1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ワークスタイル
  3. 30代正社員の転職は「伝え方」で決まる

30代正社員の転職は「伝え方」で決まる

Share

30代が正社員で転職するのは難しい? 転職に有利なのは30代前半までという「35歳転職限界説」、1度派遣社員になったら正社員になるのは難しい……転職に関するあるある話ですが、元採用責任者の私に言わせれば、どれも嘘。30代でも正社員で転職することは十分可能。でも、そのためには20代と同じことをしていてはダメなのです。

30代正社員の転職は「伝え方」で決まる

■30代正社員の転職では「自分のアピールポイントは何か」を探し尽くす

自分のアピールポイントを探しましょう。自分の良さを活かしましょう。

どこでも言われることですね。それは20代でも30代でも変わりません。

ただ、30代の女性が自分のアピールポイントを探すなら、それは「徹底的に」やる必要があると思います。

なぜなら、同じレベルのアピールポイントなら、余程スキルに差がない限り、企業は若くて伸びしろのある若手を採用したくなるものだからです。

では、どうやって自分のアピールポイントを探すのか? まず、自分が今まで積んできたキャリア、経験を棚卸しをしてください。

キャリアの棚卸しというと、単に今までやってきたことを書き出すだけ……と思う人が多いですが、そうではありません(それは棚卸しではなく、単にキャリアを並べただけ)。

キャリアの棚卸しとは、自分がやってきたことに意味づけをしていく作業です。

自分がやってきた仕事の中で、何が得意な仕事だったのか。どの仕事がやりがいがあって好きだったのか。

上司や同僚に評価された仕事はどんな仕事だったのか。逆にできたけど好きではなかったのはどんな仕事だったのか。苦手な仕事は何だったのか。

1つずつ丁寧に自分のキャリアや経験を振り返ってください。

これだけ丁寧に振り返りができるのは、ある程度経験を積んだ30代だからこそ。そして、ここで出てきたアピールポイントをどう相手(採用担当者)に伝えるのかを考える必要があるのです。

■職務経歴書に「数字」を入れなければ先に進めない

職務経歴書には具体的な数字を入れることも欠かせません。意外に思われるかもしれませんが、数字が入っていない書類はとても多いのです。

そして、数字が入っていない書類は、書類選考の段階でほぼふるいにかけられます。なぜなら、書いてあることの信憑性が薄いと判断されるからです。

◯◯をやりました。◯◯をして評価を得ました。

書いていることは、きっと本当のことなのだと思いますし、書いている本人は、頭の中に具体的なイメージがあるのだと思います。

でも、それを読むのは、あなたのことをまったく知らない相手(採用担当者)。評価されたと書かれていても、どの程度の評価なのかまったくわかりませんし、やりましたと書かれていても、何をどれくらいやったのかがわからないのです。

そして、何十枚、何百枚もの応募書類を見てジャッジしなければいけない採用担当者は、最初から1枚ずつをじっくり見るわけではありません。すべての書類にざっと目を通して、めぼしいものだけ入念に読み込むのです。

そう、最初の段階で「おっ!」と思わせなければ、その先に進めないということですね。ということは、いちいち、採用担当者に「これはどういう意味かな?」「これはどれくらいできるのかな?」と疑問を持たせるようではダメだということ。

そのためにも、数字や根拠は必ず入れることが必要なのです。

■自分を採用したときのメリットを具体的に伝える

御社でがんばります。御社で◯◯を勉強して、役に立ちたいと思います。

残念ながら、30代でこういう自己PRをする方は、正社員で採用されることは難しいと思ったほうがいいです。一方で、この手の自己PRはとても多いのも事実。

この自己PRが通用するのは、20代まで。20代は、アピールできるだけの経験がまだないので、やる気とポテンシャルで採用されることも多いです。

でも、30代は違います。自分が何ができて、それが新しい会社でどう役立つのか、自分が入社することで、会社にどんなメリットを与えられるのかを伝える必要があるのです。

でも、自分が成長したい、新しいスキルを身につけたい、そういう気持ちで転職することもありますよね。そんなときはどうしたらいいか。

勉強したい、スキルを身につけたい、という思いを隠す必要はありません。素直に伝えて良いし、むしろ伝えてください。

■30代正社員の転職は難しい、と諦めないで!

ただ、そこにプラスαすることです。今まで、◯◯という経験を積んで△△という成果を出してきました。さらに御社で□□というスキルを積むことで、今までの経験との相乗効果で××という貢献ができると考えています。

この伝え方なら、相手もなるほどと思いますよね。やる気をアピールすることは20代でも30代でも大事。でも、30代ならやる気にプラスして、相手にとってのメリットを伝えないとダメなのです。

もちろんこれだけで、すべての転職がうまくいくわけではありません。転職は求職者と会社との「縁」なので、タイミングなどの問題も、もちろんかかわってきます。

一番ダメなのは、「30代の女性が正社員で転職するのは難しいんだ」と諦めてしまうこと。諦めてしまったら、そこから先はありません。

30代でも、正社員での転職はできます(私が最後の会社に転職したのは39歳のときです)。自分自身を信じてあげながら、この3つを意識して転職活動に取り組んでみてください。

Share

古賀 ちぐさ

Liberty Woman代表。2 級キャリア・コンサルティング技能士 。人事責任者また管理職として、述べ1000名以上の採用面接、100名以上の面談実績を持つ。現在は、人事管理職の経験を活かし、女性が自分らしい働き方をする...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article