Accidental Iconのリン・スレーターに学ぶ、歳を重ねるほど美しく輝き続ける秘訣

Accidental Iconのリン・スレーターに学ぶ、歳を重ねるほど美しく輝き続ける秘訣

「Accidental Icon(アクシデンタル・アイコン)」というファッションブログで一躍人気者になったリン・スレーター。63歳にしてインスタグラム(Instagram)「ID:iconaccidental」も始め、現代だからこそ、何歳になっても女性として輝けることを示している彼女から、私たちが学べることは――。


何歳になっても、美しく輝き続けたい。

そう願う女性は多いと思います。

でも、日々、仕事や家庭、趣味などいろいろなことに追われていると、そんな気持ちを忘れてしまいがち。

■「Accidental Icon」主宰のリン・スレーターが素敵

そんなあなたには、こんな素敵な女性をご紹介します。

彼女は63歳にして人気インスタグラマーとなった、リン・スレーター。
先日、彼女のことを海外のニュースサイトで見つけ、一気に興味がわいたのです。

私は、オードリー・ヘップバーンが好きなのですが、彼女もまた同じような雰囲気を纏っていると感じたのです。
知的で、好奇心に溢れていて、スタイリッシュで美しくて。
その理由が知りたくて、彼女のことを調べてみました。



大学教授でソーシャルワーカーの彼女は、ニューヨークでパパラッチにセレブと間違えられたことをきっかけに、自身のブログ「Accidental Icon(アクシデンタル・アイコン)」に自分のファッションを載せていきました。

彼女のファッションブログは、多くの読者を惹き付けています。
ニューヨークを歩く写真と共に「フェミニズムについて」や「いい友達といい香水の共通項」についての彼女の考えが綴られているのです。
20代のブロガーやインスタグラマーが多い中で、60代の彼女の独自の視点が多くの読者を魅了しているのですね。

彼女は「自分が20代の頃よりも選択肢が増えて自由に生きられる社会になった」と話しています。

「私が20代のときは、まだ女性の生き方や、様々なことに対するルールがとても多くあったと思うわ。たとえば、ほとんどの人が会社に就職すると、退職するまでずっと同じ会社で働いていた。今は、30歳になるまでに、5つの仕事を経験することもできるわ。テクノロジーのおかげで、在宅で仕事ができるようになったし、仕事の成果をコントロールするのは自分次第」

そんな彼女はきっと、同世代の誰よりも“現代"を受け入れている63歳かもしれません。

「アイデアでいっぱいの若い人たちから刺激を受けることは、自分のやり方に定着してしまった同年代の人といるよりも、ずっと私の生き方にインスピレーションを与えてくれるの」と。

「誰でもそうですが、自分が正しく、自分と違う人は正しくないという考え方に陥りがちです。歳を重ねれば、新しいことよりも今までのことが良いと言って、その新しさを受け入れない人も多くいます」

彼女は60歳にして今の時代のブログを学び、インスタグラムを学び、そこからたくさんのインスピレーションを受けた輝き続ける女性なのです。

そして彼女は、「自分らしく生きていると、自然と他人からもお洒落でエレガントに見られるのよ」と言うのです。

彼女は自分らしさを見つけるには、自分が見られたいイメージを5つ、ノートに書き出すことだと言います。真面目にお洒落、知的、ラブリー、そんな風に自分がなりたいイメージを書き出すのだそうです。

私は発信するにあたって、あたたかい、謙虚、誠実、知的、等身大。このようなキーワードを大切にするように心掛けています。


そして、その言葉を表す自分であるかを考えるのだそうす。その5つのイメージを自分なりに表現し、ありのままで自分らしく生きていれば、ブランドや高価なものとは関係なく、自然と他人の目にもお洒落で、エレガントに映るのです。


私も彼女と同じで、発信する中で多くのことを学び、自分らしさを見出したのだと思います。
発信するということは、予想以上に大きな意味があることで、常に他人のことを考え、自分の見え方を考えられることだと思うのです。こんな時代だからこそ、年齢に関係なく、自分らしい生き方が見つけられるのではないでしょうか。

■リン・スレーターから学べることはありましたか?

