すべてにYESと言うことで幸せを手に入れる――『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』脚本家、ションダ・ライムズさんに学ぶ

すべてにYESと言うことで幸せを手に入れる――『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』脚本家、ションダ・ライムズさんに学ぶ

『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』などの脚本・プロデュースを手がけるションダ・ライムズさんが、自伝的エッセイ『YES ダメな私が最高の人生を手に入れるまでの12カ月』を発売。本書の内容の一部を要約し、作者がおこなった自分を変えるためにやったことを、いくつかご紹介します。


世界中で大ヒットし、アメリカでは今月から最新シーズンがスタートするテレビドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』。その脚本・プロデュースをつとめているションダ・ライムズは、同時に『スキャンダル 託された秘密』の脚本、『殺人を無罪にする方法』の製作総指揮を務めるなど、アメリカの売れっ子脚本家・プロデューサーです。

しかも、養子に迎えた3人の子どもを持つシングルマザーでもあります。仕事で大成功し、私生活にも恵まれている彼女ですが、実はつい数年前まで自分に自信がなく、忙しいことを理由にスピーチやテレビ出演などあらゆるオファーを断り続けていたのだそう。

■『YES ダメな私が最高の人生を手に入れるまでの12カ月』の内容


しかし、ある日「あなたは何に対してもイエスとは言わない(You never say yes to anything.)」と姉に言われたことをきっかけに、1年間どんなことにも(とくに自分が恐れていることに)「YES」と言おうと決意します。

そんな著者の1年が綴られた自伝的エッセイが、『YES ダメな私が最高の人生を手に入れるまでの12カ月』(あさ出版、ションダ・ライムズ著、押野素子訳)です。

アメリカのショービジネス界で活躍する女性と聞くと、別世界の人のように思えてしまいますが、本書を読めば著者が日本人の私たちと同じようなことで悩んだり、葛藤してきたりしていることがよくわかります。

後ろ向きで、仕事ばかりの生活、そして自信のない自分を変えるために著者が取り組んだことは、私たちも日常に取り入れやすいことばかり。ここでは、その一部をご紹介します。

■遊びにYES=1日15分、自分が心から癒されることをしよう。

著者にとっての癒しのひとつは子どもたちと過ごす時間。「勤勉な優等生で、過度に完璧主義」なゆえにワーカホリックだった著者には、子どもたちと向き合う時間もほとんどありませんでした。

ところが、YESの1年の取り組みとして、子どもたちから遊びに誘われたら必ずYESと答えるようにしたところ、その時間が「内なる炎を再び燃やし、私の創造力の助けとなり、さらに長い目で見れば、私が仕事で作り出す物語にも好影響を与える」ことに気づいたそう。

この「遊び」は、子どもと時間を過ごすことに限らず、自分の「心が喜ぶこと」ならなんだっていいのです。読書を楽しんだり、ゆっくりお風呂に入ったり……。それを1日15分おこなう。これなら私たちも気軽に取り組めるのではないでしょうか。

■褒められることにYES=人から褒められたら素直に受け入れよう

人から褒められると、つい「いやいや、そんなことない」と否定してしまうことはありませんか?

著者自身、『グレイズ・アナトミー』が大ヒットした後も、「私はただのライターだから」と自ら成功に蓋をしてしまっていたそうです。

しかし、人から褒められたら否定せず素直に受け入れ、自分の才能を認めるようにしたところ、自分と周囲の人々の長所をたくさん発見できるようになったのだとか。

さらに、「誰かの褒め言葉を否定するということは、その人が間違えていると言っているのと同じこと」と著者は言います。褒め言葉を素直に受け止めることは、相手のことも自分のことも受け入れることになるのです。

■結婚しないことにYES=自分の欲求に従って生きよう


ドラマの中では数々の結婚式を計画してきた著者ですが、自身が結婚する気はないようです。周囲や付き合っていた男性に合わせ、結婚願望があると自分に思い込ませていた時期もあったようですが、本書には、「結婚したくない」という心の声に「YES」と言ったことで、パートナーと破局してしまうエピソードが登場します。

