気になる今年の出来は? ボージョレ・ヌーヴォー2016、11月17日解禁!

気になる今年の出来は? ボージョレ・ヌーヴォー2016、11月17日解禁!

今年も解禁されたボージョレ・ヌーヴォー。この週末に早速飲まれた方も多いのではないでしょうか? 解禁日に開催されたメルシャングループ「ボージョレ・ヌーヴォー利き酒会」の模様をレポートいたします。


2016年11月17日「ボージョレ・ヌーヴォー」解禁!

気になる今年のボージョレ・ヌーヴォーの”出来"は?!

今年は収穫が例年よりも遅かったこともあって、フレッシュな赤い果実を思わせるアロマが感じられる、繊細でしっかりとした味わいのワインが期待できる、とのこと。

ウェルカム・ヌーヴォーとして、アルベール・ビショーのボージョレ・ヌーヴォー(樽)が振る舞われました。

ワインの飲用機会として定着したボージョレ・ヌーヴォー

「100年に一度の出来」と謳われたのが2003年。当時は店頭からヌーヴォーが無くなる事態を招きました。その結果、輸入数量は翌年2004年から数年は輸入数が大幅に増加して推移していましたが、以降も手堅い水準で愛飲されています。

それを「着実に日本のワインシーンに根付き、文化となった」と、表現したのはメルシャン株式会社代表取締役社長・CEOの横山清氏。現在でも主要国の中でも最も早く解禁を迎える日本は5割強の輸入数量を占めているのだそう。

ここ3年連続で過去最高数量を更新してワインが飲まれるようになった今も、ボージョレ・ヌーヴォーは確実にワインの飲用機会の一つであるといえます。

「第16回トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー2016」コンクール受賞商品をリリース!

今年メルシャンがリリースするボージョレ・ヌーヴォーは「第16回トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー2016」コンクールにて「アルベールビショー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2016」など3品が金賞、1品が銀賞を受賞いたしました。

■金賞 アルベール・ビショー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2016

■金賞 アルベール・ビショー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー シャトー・ド・ヴァレンヌ 2016

■金賞 アルベール・ビショー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー ドメーヌ・デュ・ボワ・デ・シェーヌ 2016

■銀賞 アルベール・ビショー ボージョレ・ヌーヴォー 2016

ワインコンクール「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー」について
「フランス醸造技術士協会(Oenologues de France)」が後援する、「ボージョレ・ヌーヴォー」唯一の公式コンクールです。解禁日の11月第3木曜日に先駆け「ボージョレ・ヌーヴォー」、「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」をワイン専門家や醸造家が審査し、数百の出品ワインの中から賞を決定します。

これから年末に向けて忘年会・クリスマスと、心身ともに疲労が増していく季節。そんな年末をフレッシュなボージョレ・ヌーヴォーでさわやかにリセットできそう。あなたのお気に入りのボージョレ・ヌーヴォーを見つけてくださいね。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


イケメンが歌い上げる昭和の名曲。ビール部第4回「ディスコナイト」をレポート

イケメンが歌い上げる昭和の名曲。ビール部第4回「ディスコナイト」をレポート

ビール部の活動も4回目。今回は80年代のシティーポップ『AOR』を歌う、新進気鋭のアーティスト・岡崎友行さんを招き、ディスコライブを開催! 古き良き時代の懐かしい音楽に心も踊りました。


“雪の結晶を飲む”ような本格派スパークリング日本酒でうっとりと酔うひとときを

“雪の結晶を飲む”ような本格派スパークリング日本酒でうっとりと酔うひとときを

2018年もまもなく2月。寒さも極まり、ツンとする空気のなか、感性も研ぎ澄まされる季節を寄り添う美しい日本酒『白那』に出逢いました。Makuake限定、1月30日(火)18時まで数量・期間限定で販売中なのでお見逃しなく。


リンゴ6個分のポリフェノール! リンゴの摘果を使った「TEKIKAKA シードル」

リンゴ6個分のポリフェノール! リンゴの摘果を使った「TEKIKAKA シードル」

世界初、リンゴの摘果(テキカ)を使ったシードル「TEKIKAKA CIDRE(テキカカ シードル)が2月1日より発売開始となりました。摘果で摘まれる未熟りんごには、リンゴポリフェノールが成熟果の約10倍と高濃度に含まれ、本商品1本あたり、りんご6個分のリンゴポリフェノールが含まれています。


美味しいワインと気軽なおつまみがあればいい。フランス流「アペロ・ディナトワール」のすすめ

美味しいワインと気軽なおつまみがあればいい。フランス流「アペロ・ディナトワール」のすすめ

フランス人が大好きなアぺリティフ(通称アぺロ)。食事の前のひとときとはいえ、ワインを片手に弾むおしゃべりは一体いつまで続くのかと思うほど。だけどそれは彼らのかけがえのない時間。また、ざっくばらんに楽しめる「アぺロ・ディナトワール」も人気。何気ない集まりも華やかになる、フランス流の楽しみ方をご紹介します。


パーティーシーズンにぴったりな、プレミアムな“カヴァ”がU2000円

パーティーシーズンにぴったりな、プレミアムな“カヴァ”がU2000円

スペインを代表するスパークリングワイン“カヴァ”。成城石井 創業90周年の特別商品「アケオ カヴァ ブリュットナチュレ レゼルヴァ 2011」が11月より数量限定で新発売に。


最新の投稿


批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判したり、怒ったりしている人は何がそんなに世の中に不満なのだろうか。誰かに対して怒っていれば心が満たされるのだろうか。むしろ、心が貧しくなっているような気がするけれど。


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

依存症とは、誰もが味わったことのある苦痛が原因となって発症する病です。


他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

有名人の不倫についてのバッシングがここ数年、勢いを増しています。不倫は関係者の誰かを不幸にしてしまうから、決して良いとはいえないもの。でも皆がここぞとばかりに寄ってたかって叩く様子に、違和感を抱いたことはないでしょうか。有名人に限らず、身近な人のことも同じ目に遭わせているかも、と一度振り返ってみては。


“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第11回目は意外な隠し味で安定のおいしさ、おうちにある材料でできる塩味のスコーンのご紹介です。