タイツの時期までこうしのぐ!秋の足元問題・解決策【デキる女の決断クローゼット #8】

タイツの時期までこうしのぐ!秋の足元問題・解決策【デキる女の決断クローゼット #8】

タイツを履くのはまだ暑いし、素足だと秋っぽくない。ストッキングの締めつけ感も好きじゃない……そんな人は秋の足元をどうすればいいの? 解決策を2つご提案します。


■サンダルの夏からパンプスの秋へ。この時期何を履いたらいいの?

「ワコさん、秋の足元ってどうしたらいいんでしょう。まだ暑いですからタイツを履くのは早いし、かといって素足だと夏っぽい。でもストッキングはイヤなんです」
ある方から、こんなご質問をいただきました。

私もストッキングは苦手です。ゴム部分の締めつけが苦しいし、ひざや足首にシワが寄っているとゾウ脚になる。そして色が肌色に合っていないと、なんだか全身もっさりした印象になってしまいます。

以前ストッキングの代わりに肌色の網タイツを履いていたら、保育園のママ友から「そんなの履いてる人、現実社会で初めて見たわ!」と言われ、「編みタイママ」とひそかに呼ばれました。

「あ、これダメなんだ」と思い、今度は生足で保護者会に行ったら、室内用スリッパに履き替えるとき、私の素足に他のママのギョッとしたような視線が集中。

というわけで、私も秋の足元には苦手意識があり、ちょうどいい機会なので、私の周りのおしゃれな人々に傾向と対策を聞いてみることにしました。

■対策その1 見えにくく脱げづらいフットカバーを、靴の色に合わせて選ぶ

サンダルの夏が終わり、秋からはつま先のある靴を履きます。素足にパンプスを履いたとき心配なのが、ムレによる臭気問題。1日歩いた足で、靴を脱ぎお座敷に上がらなくてはいけないときなど、ヒヤヒヤします。

私の友人のスタイリストは「フットカバー」をすすめてくれました。つま先とかかと部分だけを包んでくれる小さなくつ下のことです。イチオシは「Fogal」のものとのことなので、さっそく買って比較してみました。

左:フォーガル 1,900円  右:靴下屋 1,300円

どちらも上がつま先です。比較すると、フォーガルの方がつま先を隠す面積が小さく、パンプスをはいたとき、はみ出さないようになっています。逆にかかと部分は面積が大きく、写真では見えづらいですが、かかとを包み込むような丸い形になっていて、脱げづらいよう配慮されています。また、どちらも裏面にクッション状の滑り止めがついていて、中でツルツル足が動かず、疲れにくいような工夫も。
また、色は黒と肌色の2種類用意し、黒っぽい靴には黒いフットカバーを合わせると、万一つま先からはみ出して見えても目立たないのだそうです。確かに!

■対策その2 8〜15デニールの極薄ストッキングを選ぶ

ファッション業界時代の私の憧れの先輩によると、ストッキングは「ピエールマントゥー」しか履かないとのこと。信じられないくらい薄くてシルクのような光沢があり、誰でも「ミラノマダムのすじ脚」になれるそうです。

ひざ下から足首にかけてのスネに、まっすぐハイライトが当たったように光り、ふくらはぎの部分は影になって脚が細く見える。もちろん、たるみは皆無だそうです。そんな魔法のようなストッキング。

一度は履いてみたいですがわりと高価で、安いものでも一足2,300円です。しかも極薄でものすごくデリケートなので、なかなか普段用には手が出せそうにありません。「ここぞ!」という勝負の日限定で、履くのがいいかもしれませんね。

■番外編 これをやっちゃあおばさんよ!


足首丈の薄手・柄もの靴下。なぜか足首部分に「ひらひら」がついていたり、全体が透ける花模様だったりの不思議なデザイン。ギョウザのような丸いぺたんこ靴とセットで履いている人が多いのも特徴です。ストッキングや靴下は下着に近いベースアイテムですので、服より目立つことがないものを選ぶのが、淑女のたしなみかもしれません。

●まとめ
秋の足元には、技ありのフットカバー各色と極薄ストッキング。タイツの冬までなんとかしのごう!


この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


ニューバランス「574」の「OFF ROAD」限定コレクション

ニューバランス「574」の「OFF ROAD」限定コレクション

ニューバランス定番モデルのひとつ「574」シリーズから、「OFF ROAD」をテーマとした限定コレクションが登場。定番の「574」を構造からトータルに見直し、現代のテクノロジーによって履き心地とフィット性、クッション性をグレードアップした「ML574」をはじめ、3つのスタイルのスニーカーを揃えました。


【おしゃれびとスナップ#31】上品なデニム×ブーツ

【おしゃれびとスナップ#31】上品なデニム×ブーツ

厚手のパンツとボアのブーツは、冬ファッションの強い味方。ラフになりがちなアイテムを、少しかわいめに着こなしてみましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2018年1月第2週は「デニムとブーツ」をテーマにお届けします。


ZARAの白スニーカーが、旬のスタッズ付きで万能です

ZARAの白スニーカーが、旬のスタッズ付きで万能です

ZARAの白スニーカーが我が家の靴箱に加わりました。2018年、名だたるブランドがスタッズ付きのスニーカーを発表しているなか、ZARAでもスタッズ付きの白スニーカーを発売しています。シンプルなファッションに合わせると、足元に個性を出せる名アイテム。ヒョウ柄のスパイスも効いています。


UGG®からミニマルで洗練された新作「カリ スニーカー コレクション」が登場

UGG®からミニマルで洗練された新作「カリ スニーカー コレクション」が登場

UGGより、ファッション性を高めた2018春夏新作「カリ スニーカー コレクション(Cali Sneaker Collection)」が登場します。軽さと柔軟性を高めるため、脱構築的な要素を加え、流線形のミニマルなシルエットに仕上げた同コレクションは、デザインと機能性の両方でとても洗練されたスニーカーです。


UNIQLOヒートテックニットタイツなら、暖かさとおしゃれが両方手に入る

UNIQLOヒートテックニットタイツなら、暖かさとおしゃれが両方手に入る

UNIQLOのヒートテックニットタイツが超優秀なのをご存知でしょうか? ラメ入り、柄入りのものから、コーデに合わせた選び方、合わせ方をご紹介します。冬の足元ファッションは防寒性に寄りがちですが、暖かさとおしゃれは両立できます。


最新の投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?


日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

朝晩のスキンケアでしっかり保湿しているつもりでも、日中に乾燥した室内で過ごしたり、保湿をしないでいると、肌からうるおいが失われていきます。だからこそ日中もこまめに「プチ」保湿を。おすすめはミスト化粧水よりも乳液!? その理由と使い方や得られるメリットをご紹介します。