失恋に落ち込んだかというと、むしろ別れてすっきりしたという著者。その経験から得た気づきは、「誰もが自分だけのハッピーエンドを持っている」ということ。

皆と同じように結婚すれば幸せになれる、と思うのは間違いで、「自分のニーズと欲求に従って生きること」が幸せを手に入れる秘訣なのです。

その他にも本書では、「YESの1年」の日々に著者が取り組んだことが正直にユーモラスに語られています。働く女性、子育て中の女性をはじめ、女性なら誰でも共感できることがたくさん詰まった、読んでいるだけで元気をもらえる一冊です。

■ションダ・ライムズ(SHONDA RHIMES)さんプロフィール

テレビプロデューサー、番組制作総指揮、脚本家。テレビプロデューサー、番組制作総指揮監督、脚本家。代表作『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』『プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち』『スキャンダル 託された秘密』はいずれも高視聴率を記録し、ゴールデン・グローブ賞をはじめ数々の賞を獲得した。
ライムズはイリノイ州出身。ダートマス大学で英文学および創作的作文法の学士号、南カリフォルニア大学映画芸術学部で美術学修士号を取得。また、前2校の名誉博士号を授与されている。『タイム』の「最も影響力のある100人」に2度選出されたほか、『フォーチュン』の「世界で最もパワフルなビジネス・ウーマン50人」、『ヴァラエティ』の「影響力のある女性」、『グラマー』の「ウィメン・オブ・ザ・イヤー」にも名を連ねた。2013年には、オバマ大統領からジョン・F・ケネディ・センターの理事に任命された。現在、3人の娘とロサンゼルスに住んでいる。

この記事のライター

出版翻訳専門の翻訳会社。年間約150冊、累計1800冊以上を翻訳。日々、日本の読者に読んでもらいたい海外の書籍を探している。

関連するキーワード


ブックレビュー

関連する投稿


金融業界の大物たちの素顔に迫った『世界最強人脈の知られざる裏側 スーパーハブ』

金融業界の大物たちの素顔に迫った『世界最強人脈の知られざる裏側 スーパーハブ』

弁護士であり、金融業界のコンサルタントでもあるサンドラ・ナビティが知りえた世界の金融業界のトップたち。女性ならではの細やかな視線で、世界経済を動かす彼ら=スーパーハブの実像に迫った書籍を紹介します。


個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

佇まいがおしゃれな人は、特別なアイテムを使いこなしているというより、自分のカラーをうまく着こなしているような気がします。自分に似合う色をどうやって見つければよいのでしょう? ファッションの秋。自分を素敵に見せるカラーを知って、ワンランク上のおしゃれを楽しみたいものです。


人気スタイリスト小山田早織さんが教える美人な着こなし【積読を崩す夜 #9】

人気スタイリスト小山田早織さんが教える美人な着こなし【積読を崩す夜 #9】

連載【積読を崩す夜】9回目は、『身の丈に合った服で美人になる』(著:小山田早織)をご紹介します。テレビ「ヒルナンデス!」や各ファッション誌で、日本中のおしゃれに悩む女性をスタイリングで救ってきたスタイリスト・小山田早織さん初のスタイルブックです。


79歳・日本のパリジェンヌがボン・シックなおしゃれを語る【積読を崩す夜 #8】

79歳・日本のパリジェンヌがボン・シックなおしゃれを語る【積読を崩す夜 #8】

連載【積読を崩す夜】8回目は、『パリが教えてくれたボン・シックな毎日』(著:弓・シャロー)をご紹介します。在仏51年、79歳のパリジェンヌが、センスある毎日の過ごし方を教えてくれます。


直観力を活かして人生を好転させる

直観力を活かして人生を好転させる

『直観力』はメンタリストとして多方面で活躍しているDaiGoさんの著書。なんとなくあやふやな「直観」も、メンタリストDaiGoさんの解説を読むと信頼できる判断材料のひとつなんだとわかります。今回は本のご紹介をしつつ、直観の活用法をご提案します。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい