冬至を過ぎてもゆず湯でデトックス! ハッピーカラーで新年をポジティブに迎えよう

冬至を過ぎてもゆず湯でデトックス! ハッピーカラーで新年をポジティブに迎えよう

冬至にゆず湯を楽しむ方は多いのでは。今年の冬至は過ぎてしまいましたが、年の瀬にゆず湯に浸かって、リラックスしてみませんか。いろいろな嬉しい効果が期待できる、癒やしの黄色いゆずたちに囲まれて。


なにかと慌ただしく、空を見上げる時間もなく、日の流れを感じぬままに、一日を終わらせることもある師走の時期。
忙しく過ごしがちな時期だからこそ、ふと足をとめてみてはどうでしょうか。空気の匂いや木々の色に目を向けて、季節の流れをほんの少しでも感じることで、心のパワーを養えると私は考えています。

この時期、私のテーマカラーはイエロー。独特の清々しい芳香のゆずや、引き込まれるようなキラキラした銀杏の木が、心をポジティブにしてくれます。
イエローは、太陽・希望・元気・活動的・光という前向きな言葉を連想でき、自然光に最も近い色であることから、精神的に高揚させるパワーを持ち、人に喜びや希望を与え、楽天的な考え方をもたらし、社交的で楽しい気分を生み出してくれる効果があるのだとか。

■大好きなゆず湯の季節がやってきた

今年の冬至は12月21日。冬至は「一陽来復(一陽来福、いちようらいふく)」ともいわれ、太陽の力が最も弱くなる日であると同時に、太陽が復活しパワーが甦る日だと言われています。
この日を境に運も上昇するらしく、悪いことが続いても、回復してよい方向に向かうという言い伝えもあります。

日本には古くから、強い香りがする植物で、邪気を祓う風習(端午の節句の菖蒲湯など)があります。
冬至に強い香りのする旬のゆずを入れ、一年の間に背負ってしまった邪気や、日頃の疲れを祓うというデトックス的な風習であるゆず湯という文化があります。
昔から私は、ゆず湯が大好きで毎年この時期を楽しみにしています。

■冬至は過ぎたけれど、ゆず湯を試してみて

ゆず湯には、「融通(ゆうずう)」が効き、冬至「湯治(とうじ)」というダジャレのような語呂合せもあり、ゆず湯に浸かると1年間風邪をひかないという言い伝えもあります。
さらに、ゆずは血行を促し、冷え性をやわらげたり、改善に導く効果も期待できるとか。
ゆずの果皮には、クエン酸やビタミンCが含まれ、美肌効果もあるとされていて、清々しい独特の香りからリラックス効果も期待でき、私にとって寒い冬の夜を過ごすときの一つの楽しみにもなっています。

冬至は過ぎてしまいましたが、ぜひゆっくりとお風呂につかり、イエローカラーに包まれリラックスして、来年のポジティブなあれこれを想像するのも良いと思います。
私は、そんなゆず湯の時間に、好きな花を浮かべ、リラックスできる時間が何よりも大切な至福のときです。

ところで、最近はまっているのが自家製サングリア。
今年はゆずのメニューを考えることも多く、幅広く使えるこの風味をシナモンたっぷりのサングリアに入れるのもおすすめです。
シナモンは毛細血管の活性化につながるため、お風呂上がりに良さそうな予感です。
今年の締めくくりにゆず湯とゆずサングリアを試してみてはどうでしょうか?

この記事のライター

The Five Senses Bar
Director / Food Designer

1980年 東京都生まれ 36歳 洗足学園短期大学 音楽学部 声楽科卒業。 20代にアパレルブランドのデザイン・企画を行い、ものづくりの面白さに出会う。人とのコミュニケーションに興味を持ち、ホテル勤務を経てホスピタリ...

関連する投稿


【レシピ】コールドプレスジュースでライフスタイルに彩りを

【レシピ】コールドプレスジュースでライフスタイルに彩りを

コールドプレスジュースのレシピを3つご紹介します。飲みやすさ・美味しさが自慢のTHE FIVE SENSES BARの人気レシピを3つ、ご自宅用に少しアレンジ。体が喜ぶコールドプレスジュース習慣を楽しんで。


太りにくい炭水化物「大麦」はダイエット&デトックス効果が期待できる?

太りにくい炭水化物「大麦」はダイエット&デトックス効果が期待できる?

大麦を食べたことはありますか? 玄米よりも食物繊維が豊富で、デトックス効果が期待でき、ダイエットにも適した食材の1つです。息をしているだけで太るかのような痩せにくさに辟易しているアラフォーの方へ。お通じも良くなり、コレステロール値も下がる大麦を、食卓に取り入れてみては?


プラセンタ注射とはどういうもの?1年間打ち続けた個人的な体験談

プラセンタ注射とはどういうもの?1年間打ち続けた個人的な体験談

プラセンタ注射の「プラセンタ」とは胎盤のこと。このプラセンタ注射は、美肌やアンチエイジング、体のさまざまな不調を改善に導く、と一般的に言われています。「万能薬」的な効果があると至るところで書かれていますが、実際はどうなのでしょうか。1年間通い続けた私の個人的な体験談をお届けします。


クレンズフードとは?腸内環境を改善する「ドクターズ ナチュラル レシピ」

クレンズフードとは?腸内環境を改善する「ドクターズ ナチュラル レシピ」

「クレンズフード」とは何か? 頭皮環境を考えた薬用スカルプDの販売元として知られるアンファーが、2017年1月19日より食品の新ブランド「Dr.’s Natural recipe(ドクターズ ナチュラル レシピ)」を発売開始。腸内環境の働きを高める「クレンズフード」がいま話題です。


デジタルデトックスしたい方必見。星のや竹富島の「脱デジタル滞在」プログラムがリニューアル

デジタルデトックスしたい方必見。星のや竹富島の「脱デジタル滞在」プログラムがリニューアル

星のや竹富島がデジタルデトックスしたい方向けの「脱デジタル滞在」プログラムを2017年3月よりリニューアル。定期開催しているスパやアクティビティーをトータルでコーディネートした「脱デジタル滞在」プログラムに、ジャングルトレッキングが追加されます。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。