ランジェリーのことならなんでもわかる!  フランス女性に学ぶ、大人のランジェリーのすべてを大公開!

ランジェリーのことならなんでもわかる! フランス女性に学ぶ、大人のランジェリーのすべてを大公開!

『人生を美しく生きる女は、 服の下から美しい フランス女性に学ぶ大人のランジェリーのすべて』が 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンより発売。 フレンチランジェリーブティックを回るツアーを行う著者が、 20年間に及ぶランジェリーと女性の生き方に関する知恵が満載!


ランジェリーのことならなんでもわかる!

この本では、 ブラとパンティの歴史から、 素材の話、 機能の話、 ぴったりフィットするブラの選び方やガーターベルトのつけ方、 ランジェリーの体型別着こなしかたのようなテクニック、 そして、 アートとしてのランジェリーの楽しみ方、 さらには、 ランジェリーを通じて、 外見の美しさとランジェリーのさらにその内側の自分自身に対する自信をも手に入れる方法を紹介。 おもにアメリカ女性を対象にフレンチランジェリーブティックを回るツアーを行う著者が、 20年間に及ぶランジェリーと女性の生き方に関する知恵を丁寧に、 ウィットに富んだ文章で披露しています。

まさに「ランジェリー大全」とも呼ぶべき貴重な一冊です。 読者の、 どんな場所でもどんなときでもセンシュアルで、 自信を持っていられるランジェリーのワードローブづくりを実現します。

つけ心地満点で、 きれいな「谷間」のできるブラを探せ!

試着したブラが思ったほど似合わなかったとしたら、 それはあなたのせいではなく、 ブラのせいです。
フランス語に、 「decollete(デコルテ) de(ド) reve(レーヴ)」というステキな婉曲表現があります。 「夢のデコルテ」、 「美しい胸元」、 つまり「谷間」のこと。  あなたがブラをつけて、 「夢のデコルテ」を最後に見たのはいつでした?

パリに来る前、 ブラを買うのはいつも憂鬱でした。 試着するのに、 服を脱がないといけないし、 脱いだ姿を店員さんに見られて、 さらには触られるし。 いいなと思ったブラがあっても、 どこかしっくりこない。 でも、 どこが合わないのかがわからない。 本当は、 ちょっとセクシーな赤いレースのブラを試してみたいと思っても、 店員さんに職業を疑われそうで、 はずかしくて、 結局いつものベージュのシンプルなブラを買って……おしまい。

ワードローブの中で、 ブラほどわたしたち自身に影響力を持つものはありません。 姿勢や気分に影響するし、 着ている服の形にも影響する。 でも、 わたしたちが、 自分が選んだブラに満足することはめったにありません。 いつもどこか不満。 でも、 あきらめてしまう。 これが洋服や靴だったら、 どこかがきつかったり、 ゆるかったり、 太って見えたりするのは、 洋服や靴のせいだと思えるのに、 ブラの場合はなぜか、 きれいに谷間ができないのは、 自分のせい、 自分のボディのせいだと、 なぜか惨めな気持ちになってしまう……。

でも、 それは、 本当にぴったりのブラの選び方を知らないからなのです。 試着したブラが思ったほど似合わなかったとしたら、 それはあなたのせいではなく、 ブラのせいです。

ブラ選びに知っておきたいパーツのこと

ブラは、 10から40のパーツから成る見事な技術品です。 そのパーツを組み立てて、 着ける女性が自分のボディにうっとりしてしまうようなブラにするのが、 デザイナーの腕の見せどころ。

まずは、 ブラがどんなパーツから成り、 各パーツがどんな働きをするかを理解することが、 上手なブラ選びへの第一歩となります。

(「レッスン5 ブラの構造を知る」より抜粋)

目次

レッスン1 ようこそ、 五感と感性の世界へ
レッスン2 日常を大切に
レッスン3 セクシャルよりもセンシャル
レッスン4 フレンチランジェリーの歴史
レッスン5 ブラの構造を知る
レッスン6 感触の違いを知る
レッスン7 ディテールの魅力
レッスン8 自分のシルエットを知る
レッスン9 欠点をカモフラージュする
レッスン10 自分にぴったりのブラを見つける
レッスン11 パンティのすべて
レッスン12 ガーターベルト&ストッキングに挑戦
レッスン13 夢のないアイテム
レッスン14 エモーションとセンシュアリティ
レッスン15 ランジェリーノートを作る
レッスン16 ランジェリーの引き出しを整理する
レッスン17 秘密の花園

著者プロフィール

キャスリン・ケンプ・グリフィン(KATHRYN KEMP-GRIFFIN)
ジャーナリスト、 企業家。 カナダ生まれ。 1990年からパリに住み、 ランジェリー業界で仕事をしている。 ランジェリー関連アイテムと美容製品を扱う会社「ソイエル(Soyelle)」を設立。 その後、 パリのランジェリーブティックめぐり「パリ・ランジェリー・ツアー(Paris Lingerie Tours)」を開催して、 女性たちがランジェリーの夢をかなえるのを手助けしている。 2009年には、 乳がんの女性の支援し、 乳がん教育に取り組む慈善団体「ピンク・ブラ・バザー(Pink Bra Bazaar)」を創設した。 現在では、 かつては製粉所として使われていたパリ郊外の水車小屋で、 夫と5人の子どもたち、 ペットたちとともに暮らしている。

タイトル:『人生を美しく生きる女は、 服の下から美しい フランス女性に学ぶ大人のランジェリーのすべて』 定価:1,728円(税込)
発売日:2016.12.22
判型:A5変型判・ソフトカバー/262ページ
ISBN:978-4-7993-2012-9
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


AMPHI×ピカ子さんのコラボランジェリーが美しい

AMPHI×ピカ子さんのコラボランジェリーが美しい

メイクアップアーティストのピカ子さん×AMPHIが、メイクとランジェリーの融合をテーマにしたコラボランジェリーを4月1日に発売。


「半農半X」という生き方は実現できる?リアルな体験記を読んでみた

「半農半X」という生き方は実現できる?リアルな体験記を読んでみた

半農半Xという生き方が注目を集めています。半農半Xのライフスタイルを描いたコミックエッセイ『田んぼ、はじめました。』は、半農半Xを実戦したい人はもちろん、農業に多少なりとも興味のある人にとって、とても面白い1冊となっているのでご紹介します。


幸せってなんだっけ?シンプルなことこそ贅沢で、幸せにつながっている

幸せってなんだっけ?シンプルなことこそ贅沢で、幸せにつながっている

幸せってなんだっけ? 日々忙しく動き回っていると、ふと立ち止まることもありますよね。そんなときに、手にとってほしい本『幸せってなんだっけ?世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年』をご紹介します。


クローゼットをシンプル化して、美しく暮らす3つの方法

クローゼットをシンプル化して、美しく暮らす3つの方法

服でいっぱいのクローゼット、開けると気が滅入りませんか? 理想はシンプルな、お気に入り服しか入っていない、美しいクローゼットではないでしょうか。『少ない予算で、毎日、心地よく美しく暮らす36の知恵』から、クローゼットをシンプルにして、美しく暮らす方法を3つご紹介します。


究極の食欲コントロール術を知って「太れない体」になる

究極の食欲コントロール術を知って「太れない体」になる

食欲をコントロールできない……お悩みの方もいるのでは。でも、食欲をコントロールする術を身につければ、むしろ「太れない体」になるんです。「本当の味わい方」を知って、きれいにやせるアイデアをまとめた本を紹介します。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。