1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 9歳年下彼氏との恋愛、不安が消えて、楽しめるようになった理由

9歳年下彼氏との恋愛、不安が消えて、楽しめるようになった理由

Share

年下彼氏、といっても9歳も年下の彼氏と付き合っている、アラフォーの私。4歳上の元夫と別れ、最初に恋に落ちた相手が、ずいぶん年下の男性だった。最初はこんなに年下であることに不安もあったけれど、2年間一緒にいて、しっくりくる関係になった今、年下男性×年上女性の恋愛を楽しむ方法を綴ってみたい。

9歳年下彼氏との恋愛、不安が消えて、楽しめるようになった理由

■9歳年下の男性に、離婚して最初に恋に落ちた

私の彼は、9歳年下の30歳。ひょんなことから知り合ったときは、まさか付き合うことになるなんて夢にも思わなかった。

音楽の趣味や食べ物の好みが似ていて、そしてずいぶんと話が合う。だけど9歳も年が離れた男性だった。

ただ、知り合ってから時折、そしていつしか毎日のようにLINEで言葉を交わしていくうちに、どんどんと彼に惹かれていった。そして何度目かの飲みの後、魔がさしたように身体を合わせて、それから定期的に会うようになった。

離婚後、初めての「恋愛」だった。だけど9歳も年下の男性を好きになるなんて、と心にはいつも葛藤と不安があった。

■年下彼氏との恋愛は不安でつらいことも

しばらく曖昧な関係が続いた後、いつしか週末はいつも一緒に過ごすようになった。そしてある出来事を境に「ちゃんと付き合う」ことになった。

ただ、いざ「ちゃんと付き合う」となっても、それは今までの「ちゃんと付き合う」とずいぶん違うように感じた。

会っているときは、ああこの人を好きだ、この人とずっと一緒にいたい、と思う。だけど、じゃあまた来週、と別れた瞬間から、なんともいえない「不安」が波のように押し寄せる。

やっぱり彼とは別れて、年の近い、別の誰かを探しした方がという思いが、絶えず胸をよぎる。

だって彼と一緒にいると、自分の年齢をものすごく意識してしまうから。ただでさえ女性にとって気が重い「年をとる」が、彼のせいで増幅されているように感じる。だから不安になる。

必死でエステに通った。服も一新して、ネイルもこまめにお直しして、フィットネスも欠かさなかった。

「女性でいること」をがんばるようになった。だけど所詮、私はアラフォー、なのだ。そして彼の周りにいる女性というのは、私よりずいぶん若いのだ。

少しでも連絡がとれないときがあると、別の女性、もっと彼の年齢に近い人と一緒にいるんじゃないか、と不安になった。ただの飲み会だよ――そう言われても、どんな人がその場所にいるのか、とても気になった。

そして何より、アラフォーにもなって、こんな不安でしょうがない恋愛をしてるのが嫌だった。

■だけど「恋愛」ってそんなものだ

ところがある日、小さなケンカの後、彼へ「私なんて所詮、次の彼女ができるまでのつなぎなんじゃないか」的な不安をぶちまけているときに気づいた。

ああ、私、このセリフを昔も言ったことがある。高校生のときに付き合っていた2歳上の元彼にも、そんな捨て台詞を吐いたことがあった。

そして、過去の恋愛の記憶を辿っていった。結論、どんな恋愛にも「不満」と「不安」がつきものだったのを思い出した。

年下彼氏と上手くいくコツ、それは恋愛に付き物の不満や不満を「年下」のせいにしないことなんじゃないだろうか。

――若い女の子と浮気するんじゃないか?

年上の男性と付き合おうが、浮気をする人は、する。

――カルチャーギャップがある?

同年代だから話が合うトピックなんて、そんなに、ない。

目の前の年下彼氏も、いつか私ではない、別の誰かに心惹かれる日がくるかもしれない。だけどそれは年下彼氏と年上のアラフォー彼女の組み合わせだからじゃない。

恋愛ってそもそもそういうものなのだ。

■恋人がいる、という幸せ

今となっては、私は「不安」と「不満」をためていたのが嘘のように、年下彼氏との時間を楽しめるようになった。状況は付き合い始めた頃と何ひとつ変わりはない。

アラフォーの私と9歳も年下の彼。だけど、音楽の趣味や食べ物の好みが似ていて、そしてずいぶんと話が合う。

毎日他愛もない話をLINEでする。休日になる度に、映画を観たり、美味しいものを食べにいったりする。一緒に夕食を作って、一緒に食べて、お互いを愛おしむようなセックスをする。

1年後も2年後も彼と一緒にいるのか、は正直わからない。だけど、少なくとも今この瞬間は、誰よりも尊敬できて、誰よりも気がおけない、最高の恋人だ。

かわいい年下彼氏との「恋愛」と「結婚」。年下男子はこう攻める

https://p-dress.jp/pages/shitakare

かわいい年下彼氏との恋愛。自分が年上ということもあって、うまくアプローチができなかったり、付き合ったとしても常に不安を感じてしまったりすることがありますよね。ここでは、そんな年下男子との恋愛事情を体験談も交えてご紹介していきます。

2017年1月31日公開
2019年5月15日更新
※記事中の数字や状況は公開当時のものです。

Share

makicoo

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、妊娠出産を契機に40歳で再婚。各種WEBメディア...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article