あふれる雰囲気で、運河沿いには常設の古本屋やヴィンテージショップ、歴史あるレストランが立ち並びます。新しくオープンしたギャラリーやモダンなレストラン、カフェも次々にオープンしている注目エリアでもあり、骨董市の開催日には朝から晩まで営業している店がほとんどです。

運河沿いにゆっくり散歩くらいのペースで歩いて30分ほどの距離なのですが、お店をのぞきながらひと周りすると、2時間くらいはかかります。興味の度合い、掘り出し物の遭遇率にもよりますが、じっくりみるならなら3~4時間は必要なところです。
カフェやレストランも充実していますので、前後にランチやアペリティーボしながら、半日コースだと十分満喫できます。
ミラノ滞在中に開催されていたら、一度のぞいてみると素敵なご縁がまっているかもしれません。

ミラノ大骨董市(Mercatone dell’antiquarito sul Navigilo Grande)
地下鉄ポルタ・ジェノヴァ駅から徒歩5分ほどのナヴィリオ運河沿いで開催。毎月最終日曜日だが、7月はお休み。大雨など荒天の場合は、出展がほとんどありません。

この記事のライター

日本航空で15年間、国際線客室乗務員として勤務。退職後はミラノに居住し、東京と往復する生活。ミラノ・ブレラ地区を中心に、身近な情報をブログやFBで発信。ミラノでは在イタリア日本人のために料理教室をオーガナイズ、開催。ワイン好...

関連する投稿


偏愛アイテムはあえて出す。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#2【輪湖もなみ】

偏愛アイテムはあえて出す。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#2【輪湖もなみ】

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。第2回目はDRESSコラムニストのひとり、輪湖もなみさんに登場いただきました。前後編のコラム、後編では自室のインテリアや好きなものをしまいこまないことで始まった、新たな仕事についても綴っていただきました。


偏愛アイテムはしまわない。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#1【輪湖もなみ】

偏愛アイテムはしまわない。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#1【輪湖もなみ】

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。第2回目はDRESSコラムニストのひとり、輪湖もなみさんに登場いただきました。10年以上家族と暮らしている自宅でつくる心地よい空間やインテリアのこだわりについて、前後編のコラムでご紹介いただきます。


足し算は卒業。引き算で手にした心地よい暮らし#2【兎村彩野】

足し算は卒業。引き算で手にした心地よい暮らし#2【兎村彩野】

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。初回はDRESSコラムニストのひとり、兎村彩野さんに登場いただきました。今夏引っ越した新しい住まいで、パートナーとふたりでつくる心地よい空間を紹介するコラム、後編です。


足し算は卒業。引き算で手にした心地よい暮らし#1【兎村彩野】

足し算は卒業。引き算で手にした心地よい暮らし#1【兎村彩野】

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。初回はDRESSコラムニストのひとり、兎村彩野さんに登場いただきました。今夏引っ越した新しい住まいで、パートナーとふたりでつくる心地よい空間を前後編のコラムでご紹介いただきます。


新品家具を賢く「借りる」? ディノスが購入検討型家具レンタルサービスを開始

新品家具を賢く「借りる」? ディノスが購入検討型家具レンタルサービスを開始

購入検討型家具レンタルサービス「flect」は、ディノスで販売する、海外の有名デザイナーを含むインポートや国内メーカーの“新品”の家具・インテリアを、借りてお使いいただきながら購入を検討いただくという、これまでにない新しいサービスです。


最新の投稿


不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫の付き合い、いけないとわかっていてもなかなかやめられない。「やめどき」がわからなくて苦しむ女性は多いですが、それは既婚の彼に依存しているから。周りが見えなくなると、どんどん自分だけが取り残されていきます。実際に不倫をやめた女性は、自分の時間を大切にするために依存を断ち切りました。


元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。


最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

2017年10月16日〜18日、インテックス大阪で開催された西日本最大の総合ビューティ見本市「ビューティーワールドジャパンウエスト」に行ってきました。女性にとって、美は永遠のテーマ。今回は印象に残ったブースをご紹介しつつ、見本市の楽しみ方をお伝えします。


【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

急に冷え込みが強まってきた今日この頃。おしゃれも暖かさもあきらめないファッションテクを押さえておきましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2017年10月第3週は「こなれた靴下コーデ」をテーマにお届けします。


NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

「FEELCYCLE」というエクササイズをご存知でしょうか。これはNY発祥、ハリウッドセレブやモデルたちを魅了した、世界中で爆発的な人気を誇る暗闇バイクエクササイズのこと。今回はこの「FEELCYCLE」を、DRESS読者におすすめするため、編集部が体験してきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活