クラフトビールに続く大ブーム。ポートランドの「ハード・サイダー・バー」

クラフトビールに続く大ブーム。ポートランドの「ハード・サイダー・バー」

日本でも人気上昇中のりんごのお酒「ハードサイダー」。ポートランドに来たら酒好きのあなたにはぜひ立ち寄っていただきたい、おすすめのサイダー・バー「ポートランド・サイダー・ハウス」をご紹介します。


■ポートランドは「サイダー天国」でもあったのだ!

私が住むオレゴン州ポートランドは、クラフトビールの醸造所がやたら多い「ビール天国」。最近は、ハードサイダーブーム到来により「サイダー天国」の愛称も加わっています。

「ハードサイダー」とは、要するにリンゴのお酒。「シードル」と聞くと、ピンとくる方もいるかもしれません。「子どものお酒よね」なんて思った方もいたりして。でも、凝り性の職人が多いポートランドのサイダーは、一味違うのです!


今回は、舌の肥えた皆さんも、きっとお気に召すポートランドの人気サイダー店「ポートランド・サイダー・ハウス」をご紹介します。

■ ポートランド・サイダー・ハウス訪問

「ポートランド・サイダー・ハウス」があるのは、古着屋を始め、個性的なショップの多いホーソン地区。サイダーを作っている「ポートランド・サイダー・カンパニー」と同じ大きなりんごのロゴが目印です。

このタップハウスの特徴は、何と言っても常時28種類のサイダーをタップ(生)で提供していること。地元のりんごを使って、丁寧に少しずつ造られた「ポートランド・サイダー・カンパニー」自慢のサイダーはもちろん、「ゲスト」と呼ばれる近隣の醸造所でつくられたサイダーも提供。

これだけあれば、飲み比べの途中に酔いも回ってくるという……大変楽しいお店です。

■ まずは、強いやつを……

カウンターの奥にずらりと並ぶタップハンドルも気になりますが、まず目に止まったのは、カウンター上に置かれた樽と酔っ払った雄鶏のイラスト。アルコール度数13%、樽熟成のサイダー「クルックド・コック・スクランピー(crooked cock scrumpy)」です。

「スクランピー」とは、アルコール度数7%以上のストロング・サイダーのこと。ちなみに、名前の方は俗語がかかっています。別の意味が気になる方は、夜、こっそりと、英語で検索してみてくださいませ。

さて、味の方。樽熟成だけあって、ウィスキーのような香りのするドライなものです。日本酒よりも度数は弱いのにお酒を飲んでいる満足感があって、チビチビ飲むにも良い感じですよ。

■ 続いては、お店の人気商品を5つ試飲

たくさんの地酒オプションがあるお店に来ると、特に初めての場合、いろいろ試したくなるのが人情ですよね? そこでお勧めしたいのが、好きなサイダーを5種類選んで、少しずつ楽しめる「フライト(Flight)」($7)です。

スタッフのコディさんが、これが人気商品! と選んでくれたのが、写真の5点。中でも最近一番人気だというのが、「#4パッションフルーツ」と「#7サングリア」の2種類。

青リンゴをベースにした「#4パッションフルーツ」は、トロピカルな香りと爽やかな酸味が特徴。

「#7サングリア」は、サイダーに、オレンジ、イチゴ、洋ナシ、パッションフルーツ、エルダーベリー、ライムをミックスしたもの。「大人のためのフルーツパンチ」だそうで、女性に人気、と分類されがちな、甘めで飲みやすいやつです。

ちなみに、私がこの中で一番好きだったのは、「#1カインダ・ドライ(Kinda Dry)」。一番ベーシックなサイダーでした。

■ さらにもう1ラウンド

調子付いてきたところで、さらにもう5種類行ってみます。

私のオススメは、「ホップレイジャス(Hop'rageous)」という、ビールで知られるドライホップを使ったもの。付き合ってくれた女友達は、「ベリードライ(Berry Dry)」を気に入っていました。

これは、オレゴンのボイズンベリーと桃を加えて発酵させたサイダーと通常のサイダーを合わせて6ヶ月以上熟成させて作るホーソン店限定品だそうです。「サワービールのような味」とのことですが、酸味の効いたドライで美味しいサイダーです。

他にも、「飲んでみる?」とサービスしてもらったコーヒー風味のサイダーもありました。また、生姜入り、ジンの香り付けに使うジュニーパーベリー入り、地元のクランベリー入り、ルイボス・チャイ入りなど、いろいろな風味のものがあります。


これだけあれば、きっと好みのものが見つかるはず。ポートランドに来たら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

■ お店情報

ポートランド・サイダー・ハウス(Portland Cider House)
住所:3638 SE Hawthorne Blvd, Portland, OR 97214
電話番号:(503) 206-6283
営業時間:日曜から木曜 11am - 10pm、金土11am-0am
(21歳以下の未成年者は、夕方5時まで入店可能)
サイト: https://www.portlandcider.com/pdxciderhouse/

この記事のライター

フリーライター。アメリカで出会ったブラジル人の夫と、リオデジャネイロ、レシフェ、東京、サンパウロを経て、2014年末よりポートランドへ移住。現在は、フリーライターとして現地情報を日本メディアに提供。得意分野は、カルチャー、ラ...

