タイツの時期までこうしのぐ!秋の足元問題・解決策【デキる女の決断クローゼット #8】

タイツの時期までこうしのぐ!秋の足元問題・解決策【デキる女の決断クローゼット #8】

タイツを履くのはまだ暑いし、素足だと秋っぽくない。ストッキングの締めつけ感も好きじゃない……そんな人は秋の足元をどうすればいいの? 解決策を2つご提案します。


■サンダルの夏からパンプスの秋へ。この時期何を履いたらいいの?

「ワコさん、秋の足元ってどうしたらいいんでしょう。まだ暑いですからタイツを履くのは早いし、かといって素足だと夏っぽい。でもストッキングはイヤなんです」
ある方から、こんなご質問をいただきました。

私もストッキングは苦手です。ゴム部分の締めつけが苦しいし、ひざや足首にシワが寄っているとゾウ脚になる。そして色が肌色に合っていないと、なんだか全身もっさりした印象になってしまいます。

以前ストッキングの代わりに肌色の網タイツを履いていたら、保育園のママ友から「そんなの履いてる人、現実社会で初めて見たわ!」と言われ、「編みタイママ」とひそかに呼ばれました。

「あ、これダメなんだ」と思い、今度は生足で保護者会に行ったら、室内用スリッパに履き替えるとき、私の素足に他のママのギョッとしたような視線が集中。

というわけで、私も秋の足元には苦手意識があり、ちょうどいい機会なので、私の周りのおしゃれな人々に傾向と対策を聞いてみることにしました。

■対策その1 見えにくく脱げづらいフットカバーを、靴の色に合わせて選ぶ

サンダルの夏が終わり、秋からはつま先のある靴を履きます。素足にパンプスを履いたとき心配なのが、ムレによる臭気問題。1日歩いた足で、靴を脱ぎお座敷に上がらなくてはいけないときなど、ヒヤヒヤします。

私の友人のスタイリストは「フットカバー」をすすめてくれました。つま先とかかと部分だけを包んでくれる小さなくつ下のことです。イチオシは「Fogal」のものとのことなので、さっそく買って比較してみました。

左:フォーガル 1,900円  右:靴下屋 1,300円

どちらも上がつま先です。比較すると、フォーガルの方がつま先を隠す面積が小さく、パンプスをはいたとき、はみ出さないようになっています。逆にかかと部分は面積が大きく、写真では見えづらいですが、かかとを包み込むような丸い形になっていて、脱げづらいよう配慮されています。また、どちらも裏面にクッション状の滑り止めがついていて、中でツルツル足が動かず、疲れにくいような工夫も。
また、色は黒と肌色の2種類用意し、黒っぽい靴には黒いフットカバーを合わせると、万一つま先からはみ出して見えても目立たないのだそうです。確かに!

■対策その2 8〜15デニールの極薄ストッキングを選ぶ

ファッション業界時代の私の憧れの先輩によると、ストッキングは「ピエールマントゥー」しか履かないとのこと。信じられないくらい薄くてシルクのような光沢があり、誰でも「ミラノマダムのすじ脚」になれるそうです。

ひざ下から足首にかけてのスネに、まっすぐハイライトが当たったように光り、ふくらはぎの部分は影になって脚が細く見える。もちろん、たるみは皆無だそうです。そんな魔法のようなストッキング。

一度は履いてみたいですがわりと高価で、安いものでも一足2,300円です。しかも極薄でものすごくデリケートなので、なかなか普段用には手が出せそうにありません。「ここぞ!」という勝負の日限定で、履くのがいいかもしれませんね。

■番外編 これをやっちゃあおばさんよ!


足首丈の薄手・柄もの靴下。なぜか足首部分に「ひらひら」がついていたり、全体が透ける花模様だったりの不思議なデザイン。ギョウザのような丸いぺたんこ靴とセットで履いている人が多いのも特徴です。ストッキングや靴下は下着に近いベースアイテムですので、服より目立つことがないものを選ぶのが、淑女のたしなみかもしれません。

●まとめ
秋の足元には、技ありのフットカバー各色と極薄ストッキング。タイツの冬までなんとかしのごう!


この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーのように心地よく、ラクに歩けて美しい。働く女性のための新しいシューズブランド「SUGATA(スガタ)」が8月下旬にデビュー。女性の足にやさしく、正しい歩行と姿勢をサポートするおしゃれな靴が揃います。


とっておきの一足を揃えて、夏を待ち受ける!

とっておきの一足を揃えて、夏を待ち受ける!

夏の足元ファッションは悩ましい……。でも、久しぶりに夏、靴売り場に足を運ぶと、カラフルな靴が溢れ、見て回るだけでも楽しい。しかし、筆者があえて選んだのはカラフルな靴やサンダルではなく、上質なスエード製のベージュのチャンキーヒール・パンプス。手持ちのサンダルでやり過ごしてきたこれまでの夏と比べて、今夏はどんな変化が――。


夏のお出かけサンダル「DECK SHOES」に新色

夏のお出かけサンダル「DECK SHOES」に新色

素足で出かけたくなる季節。素足が喜ぶ、素足のための「DECK SHOES」が、2017年バージョンの新色で登場。水に強く汚れも気になりづらいデッキシューズで、今夏いろいろな場所へ出かけよう。


夏は足元から! チェコ定番のサンダルとペディキュアで上品な色合わせを

夏は足元から! チェコ定番のサンダルとペディキュアで上品な色合わせを

7月が始まり、いよいよ夏本番がすぐそこまで迫ってきています。今夏はチェコ定番のサンダルとペディキュアを掛け合わせた足元に、心トキメかせてみませんか――? 


おしゃれな人の絶対条件は唯一無二の存在であること【デキる女の決断クローゼット #22】

おしゃれな人の絶対条件は唯一無二の存在であること【デキる女の決断クローゼット #22】

おしゃれな人が持っているのは、唯一無二の存在感、つまりはその人らしさ。おしゃれとは差別化のこと、といっても過言ではありません。真におしゃれな人が持っている要素は、「人とは違う自分らしさ」ではないかと思うのです。


最新の投稿


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。


DRESS部活