オトナの美旅スタイル #9 旅行中のお洒落度をワンランク上げる4つの秘訣

オトナの美旅スタイル #9 旅行中のお洒落度をワンランク上げる4つの秘訣

荷物が多くなるから、旅行中にお洒落を楽しむのは大変? そんなことはありません。帽子やアクセサリー、スカーフなど、小物使いのアイデアを旅するジャーナリスト・小野アムスデン道子さんがご紹介します。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。「ルーティンな毎日から脱出、非日常の時間を過ごしに旅に出る」という人は多いのではないでしょうか? 旅自体が仕事の私もフィーリングは同じ。いつものオシャレにちょっと旅気分なエッセンスを加えるポイントについてご紹介します。

「さすが旅慣れてるだけあって荷物が少ないですね」といつも驚かれるのですが、こだわりのあるパッキングはまた別の機会にご紹介するとして、海外に行くときでも、重たいトレッキングシューズや三脚を持つ場合は別として、荷物はだいたい12kg以内に収めるようにしています。現地で資料をもらったり、何かと荷物が増えることが多いからです。そんな少ない荷物で楽しむ私のオシャレのポイントその1は帽子。

帽子をかぶるだけで印象がずいぶん変わりますし、旅に出発する気分に切り替えしやすくなります。それに、いつも帽子姿だと印象にも残るよう。私は、たためる帽子より。ある程度カタチが保てて、折れても元に戻せる中折れ帽が好きで、何個も持っています。画像の手前左はトリーバーチのもの。バイカラーを編み込んで凝った感じなので、きちんとして訪れたいときの旅に。手前右はカルバン・クラインのもので、パルプでできているのですが重みがあって風で飛びにくく、アウトドアでも便利。両方ともアメリカで購入しました。

ポイントその2はアクセサリー。いつも荷物が軽いのは、服装はシンプルに、目立つなら色でと心がけていて、そのぶん、アクセサリーで変化を演出できるようにしています。
たとえば、同じグレーのオールインワンに、先ほどのカルバン・クラインの帽子でも、白で統一したアクセサリーと、メキシコで買ったビーズのエスニックのアクセサリーだとずいぶん雰囲気が変わります。テイストの統一感と、できるだけ合わせられるブレスレットかバングル、リングも持っていきます。手元のオシャレは、それだけきちんと気を払っている感じがするので。

チープ・シックなアクセサリーも好きなのですが、金属で安いモノは長持ちしません。素材の色が変わらないものを選びます。けっこう掘り出しモノが見つかるのはミュージアム・ショップ。デザイン性の高いユニークアイテムが手頃に手に入ることもあります。白のコロンとしたフォルムのリングはロンドンのテート・モダンのオリジナルでなんとお値段1.5ポンド(200円ほど!)。プラスチックだから濡れても平気。サイズが3種類あって、内側にサイズの刻印が入っています。

ポイントその3はスカーフ。上のオレンジは、お友達からいただいたエリック・ライシナERIC RAISINAというカンボジアのデザイナーのシルクのスカーフ。鮮やかな色とフリンジで、シンプルな服もぱっと印象が変わります。最初の写真は、春に訪れた星のや竹富島で。ちょっと風が冷たくて重宝しました。
下のスカーフはLAのランドリーバイシェリー・シーガルというシンプルなブラックドレスを得意とするブランドのもの。首回り部分を黒一色にしたり柄にしたりと、持ってくる部分によって変化が楽しめます。

最後のポイントその4は色づかい。ベースは、モノトーンの服にアクセサリーで。プラス旅では思いきりの良い色のものを一つは持っていきます。トロンとしたテクスチャーの緑のパンツは、実はGAPのセールで買ったものですが、カジュアルにもシックにも着られて印象に残る色で一目惚れ。オリンピック年だった今夏は、思いきった蛍光イエローのトップスとあわせてブラジルカラーのコーディネートも楽しみました。

ファッションアイテムは、旅先で見つけることも多く「どこでそれ買ったの?」から話が始まるのもまた楽しいもの。短時間で良いものを見つけてパッと買うためには、こんな自分のファッションルールを決めておくのがコツです。

Text=小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


自分らしいファッションセンスを磨く方法【長谷川朋美 連載 #14】

自分らしいファッションセンスを磨く方法【長谷川朋美 連載 #14】

ファッションセンスを磨くには一体どんなことをすれば良いのでしょうか。自分に似合うもの、好きなものを取り入れるのも大事ですが、「どう見られたいか」を意識するのも欠かせません。長谷川朋美さんの連載 #14では、ご自身のファッションへの考え方をもとに、自分らしいファッションセンスを磨く方法を綴っていただきました。


洋服の色に合わせた「アイシャドウの選び方」を知っておしゃれな人に

洋服の色に合わせた「アイシャドウの選び方」を知っておしゃれな人に

洋服の色別・アイシャドウの選び方をご紹介します。メイクにも洋服にもお金をかけているのに、なんとなく垢抜けない気がする……。それってもしかしたらメイクと洋服のバランスが悪いのかも。メイクの中でも変えやすい、取り入れやすいアイシャドウと洋服の色を合わせて、今よりおしゃれを目指しましょう。


米ファッション界のカリスマたちが本音を語る『ファッション・アイコン・インタヴューズ』

米ファッション界のカリスマたちが本音を語る『ファッション・アイコン・インタヴューズ』

NYファッション・ウィークの創設者・ファーン・マリスが、アメリカのファッション業界のカリスマ19人に行ったインタビューを収録。マーク・ジェイコブズ、トム・フォードらファッションデザイナー、フォトグラファー、エディターらが本音を赤裸々に語っています。訳者の桜井真砂美さんにその魅力を教えてもらいました。


LCCで行く贅沢バンコクの旅!「アジアのベストレストラン50」発表会へ

LCCで行く贅沢バンコクの旅!「アジアのベストレストラン50」発表会へ

グルメ必見の世界の美食リスト「アジアのベストレストラン50」の発表会でバンコクへ。初搭乗のLCC「スクート」の乗り心地や使い方のヒントもご紹介します。賢く飛んで贅沢バンコクを楽しみましょう。


WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

バッグのメゾン「WAKA TAKAHASHI(ワカ タカハシ)」を立ち上げた新進気鋭の若手デザイナー、高橋和伽さんをインタビュー。憧れの職、デザイナーになるまでの道のりやWAKA TAKAHASHIのバッグに込めた想いを伺いました。


最新の投稿


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。


DRESS部活