【部員さん募集】DRESSプロレス部、発足! プロレス観戦を楽しもう

【部員さん募集】DRESSプロレス部、発足! プロレス観戦を楽しもう

DRESSプロレス部が1月より発足しました。プ女子(女性のプロレスファン)が増えている昨今、プロレス観戦に興味のある女性もいるのでは? 観戦歴40年を超える、超プ女子な部長とプロレス観戦を楽しみ、プロレスで人生を楽しくしてみませんか?


「プ女子」と呼ばれる女性のプロレスファンが、近年増えています。試合会場に足を運んでみると、女性客が3〜4割以上を占めていることも、珍しくありません。

しかも、年代もさまざま。DRESS世代の女性たちもけっこうな割合で来ています。

ひとりでじっくり試合を味わう派、観戦仲間と声を出して応援する派、一眼レフを構えてとっておきの一瞬を激写する派……楽しみ方は人それぞれ。

プロレスの魅力は、なんといっても「非日常感」を体感できること。普通に生活していると出会わないような、鍛え上げた強靭な肉体を持つプロレスラーが、驚異的な身体能力を活かし、迫力のある戦いを繰り広げます。会場に響き渡る「音」もすごいんです。

でも、そういった王道ともいえるプロレスだけではなく、様々なタイプのプロレスラーが、十人十色ともいえる戦い方で、観るものの心を揺さぶってくれるのも、プロレスの醍醐味のひとつでしょう。

プ女子からのプロレスの魅力に関する説明は、ここまでにとどめておきます。熱くなりすぎるので、プロレスコンテンツはまた別の機会に。

本記事では「DRESSプロレス部」が発足したことをお伝えしていきます!

DRESSプロレス部を起ち上げようと思ったきっかけは、DRESS編集長・池田がプロレスにハマったから(観戦歴8ヶ月)。そのなかで、まだプロレスになじみのない女性が観ても、プロレスは確実に楽しめるもので、人生の役に立つと感じたから。

そこで、DRESSプロレス部 部長として指名させていただいたのが、井上野乃花(いのうえ ののか)さんです。井上さんがプロレス観戦を始めたのは8歳(!)のとき。

今年でプロレスファン歴46年。「人生のすべてはプロレスから教わったと思っています」と語ります。

プロレスには、総合芸術的な要素もあります。試合を観ていくと、選手の生き様が見えてきて、そのなかで、自分の内側と対話できたり、何かしら体感できたりするはずです。

そんな井上さんに、12月7日におこなわれたDRESS部活のイベント内で、DRESSプロレス部発足発表挨拶をしてもらいました。

さらにこの日は、プロレス団体・DDTプロレスリングに所属するHARASHIMA選手と大石真翔選手のおふたりを、特別ゲストとしてお呼びしました。

右から井上野乃花 部長、大石真翔選手、HARASHIMA選手、池田園子(部長補佐)。

入場曲と共に会場前方へ登場したときは、コスチュームの上にTシャツを着用していたおふたり。

でも、プロレスラーの素敵な体を披露していただきたい! ということで、脱いでマッチョな体を見せていただくことに。

両選手の試合映像を流したり、プロレスビギナーにもわかるよう、プロレスやプ女子に関するお話を聞いたり、参加者と交流したりと、当日は盛りだくさんな内容。

プロレスラーを初めて見る女性たちも多く、カッコいい両選手は大人気! 熱気あふれる会場でした。

「プロレス観戦をすることで、毎日が楽しくなったり、好きな選手や互いのプロレス観を話したり、部の活動を通して、互いの化学反応が起こるといいなぁと思います」と語る井上部長。

今後、DRESSプロレス部では、プロレス観戦ツアーやプロレスラー/プロレス関係者との交流イベント、プロレス技体験イベント、プロレスと人生を重ね合わせる対話会など、いろいろなイベントを企画していきます。

プロレスを観にいきたい方、プロレス観戦を通じて日々を楽しみたい方は、ぜひDRESSプロレス部にご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら
すでに会員登録がお済みの方はこちら

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


「逃げたら負けだから、立ち上がる」プロレスラー・野村直矢に見る心の強さ

「逃げたら負けだから、立ち上がる」プロレスラー・野村直矢に見る心の強さ

野村直矢さんは、全日本プロレスに所属するプロレスラー。1993年生まれの23歳。デビュー3年半の若手ながら、がむしゃらな負けん気の強いファイトスタイルで、見る者を魅了しています。DRESSプロレス部 部長補佐の池田が注目する若手選手のひとりでもあります。野村選手のインタビューをお届けします。


スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#2「モンブラン」

スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#2「モンブラン」

真壁刀義さんは新日本プロレス所属のプロレスラーで、「スイーツ真壁」としても活動するスイーツの識者。そんな真壁さんの連載【スイーツ真壁の手土産はこれなッ!】では、季節に合ったおすすめのスイーツ手土産を、毎月ひとつ取り上げていただきます。


第3回DRESSビール部「ビアガーデンでエイサーライブ」開催レポート

第3回DRESSビール部「ビアガーデンでエイサーライブ」開催レポート

9月30日(土)に行われた、第3回となるDRESSビール部イベント「ビアガーデンでエイサーライブ」。ビアガーデンで明るいうちから飲むお酒に、キレッキレのエイサー。「美しくなれるビアガーデン」で、ひと時の納涼会となりました。今回はその様子をお伝えします


スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#1「横濱ハーバー ダブルマロン」

スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#1「横濱ハーバー ダブルマロン」

真壁刀義さんは新日本プロレス所属のプロレスラー。スイーツが大好物で、日々さまざまなスイーツを食す「スイーツ真壁」としても知られています。スイーツの識者ともいえる真壁さんに、季節に合ったおすすめのスイーツ手土産を、毎月ひとつ取り上げていただきます。


女たちが覚悟を決めて10年守ってきたプロレスを観て思うこと - プロレスリングWAVE大会観戦レポート

女たちが覚悟を決めて10年守ってきたプロレスを観て思うこと - プロレスリングWAVE大会観戦レポート

DRESSプロレス部の活動記録です。8月12日に開催されたプロレスリングWAVE旗揚げ10周年記念大会『CARNIVAL WAVE~NEVER ENDING 大田区STORY~』の観戦レポートをお届けします。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい