1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 育乳したいならナイトブラを身に着けて眠ろう

育乳したいならナイトブラを身に着けて眠ろう

Share

育乳を目指すなら、就寝時にナイトブラを身に着けて。質の良い睡眠とナイトケアで、バストを理想の大きさや形に近づけることができます。就寝時の育乳、バストアップケアができるナイトブラのこと、睡眠と育乳との関係について説明します。

育乳したいならナイトブラを身に着けて眠ろう

成長期をとっくに過ぎたいい年だし、今さら育乳、バストアップは無理かも……と諦めかけていませんか? バストは質の良い睡眠をとることで成長します。

睡眠中に分泌されたホルモンは、さまざまな組織に作用します。中でも、成長ホルモンは細胞を修復・再生するだけでなく、栄養の供給や疲労回復、脂肪燃焼、肌のターンオーバーを促すなど、美容と健康に大切な働きをしてくれます。

つまり、バストに必要な栄養を巡らせるためには、良い睡眠をとればいいということ。今回は睡眠中に育乳、バストアップさせるためにしたいことをご紹介します。

【連載一覧】大人の美胸の作り方

https://p-dress.jp/keyword/key_3795

大きさにとらわれず、形や質感がきれいな美胸・美乳・美バストを作る習慣や方法をご紹介しています。小顔と美ボディを叶える美容矯正サロン「petit」オーナー中野ゆうこさんが、自身考案のオリジナルメソッドや施術経験をもとにていねいに解説します。

■育乳のために質の良い睡眠を

寝る姿勢は仰向けで

育乳、バストアップを目指すなら、寝る姿勢にも気をつけなければいけません。

うつ伏せの姿勢はバストを潰し、形を崩してしまうだけではありません。バストを圧迫した結果、リンパが滞り、バストに栄養が巡りにくくなるなどの問題を引き起こします。

横向きの姿勢もバストが横に流れてしまい、バストが垂れる原因になります。

理想は仰向けの姿勢で、鼻から息を大きく吸い、口から長く吐くように、ゆっくり丁寧に深呼吸すること。体がリラックスし、質の良い睡眠をとることができます。

理想の位置をキープする

左右のバストトップと鎖骨の中心の3点を結んだ三角形が、「正三角形」になっている状態が、理想のバスト位置です。

常日頃から理想のバスト位置を決め、しっかり支えておくことが大切です。そこで、就寝時におすすめしたいのが「ナイトブラ」。

■育乳に役立つナイトブラ

日中に着けるブラはバストが上下に揺れる動きをサポートするのに対し、ナイトブラは横になっている状態、つまりバストが左右に揺れる動きをサポートしてくれます。

寝ている間は寝返りを打つのをはじめ、無意識のうちにいろいろな動きをしています。当然、バストのお肉も揺れ動いていて、何も着けないでいると、バストの脂肪が左右に流れやすくなり、胸の形も崩れてしまうのです。

とくに、日本人女性のバストは、ほとんどが乳腺組織1割、脂肪組織9割で構成されていて、柔らかく流れやすいといわれます。

ナイトブラ投入でバストの脂肪を逃さない

そこで、ナイトブラの登場です。締めつけ感がなく、サイドの脂肪が流れないよう、しっかりホールドしてくれるナイトブラを選んでください。

また、通常のブラ、ナイトブラどちらにもいえることですが、背中や脇など気になる部分の脂肪をブラに収める感覚で入れると、バストのボリュームがアップして、形もきれいに整います。

さらには、気になる背中肉の段差も解消できるので、タイトな服も素敵に着こなすことができますよ。

流れてしまった無駄な肉をバストに戻し、バストアップと美しい形を維持するためにも、ナイトブラでバストの脂肪を定着させましょう。

■育乳用ナイトブラの選び方

サイズ

ナイトブラのサイズはA・B・C……ではなく、S・M・Lとして販売されていることが多く、通常のブラよりもサイズ表記が曖昧です。

ですが、小さいサイズを着けると、体が締めつけられているように感じ、質の良い睡眠がとれるとは思えません。一方で、サイズが大きすぎても、バストの脂肪が流れてしまいます。

キツすぎず、ゆるすぎないサイズ感のものを、できる限り試着して選んでみてください。

「盛れるナイトブラ」を選ぶならパッドなしタイプを

ときどき目にするのが「盛れるナイトブラ」。モノにもよりますが、着けていて圧迫感のあるものは、やはりおすすめできません。

とくに、パッド入りのナイトブラはバストを圧迫するため、育乳の妨げになります。

寝ているときに締めつけると育乳どころか不健康にも

中にはカップ付きインナーをナイトブラとして着けている方もいますが、カップ付インナーはノーブラと同じ。バストの脂肪が流れてしまいます。

また、普段身に着けているブラは、就寝時に横に流れるバストを支えるサポート力がないだけでなく、肌にワイヤーが食い込んで黒ずみになる可能性が高いため、睡眠中の育乳には適しません。

さらに、就寝時もボディラインが崩れないように「補正下着を着けたまま寝る」方もいますが、補正下着は体を締めつけて代謝を下げ、体全体の冷えを招きます。

苦しくて寝つけない、疲れが取れないなど、バストだけではなく、その他の美容と健康の妨げになります。

「ナイトブラ」とひとくちに言っても、さまざまな種類のナイトブラが市場に出回っています。「どこのものがいい」というよりは、「自分の体に合っているか」が大事です。

圧迫感があって寝つきが悪くなるなど、体の不調を招くものは、あなたの体にはフィットしていないということ。

あくまで、理想のバストに近づけるためのケアなので、睡眠や健康の妨げにならないような、やわらかい素材で、自分に合ったサイズ、着け心地の良いナイトブラを選びましょう。

■理想のバストであり続けるために

成長ホルモンの分泌量は年齢を重ねるにつれて減少します。しかし、成長ホルモンを生産する機能がなくなるわけではありません。

30代以降、1日の中で一番多く成長ホルモンが分泌されるのが「睡眠時」。質の良い睡眠を確保し、ナイトブラでバストをサポートし、形も質感も美しいバストを手に入れましょう。

Share

中野 ゆうこ

大阪・心斎橋の小顔と美ボディを叶える美容矯正サロン「petit」オーナー。【いくつになってもオンナを楽しむ】をテーマに、オリジナルメソッド「極乳♡リアルマーメイドトリートメント」を考案。乳を極め美を導く「オッパニスト」として...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article