ランジェリーのことならなんでもわかる!  フランス女性に学ぶ、大人のランジェリーのすべてを大公開!

ランジェリーのことならなんでもわかる! フランス女性に学ぶ、大人のランジェリーのすべてを大公開!

『人生を美しく生きる女は、 服の下から美しい フランス女性に学ぶ大人のランジェリーのすべて』が 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンより発売。 フレンチランジェリーブティックを回るツアーを行う著者が、 20年間に及ぶランジェリーと女性の生き方に関する知恵が満載!


ランジェリーのことならなんでもわかる!

この本では、 ブラとパンティの歴史から、 素材の話、 機能の話、 ぴったりフィットするブラの選び方やガーターベルトのつけ方、 ランジェリーの体型別着こなしかたのようなテクニック、 そして、 アートとしてのランジェリーの楽しみ方、 さらには、 ランジェリーを通じて、 外見の美しさとランジェリーのさらにその内側の自分自身に対する自信をも手に入れる方法を紹介。 おもにアメリカ女性を対象にフレンチランジェリーブティックを回るツアーを行う著者が、 20年間に及ぶランジェリーと女性の生き方に関する知恵を丁寧に、 ウィットに富んだ文章で披露しています。

まさに「ランジェリー大全」とも呼ぶべき貴重な一冊です。 読者の、 どんな場所でもどんなときでもセンシュアルで、 自信を持っていられるランジェリーのワードローブづくりを実現します。

つけ心地満点で、 きれいな「谷間」のできるブラを探せ!

試着したブラが思ったほど似合わなかったとしたら、 それはあなたのせいではなく、 ブラのせいです。
フランス語に、 「decollete(デコルテ) de(ド) reve(レーヴ)」というステキな婉曲表現があります。 「夢のデコルテ」、 「美しい胸元」、 つまり「谷間」のこと。  あなたがブラをつけて、 「夢のデコルテ」を最後に見たのはいつでした?

パリに来る前、 ブラを買うのはいつも憂鬱でした。 試着するのに、 服を脱がないといけないし、 脱いだ姿を店員さんに見られて、 さらには触られるし。 いいなと思ったブラがあっても、 どこかしっくりこない。 でも、 どこが合わないのかがわからない。 本当は、 ちょっとセクシーな赤いレースのブラを試してみたいと思っても、 店員さんに職業を疑われそうで、 はずかしくて、 結局いつものベージュのシンプルなブラを買って……おしまい。

ワードローブの中で、 ブラほどわたしたち自身に影響力を持つものはありません。 姿勢や気分に影響するし、 着ている服の形にも影響する。 でも、 わたしたちが、 自分が選んだブラに満足することはめったにありません。 いつもどこか不満。 でも、 あきらめてしまう。 これが洋服や靴だったら、 どこかがきつかったり、 ゆるかったり、 太って見えたりするのは、 洋服や靴のせいだと思えるのに、 ブラの場合はなぜか、 きれいに谷間ができないのは、 自分のせい、 自分のボディのせいだと、 なぜか惨めな気持ちになってしまう……。

でも、 それは、 本当にぴったりのブラの選び方を知らないからなのです。 試着したブラが思ったほど似合わなかったとしたら、 それはあなたのせいではなく、 ブラのせいです。

ブラ選びに知っておきたいパーツのこと

ブラは、 10から40のパーツから成る見事な技術品です。 そのパーツを組み立てて、 着ける女性が自分のボディにうっとりしてしまうようなブラにするのが、 デザイナーの腕の見せどころ。

まずは、 ブラがどんなパーツから成り、 各パーツがどんな働きをするかを理解することが、 上手なブラ選びへの第一歩となります。

(「レッスン5 ブラの構造を知る」より抜粋)

