旅行中のお洒落度をワンランク上げる4つの秘訣【オトナの美旅スタイル#9】

旅行中のお洒落度をワンランク上げる4つの秘訣【オトナの美旅スタイル#9】

荷物が多くなるから、旅行中にお洒落を楽しむのは大変? そんなことはありません。帽子やアクセサリー、スカーフなど、小物使いのアイデアを旅するジャーナリスト・小野アムスデン道子さんがご紹介します。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。「ルーティンな毎日から脱出、非日常の時間を過ごしに旅に出る」という人は多いのではないでしょうか? 旅自体が仕事の私もフィーリングは同じ。いつものオシャレにちょっと旅気分なエッセンスを加えるポイントについてご紹介します。

「さすが旅慣れてるだけあって荷物が少ないですね」といつも驚かれるのですが、こだわりのあるパッキングはまた別の機会にご紹介するとして、海外に行くときでも、重たいトレッキングシューズや三脚を持つ場合は別として、荷物はだいたい12kg以内に収めるようにしています。現地で資料をもらったり、何かと荷物が増えることが多いからです。そんな少ない荷物で楽しむ私のオシャレのポイントその1は帽子。

帽子をかぶるだけで印象がずいぶん変わりますし、旅に出発する気分に切り替えしやすくなります。それに、いつも帽子姿だと印象にも残るよう。私は、たためる帽子より。ある程度カタチが保てて、折れても元に戻せる中折れ帽が好きで、何個も持っています。画像の手前左はトリーバーチのもの。バイカラーを編み込んで凝った感じなので、きちんとして訪れたいときの旅に。手前右はカルバン・クラインのもので、パルプでできているのですが重みがあって風で飛びにくく、アウトドアでも便利。両方ともアメリカで購入しました。

ポイントその2はアクセサリー。いつも荷物が軽いのは、服装はシンプルに、目立つなら色でと心がけていて、そのぶん、アクセサリーで変化を演出できるようにしています。
たとえば、同じグレーのオールインワンに、先ほどのカルバン・クラインの帽子でも、白で統一したアクセサリーと、メキシコで買ったビーズのエスニックのアクセサリーだとずいぶん雰囲気が変わります。テイストの統一感と、できるだけ合わせられるブレスレットかバングル、リングも持っていきます。手元のオシャレは、それだけきちんと気を払っている感じがするので。

チープ・シックなアクセサリーも好きなのですが、金属で安いモノは長持ちしません。素材の色が変わらないものを選びます。けっこう掘り出しモノが見つかるのはミュージアム・ショップ。デザイン性の高いユニークアイテムが手頃に手に入ることもあります。白のコロンとしたフォルムのリングはロンドンのテート・モダンのオリジナルでなんとお値段1.5ポンド(200円ほど!)。プラスチックだから濡れても平気。サイズが3種類あって、内側にサイズの刻印が入っています。

ポイントその3はスカーフ。上のオレンジは、お友達からいただいたエリック・ライシナERIC RAISINAというカンボジアのデザイナーのシルクのスカーフ。鮮やかな色とフリンジで、シンプルな服もぱっと印象が変わります。最初の写真は、春に訪れた星のや竹富島で。ちょっと風が冷たくて重宝しました。
下のスカーフはLAのランドリーバイシェリー・シーガルというシンプルなブラックドレスを得意とするブランドのもの。首回り部分を黒一色にしたり柄にしたりと、持ってくる部分によって変化が楽しめます。

最後のポイントその4は色づかい。ベースは、モノトーンの服にアクセサリーで。プラス旅では思いきりの良い色のものを一つは持っていきます。トロンとしたテクスチャーの緑のパンツは、実はGAPのセールで買ったものですが、カジュアルにもシックにも着られて印象に残る色で一目惚れ。オリンピック年だった今夏は、思いきった蛍光イエローのトップスとあわせてブラジルカラーのコーディネートも楽しみました。

ファッションアイテムは、旅先で見つけることも多く「どこでそれ買ったの?」から話が始まるのもまた楽しいもの。短時間で良いものを見つけてパッと買うためには、こんな自分のファッションルールを決めておくのがコツです。

Text=小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


着るだけで背筋が伸びる。ツイードジャケットが1枚あるといい

着るだけで背筋が伸びる。ツイードジャケットが1枚あるといい

ツイードジャケットを着ると、背筋がピンと伸びる――そんな感覚はありませんか。1枚持っておくと、春という新生活を素敵に始められるような気がします。今回はツイードジャケットの着こなしアイデアをふたつご紹介。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


プロ直伝! 「バレンタイン × ロングブーツ」の大人っぽコーデ3選

プロ直伝! 「バレンタイン × ロングブーツ」の大人っぽコーデ3選

年に一度のバレンタインデー。どことなく街全体がソワソワするこの時期のデートは、いつもとちょっと違ったコーディネートを意識してみませんか? 寒い中でのデートの強い味方「ロングブーツ」を軸に、彼をキュンッとさせるコーディネートをスタイリストさんに教えてもらいました。


夜明けの色彩と地平線のフォルムを表現したバッグ「yoake」

夜明けの色彩と地平線のフォルムを表現したバッグ「yoake」

暗闇から差し込む光とともに、不安から期待へ、絶望から希望へ。新しい1日という物語をまた0から歩き出そう、といつも次の国へ向かう――そんな気持ちをくれる「夜明け」の時間をコンセプトに作られた"yoake"のボストンバッグが発売開始に。


冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

ボタンをすべて閉めてサラッと1枚で着ると落ち着いた印象に。ボタンをすべて開けてロングシャツとして羽織ってもスタイルアップが叶います。それが万能な前ボタンロングワンピース。ボタンの開け閉めの仕方でイメージが変わる前ボタンロングワンピースのコーデを3つご提案します。


最新の投稿


全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第9回目では全身に効果があり、身体を活性化する「ダウンドッグのポーズ」です。全身がストレッチされて、緊張が解けて疲労感も取れやすくなるポーズです。


40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代からのブラジャーの選び方をご紹介します。30代後半頃から気になる胸の変化。年を重ねていけば変化することは、当然のことなのかもしれませんが、できれば年齢より老けて見えたくない、と思う方は多いのではないでしょうか。40代から変わるブラジャーの選び方を意識するだけで、バストの悩みは少なくなるはずです。


大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

リッチなテクスチャーでハリのあるやわからでなめらかなお肌へ導く、アンブリオリスの「アンブリオデルム モイスチャークリーム」。朝晩のお手入れ時の保湿クリームだけではなく、メイク前の下地クリームとしてお使いいただくと艶やか素肌の仕上がりになります。


女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

「レズ風俗」があるとご存じですか。多くの女性には未知の世界かもしれません。2007年に女性専用レズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」をオープンした御坊さんの著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』から、レズ風俗とは何か、どんな女性が利用しているのかなど、まったく知らない人にとっての“気になる”を紹介します。


ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイへ行ったら買い物やグルメを存分に楽しみたい――そんな人へおすすめなホテルが、ワイキキ クヒオ通りの中心にある「ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ」。オフィスビルとして使われていた建物が、2017年1月、22階建てのスタイリッシュなデザイナーズホテルとして生まれ変わりました。