年齢を重ねるのは億劫と感じる方もいるでしょう。でも、リン・スレーターのように、年を重ねるにつれてますます素敵になっていく女性もいます。

リン・スレーターの凛としたカッコいい生き様から、私たちもエッセンスを取り入れてはいかがでしょうか。何歳になっても美しく輝き続けましょう。

この記事のライター

エッセイスト、作家。学業と並行して心理学の資格を取得し、ビジネス書作家の付き人として働く。そこで得た学びをもとに、2012年5月より「いい女になるための心に刺さるひと言」をテーマにTwitter内で作家活動を開始。1年間で2...

関連する投稿


「これだからおばさんは!」と煙たがられる、痛いインスタ投稿を考える

「これだからおばさんは!」と煙たがられる、痛いインスタ投稿を考える

「インスタにおばさんは入ってこないで!」と言われてしまうのではないかなぁ、と思わされるような痛い投稿を見て、モヤモヤすることってないですか? 私と同世代と思われる大人の、ちょっと気になるインスタの投稿について書いてみました。


インスタグラムで出会った、ハイセンスなブランドたち【猫川舐子】

インスタグラムで出会った、ハイセンスなブランドたち【猫川舐子】

インスタグラム(Instagram)をデジタルルックブックとして活用しています。おしゃれな人のアカウントをたどり、さらなるおしゃれな人を見つけ……というプロセスのなかで、ファッションやジュエリーブランドの新規開拓を楽しんでいます。これまでインスタグラムで見つけ、実際に購入したハイセンスなブランドをご紹介します。


おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

海外のおばあちゃん、いやマダムのファッションスナップや、それを集めた写真集が人気を集めています。彼女たちはおばあちゃん、ではない。では、おばあちゃんとマダム、それぞれのファッションの違いは何なのか。おばあちゃんの原宿、といわれる巣鴨とげぬき地蔵商店街へ足を運んで考えてみました。


素敵な年上女性との出会いが、人生を好転させるきっかけになる。

素敵な年上女性との出会いが、人生を好転させるきっかけになる。

あなたには年上の女友達がいるでしょうか? 素敵な年上の女性に出会うと未来に希望を抱くことができ、毎日を前向きに輝いて生きることができるようになります──。連載「人生が好転する気づきの美習慣第8回」では、年上の女友達を持つことの素晴らしさについてお話します。


#MartiniHolidayで「私らしいホリデーの過ごし方」を投稿すると 抽選で1組2名様がイタリア旅行ご招待 !

#MartiniHolidayで「私らしいホリデーの過ごし方」を投稿すると 抽選で1組2名様がイタリア旅行ご招待 !

イタリアン スパークリングワイン「マルティーニ」が、11月20日から、#MartiniHolidayキャンペーンを実施。インスタグラムに「私らしいホリデーの過ごし方」を投稿すると抽選で1組2名様にイタリア旅行をプレゼント!


最新の投稿


じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載がスタート。第1回目ではじゃこと九条ねぎをたっぷり使った、和風のリュスティックの作り方をご紹介します。


Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Lingerie+〈ランジェリープラス〉とは、2014年より開催されているランジェリーの合同トレード・ショー。ただのバイヤー向け展示会ではなく、OPEN SHOPPING DAYを設けた一般向けフェアの側面もあります。ランジェリー好きな方、未知のランジェリーブランドに出会いたい方は10月7日に会場に足を運んでみて。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

ジャケットがトレンドアウターの今秋。とくにダブルボタンジャケットは羽織るだけで旬な印象になり、1枚持っておくと便利です。1万円以下でリーズナブルに買える、ZARAのダブルボタンジャケット(正式な商品名は「ダブルブレザー」)を活用した3つのコーディネートをご紹介します。


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


おっぱい