関連するキーワード


海外旅行 ポートランド

関連する投稿


「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・後編

「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・後編

安藤美冬さんによるニューカレドニア旅行記・後編をお届けします。ホテル「ル メリディアン イルデパン」や「Sheraton Deva」に宿泊し、ニューカレドニアの観光や食、リゾートアクティビティを味わい尽くす旅の後半は――。


【母だってひとり旅#2】あなたをプリンセス気分にしてくれる南スペインの古城ホテル

【母だってひとり旅#2】あなたをプリンセス気分にしてくれる南スペインの古城ホテル

お母さんのひとり旅を応援する「母だってひとり旅」。ここでは、大のひとり旅好きの著者が、女性のひとり旅におすすめの場所をご紹介していきます。今回紹介するのは、南スペインにある古城ホテル。小高い丘の上に立つ、海を一望できるお城のホテルで、誰の目も気にせずお姫様気分を味わってみませんか?


ミラネーゼが愛するフラワーフェスティバル~ミラノ通信 #10

ミラネーゼが愛するフラワーフェスティバル~ミラノ通信 #10

初夏を感じるイタリアの5月。ミラノでは恒例のフラワーフェステバルが開催されます。花々や植木、ガーデニング用品だけでなく、レストランや美容イベントまで開催されるこのイベントは今年もたくさんの人で賑わいを見せました。ミラノ在住の河見恵子さんがレポートします。


「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・前編

「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・前編

安藤美冬さんによるニューカレドニア旅行記・前編をお届けします。ホテル「ル メリディアン ヌメア」に宿泊し、ニューカレドニアの観光や食、リゾートアクティビティを味わい尽くす旅へ――。


フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスで歴史あるブルゴーニュワインのドメーヌ「シモン・ビーズ」の5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さん。彼女がその重責を担うまでに至った経緯と現在をパリ在住でブルゴーニュワイン専門店を夫婦で営む近藤さんがレポートします。


最新の投稿


新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断(NIPT)を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスク、他の診断方法(羊水染色体検査や絨毛染色体検査など)との違いなどを山中智哉医師が解説します。


普段使いにも◎ 品格あふれるミキモトのパールネックレス

普段使いにも◎ 品格あふれるミキモトのパールネックレス

ミキモトのパールネックレスといえば「一生モノ」の代名詞。そのジュエリーは、長い歴史に裏打ちされた技術と志があるからこそ、色褪せることなく未来に向かって輝き続けるのかもしれません。愛おしさすら感じる素敵な雑貨をセレクトして紹介する連載「愛しい雑貨」2回目では、そんなミキモトのパールネックレスを取り上げます。


【7月29日(土)開催】能楽堂で自分と向き合う癒しの時間を。能楽カフェ・体感する能『黒塚』の参加者募集!

【7月29日(土)開催】能楽堂で自分と向き合う癒しの時間を。能楽カフェ・体感する能『黒塚』の参加者募集!

約650年の歴史を誇る日本の伝統芸能、能楽。最近、能楽が女性の間でブームになっています。とはいえ「能は観たことがないし……」と敷居が高いと感じている人も多いのでは? そんな方には、7月29日(土)に行われるイベント「能楽カフェ×体感する能『黒塚』」がおすすめ。DRESS限定、終演後の能舞台ツアーも開催!


結婚はロマンスの続きではなく安全保障⁉ -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #4

結婚はロマンスの続きではなく安全保障⁉ -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #4

私は「結婚が怖い」と回避して回避して30代になった。そんな私が、内田樹先生の『困難な結婚』と出会い……ちょっと結婚に対する意識が前向きに変わったので、紹介させてください。


狂言2曲+解説で2000円とおトク。毎月第2日曜は「横浜狂言堂」がおすすめ

狂言2曲+解説で2000円とおトク。毎月第2日曜は「横浜狂言堂」がおすすめ

初めて能楽堂へ訪れる方へおすすめなのが、横浜能楽堂で定期開催している「横浜狂言堂」。狂言の世界へはじめの一歩を踏み出してみませんか? 通常、狂言は能とあわせて演じられますが、横浜狂言堂では狂言だけをピックアップし、1回の公演で2曲楽しめるのが魅力。直近では6月11日に開催されます。