【2017年】風水で幸運をつかむラッキーカラーは?

【2017年】風水で幸運をつかむラッキーカラーは?

2017年の風水のラッキーカラーを、風水コンサルタントの田中道明さんに紹介してもらいます! 色と運の関係は毎年変化するので、それを上手に取り入れることで人生をパワフルに切り開くことができるそうです。ラッキーカラーを取り入れて、2017年の運気をあげましょう。


■2017年は「赤」が金運を高めるラッキーカラー

風水で金運を高める色といえば黄色と思われるかもしれないけど、じつはそうとも限りません。色と運の関係には毎年変化するものがあります。それを取り入れると人生をパワフルに切り開くことができます。
説明は抜きで2017年は「赤」が金運を高める色です。ファッションに赤を取り入れる、身の回り品に赤を使えば誰でも金運を高めることができます。チャンスをつかみ、成功し、お金の流れを自分に引き寄せることができます。

■自然界の5要素「水」「木」「火」「土」「金」の強弱バランスを利用する

風水で運を高める方法は数多くあり、風水グッズを飾る、インテリアの材質や色の調整等…ファッションの色使いもそれと同じように作用します。
毎年変化する自然界の5要素「水」「木」「火」「土」「金」の強弱バランスを利用し、色に置きかえてファッションに取り入れる方法、強力に作用するのでぜひお試しください。
前の年2016年は「水の無い年」だったので、水の色である「青」を取り入れることでバランスが整い全体運を高めることができました。さらに金運を高める色は黄色やベージュなどのアースカラーでした。
2017年の風水チャートによると5要素の中で無いものはない、5つすべて揃っています。こういう年は全体的に安定して過ごしやすい年になります。足元がしっかりしていて前進し成長することが可能な年といえます。変化の中からチャンスが生まれ、それをつかむのが2017年的な成功なのです。

■2017年は「敵対」の傾向に注意

その一方で注意したいのは「敵対」という傾向があること。2017年的な「敵対」は自己中心性から生じます。国家、組織、個人が自利益を優先し「自己中心性vs自己中心性」の対立になる。成功を目指すならまずこれをあらかじめクリアしなければなりません。

新しく就任する米国トランプ大統領をはじめ、世界の主要リーダーたちは自国優先主義を実行に移しつつあるように見え、少し前までの協調、コラボレーション、グローバルといった仲良しムードは去るでしょう。世界でも日本でも、そして会社や組織、個人に至るまでこの風水の影響を同じように受けることになります。

■ベージュ・イエローのようなアースカラーをファッションに取り入れる

どのように対処すべきでしょうか。自分らしい対策を考えておくのが賢明です。たとえば低姿勢でいることによって敵対を避けるのもよいスタンスだと思います。ひかえ目でいれば人と敵対することは少なくなり、弱々しい人は周りが助けたくなるものですからこれもひとつの戦略です。
色による解決を求めるならベージュ、イエローのようなアースカラーをファッションに取り入れてください。2017年において、アースカラーは人をコントロールする権威、権力を強める色なので人間関係の優位性づくりに役立ちます。
敵対によるトラブルは直接的なものだけでなく、嫉妬や噂による裏工作のような見えないところでも起きやすくなります。このようなトラブルを解決し乗り切るためにはアースカラーを使うのです。

■ゴールド、シルバー、白といったメタリックカラーで「運の入口」を広げる

次にすべきことは「運の入口」を広げること。目の前にチャンスがあるのに、もう少しのところで届かないという苦い経験をしたことが誰でもあると思います。
運の入口が狭い、または全く無い場合にこういうことが起こります。だから私たちはあらかじめ運の入口を十分広げておく必要があります。2017年においてそれはゴールド、シルバーや白といったメタリックカラーです。身に着ける飾りに1点この色使いをプラスすると運の入口を広げることができます。
運を味方にして、幸運をつかむには不運の原因となる影響を知り、対処を考え、運の入口を広げることが肝心です。2017年ならアースカラーで人間関係を調和し、次にメタリックカラーで運の入口を広げ、その上で金運の色である赤を強調色として使えば完璧です。

2017年の風水に関して興味がある方は、この他にも風水で金運をアップさせる良い財布の選びかたを参考にしてみてください。

2017年風水で金運をアップさせる財布の選びかた

https://p-dress.jp/articles/2769

2017年、新しい年に風水で金運を上昇(アップ)させるために、新たにお財布を選ぼうと思っているなら、今年はぜひ「色」「デザイン」などこだわりのポイントを確認してください。また財布をプレゼントする場合のポイントもご紹介します。

この記事のライター

ワールド・オブ・風水ジャパン代表、風水コンサルタント。2003 年以来リリアン・トゥーに師事し、日本語版のウェブサイト運営を行う。 リリアン・ トゥーの邦訳書のうち、「モダン風水」(オクターブ)、「幸運のシンボル」(産調出...

関連するキーワード


風水 開運

関連する投稿


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。


病気になりやすい家族を、風水で解決(主婦・40代)

病気になりやすい家族を、風水で解決(主婦・40代)

子どもが頻繁に風邪をひき、仕事に支障が出てしまうケースを、風水で解決した事例をご紹介します。


【算命学】命式の見方を知って運命を読み解く

【算命学】命式の見方を知って運命を読み解く

算命学(さんめいがく)は、生年月日からその人の持って生まれた性質や運命を算出する中国発祥の学問です。普通の占いでは物足りない方におすすめしたい秘伝の占術算命学。自分自身について知るのはもちろん、気になる相手の攻略法をこっそり知ることができます。


【運の良い人の思考法#3】金運を上昇させる「お金の使い方」

【運の良い人の思考法#3】金運を上昇させる「お金の使い方」

運の良い人には運が良いなりの理由があります。今回は金運が良い人の考え方を紹介します。お金は稼ぎ方や節約術よりも「使い方」がとても重要です。今回は金運を上げつためのお金の使い方について解説します!


賀茂御祖神社(下鴨神社) - 恋愛運・健康運にご利益があるパワースポット

賀茂御祖神社(下鴨神社) - 恋愛運・健康運にご利益があるパワースポット

京都は古い寺社仏閣だけでなく自然もたくさん残っています。1994年に「古都京都の文化財」として17の寺社仏閣が世界文化遺産に登録されました。今回はそのうちのひとつ「下鴨神社(正式名称:賀茂御祖神社・かもみおやじんじゃ)」をご紹介します。境内が原生林でできた、自然と文化が調和したパワースポットです。


最新の投稿


贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものは大切な人へ感謝を伝える機会のひとつ。贈りものをする意味を改めて考えてみると共に、贈りものの選び方やおすすめの贈りものをご紹介。贈り上手・贈られ上手になるためのヒントをお伝えします。


『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

すでに多くのレビューが出ている『Black Box』。著者であるジャーナリストの伊藤詩織さんは、自分の身に起こった事件を調べ、付随する司法・捜査の問題点を、国際比較なども加えながら一つひとつ明らかにしていく。この圧倒的な一冊を前にして、私たちは何を考えるべきなのだろう。


『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第6話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回も悲しいエピソードでしたね……。ある登場人物が迎えた重大な転機に焦点をあててみます。


あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

20代のころは30歳になれば貯金ができていると思っていたし、30歳のころには35歳になれば貯金ができると思ってた……。働いた分だけお金が貯まるはずなんだけど、貯金ができる気配がない。あなたは貯金、貯まっていますか? 浪費してしまう人には特徴があります。


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。