目次

レッスン1 ようこそ、 五感と感性の世界へ
レッスン2 日常を大切に
レッスン3 セクシャルよりもセンシャル
レッスン4 フレンチランジェリーの歴史
レッスン5 ブラの構造を知る
レッスン6 感触の違いを知る
レッスン7 ディテールの魅力
レッスン8 自分のシルエットを知る
レッスン9 欠点をカモフラージュする
レッスン10 自分にぴったりのブラを見つける
レッスン11 パンティのすべて
レッスン12 ガーターベルト&ストッキングに挑戦
レッスン13 夢のないアイテム
レッスン14 エモーションとセンシュアリティ
レッスン15 ランジェリーノートを作る
レッスン16 ランジェリーの引き出しを整理する
レッスン17 秘密の花園

著者プロフィール

キャスリン・ケンプ・グリフィン(KATHRYN KEMP-GRIFFIN)
ジャーナリスト、 企業家。 カナダ生まれ。 1990年からパリに住み、 ランジェリー業界で仕事をしている。 ランジェリー関連アイテムと美容製品を扱う会社「ソイエル(Soyelle)」を設立。 その後、 パリのランジェリーブティックめぐり「パリ・ランジェリー・ツアー(Paris Lingerie Tours)」を開催して、 女性たちがランジェリーの夢をかなえるのを手助けしている。 2009年には、 乳がんの女性の支援し、 乳がん教育に取り組む慈善団体「ピンク・ブラ・バザー(Pink Bra Bazaar)」を創設した。 現在では、 かつては製粉所として使われていたパリ郊外の水車小屋で、 夫と5人の子どもたち、 ペットたちとともに暮らしている。

タイトル:『人生を美しく生きる女は、 服の下から美しい フランス女性に学ぶ大人のランジェリーのすべて』 定価:1,728円(税込)
発売日:2016.12.22
判型:A5変型判・ソフトカバー/262ページ
ISBN:978-4-7993-2012-9
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


SALON by PEACH JOHNの秋ランジェリーは「ヴィンテージエレガンス」がテーマ

SALON by PEACH JOHNの秋ランジェリーは「ヴィンテージエレガンス」がテーマ

良いものを知り、妥協しない世代へ贈るプレミアムブランド SALON by PEACH JOHN。ファッションや暮らしに上質を求める世代に向けて発信するプレミアムブランドです。ルックスの美しさはもちろん、肌に触れたときの質感や着心地を追求したランジェリーやルームウエアなど、大人の感性に響くラインナップしています。


金融業界の大物たちの素顔に迫った『世界最強人脈の知られざる裏側 スーパーハブ』

金融業界の大物たちの素顔に迫った『世界最強人脈の知られざる裏側 スーパーハブ』

弁護士であり、金融業界のコンサルタントでもあるサンドラ・ナビティが知りえた世界の金融業界のトップたち。女性ならではの細やかな視線で、世界経済を動かす彼ら=スーパーハブの実像に迫った書籍を紹介します。


個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

佇まいがおしゃれな人は、特別なアイテムを使いこなしているというより、自分のカラーをうまく着こなしているような気がします。自分に似合う色をどうやって見つければよいのでしょう? ファッションの秋。自分を素敵に見せるカラーを知って、ワンランク上のおしゃれを楽しみたいものです。


秋こそ着たいランジェリーたち

秋こそ着たいランジェリーたち

ランジェリーを選ぶとき、季節を意識してみませんか。秋らしい涼しい日が増えてきた今、夏には透けが気になったランジェリーも積極的に楽しめます。今回は秋のランジェリーの楽しみ方、秋におすすめしたいランジェリーをご紹介します。


フランス女性のネイルにエレガンスを感じる理由

フランス女性のネイルにエレガンスを感じる理由

フランス女性のネイルは、とてもシンプルで自由。彼女たちの手元・足元を見ていると「塗らない美しさと塗る楽しさ」が伝わってくるかのよう。特に手元は視線を集める場所だけど、ネイルカラーを施していないからといってエレガントに見えないわけではないのです。その理由を彼女たちから学びましょう。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活