1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 【映画】最期の帰郷を描く『たかが世界の終わり』、グザヴィエ・ドラン監督最新作

【映画】最期の帰郷を描く『たかが世界の終わり』、グザヴィエ・ドラン監督最新作

Share

グザヴィエ・ドラン監督最新作、映画『たかが世界の終わり』は「ある青年の最期の帰郷」を描いた作品。あらすじやキャストをご紹介します。『マイ・マザー』で監督デビューしたグザヴィエ・ドラン監督は『胸騒ぎの恋人』『Mommy/マミー』など、高く評価されている作品を次々と生み出してきました。

【映画】最期の帰郷を描く『たかが世界の終わり』、グザヴィエ・ドラン監督最新作

愛が終わることに比べたら、たかが世界の終わりなんて。

『Mommy/マミー』グザヴィエ・ドラン最新作『たかが世界の終わり』。カンヌ国際映画祭グランプリを獲得した同作が描くのは「ある青年の最期の帰郷」その旅の先は──。

2017年2月11日(土)、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA 他全国順次ロードショー。

■『たかが世界の終わり』あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に告げるため、12年ぶりに帰郷する作家ルイ。母は息子の好きな料理を用意し、妹のシュザンヌは慣れないオシャレをして待っていた。

浮足立つ2人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ、彼の妻カトリーヌはルイとは初対面だ。ぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。

だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる──。

■『たかが世界の終わり』キャスト

ギャスパー・ウリエル/ヴァンサン・カッセル/レア・セドゥ/マリオン・コティヤール

■『たかが世界の終わり』詳細

監督 グザヴィエ・ドラン

STAFF
【脚本】グザヴィエ・ドラン
【共同提供】ピクチャーズデプト、ポニーキャニオン、WOWOW、鈍牛倶楽部
【原作】ジャン=リュック・ラガルス「まさに世界の終わり」

上映時間 99分

製作国 カナダ・フランス合作

配給会社 ギャガ

© Shayne Laverdière, Sons of Manual

公式サイト http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/

劇場公開情報
2017年2月11日(土)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA 他全国順次ロードショー

■グザヴィエ・ドラン監督プロフィール

1989年、カナダ生まれ。19歳で監督デビュー後、『胸騒ぎの恋人』『Mommy/マミー』『トム・アット・ザ・ファーム』など、傑作を数多く生み出す注目の若手監督。

Share

DRESS NEWS

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウント。ニュース記事を配信します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article