美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねている人は、がんばって生きてきた人生経験が、佇まいににじみ出ている。とはいえ、もちろん外見も大事だ。貴田加野さんが考える、アラフォー以降の女性が意識したい上品さと清潔感、こなれ感を演出する方法は?


「美しく歳を重ねたい」とは多くの女性が願うことだけれど、そもそも美しく歳を重ねるってどういうことなのだろう。

自然体で、上品で、清潔感があり、そして何よりも心の豊かさがその佇まいに現れている――私が思う美しく歳を重ねている人のイメージだ。
そんな人に、他人は美しいという気持ちを抱くように思う。
決して、若作りをしていることではない。

年齢を重ねるということは、日々若さを失っていくのと引き換えに、楽しいことや嬉しいこと、悲しく辛いことも、全部ひっくるめた豊富な経験からくる心の豊かさが、人となりににじみ出てくることである。

そして、もちろん外見も大切。
それは容姿の美しさではなく、上品さと清潔感とそして“こなれ感”。
「がんばっている感」が出すぎるのは望ましくない。
一生懸命やっていても自然体に見えるような、やりすぎていない感じが理想。

■アラフォー以降は「引き算」を考える

日本人には特に“かわいい系”を好む人が多く、年齢と共に何かとプラスする傾向が多いように思う。

髪もお洋服もストッキングも靴もバッグも、フリフリにキラキラ。
フリフリやキラキラが悪いわけではない。
全身がそうだと、もうお腹いっぱい。
フリフリ同士がケンカしちゃうでしょう(笑)?
いくら好きでも1つだけにしましょうよ。
そうすると、もっと素敵に見えるはず。

メイクもそう!
最近、ファンデーションを厚塗りする人はかなり減ってきたように思うけれど、まだまだプラスしすぎている人が多いように思う。
エクステも便利だけど、若い人と同じようなカールが大きく長すぎるものはダメ。
なぜなら、目の回りのシワやまぶたのたるみを強調してしまうから。

絶対に必要なのはマイナスしていくこと。
年齢と共に足していくのではなく引き算すること。

お洋服もシンプルなコーディネートの方がスタイリッシュに見えませんか?
ベースメイクも薄塗りの人の方が若く見えませんか? 多少のシミがあったとしても。

でも、自身のスタイルの中でマイナスを実践するにはベース部分が大切。
身体も肌も髪の毛も健康じゃなければ成立しない。
なぜなら、美は身体の中から生まれてくるものだから。
健康美こそ、美しく歳を重ねるキーなのだ。

■美しくなるための努力は大変?それなら習慣にすればいい

素敵な女性に「何かされていますか?」と聞くと「特に何も……」という答えが必ずと言っていいほど返ってくる。
その人は、何もしていないわけではない。
本当に何もしていなかったら、維持できないもの。
あっという間におばさんを通り越し、おじさん化してしまう(笑)。

「美は1日にして成らず」とはそのとおりで、日々の積み重ねが大切。
その人は努力をしていないだけ。
努力ではなく、生活の一部に溶け込んでいるから、「特に何も……」という答えになってしまうのであり、それを額面通りに受け取って、何もしなくていいんだと思い込むのは間違っている。

だって、わざわざ毎日の歯磨きに努力だと思っている人はいないでしょう(笑)?
だから、生活の一部にしてしまうこと。
ルーティンにすればずっと続く。
おじさんにならず、なんとか保てるはず(笑)。

ルーティンにするには“ながら族”になればいい。
車を運転しながら。
テレビを見ながら。
お風呂に入りながら。
ドライヤーで髪を乾かしながら。

時間は自ら作るもの。
すべての人に平等に与えられた24時間を、何にどう割り振るか真剣に考える気持ちとあきらめない気持ちが、美しく歳を重ねる秘訣なのかもしれない。

貴田 加野さんの記事一覧

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


ファッション 貴田加野

関連する投稿


限定コレクション「ジバンシィ エッセンシャルズ」が今年も期間限定ポップアップストアに登場

限定コレクション「ジバンシィ エッセンシャルズ」が今年も期間限定ポップアップストアに登場

フランスのラグジュアリーブランド ジバンシィは、世界先行ローンチを記念し、2017年9月に伊勢丹新宿店本館と、阪急うめだ本店にて、限定カプセルコレクション「ジバンシィ エッセンシャルズ」を世界先行にて展開します。


自分らしいファッションセンスを磨く方法【長谷川朋美 連載 #14】

自分らしいファッションセンスを磨く方法【長谷川朋美 連載 #14】

ファッションセンスを磨くには一体どんなことをすれば良いのでしょうか。自分に似合うもの、好きなものを取り入れるのも大事ですが、「どう見られたいか」を意識するのも欠かせません。長谷川朋美さんの連載 #14では、ご自身のファッションへの考え方をもとに、自分らしいファッションセンスを磨く方法を綴っていただきました。


洋服の色に合わせた「アイシャドウの選び方」を知っておしゃれな人に

洋服の色に合わせた「アイシャドウの選び方」を知っておしゃれな人に

洋服の色別・アイシャドウの選び方をご紹介します。メイクにも洋服にもお金をかけているのに、なんとなく垢抜けない気がする……。それってもしかしたらメイクと洋服のバランスが悪いのかも。メイクの中でも変えやすい、取り入れやすいアイシャドウと洋服の色を合わせて、今よりおしゃれを目指しましょう。


米ファッション界のカリスマたちが本音を語る『ファッション・アイコン・インタヴューズ』

米ファッション界のカリスマたちが本音を語る『ファッション・アイコン・インタヴューズ』

NYファッション・ウィークの創設者・ファーン・マリスが、アメリカのファッション業界のカリスマ19人に行ったインタビューを収録。マーク・ジェイコブズ、トム・フォードらファッションデザイナー、フォトグラファー、エディターらが本音を赤裸々に語っています。訳者の桜井真砂美さんにその魅力を教えてもらいました。


WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

バッグのメゾン「WAKA TAKAHASHI(ワカ タカハシ)」を立ち上げた新進気鋭の若手デザイナー、高橋和伽さんをインタビュー。憧れの職、デザイナーになるまでの道のりやWAKA TAKAHASHIのバッグに込めた想いを伺いました。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。


DRESS部活