旅行中のお洒落度をワンランク上げる4つの秘訣【オトナの美旅スタイル#9】

旅行中のお洒落度をワンランク上げる4つの秘訣【オトナの美旅スタイル#9】

荷物が多くなるから、旅行中にお洒落を楽しむのは大変? そんなことはありません。帽子やアクセサリー、スカーフなど、小物使いのアイデアを旅するジャーナリスト・小野アムスデン道子さんがご紹介します。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。「ルーティンな毎日から脱出、非日常の時間を過ごしに旅に出る」という人は多いのではないでしょうか? 旅自体が仕事の私もフィーリングは同じ。いつものオシャレにちょっと旅気分なエッセンスを加えるポイントについてご紹介します。

「さすが旅慣れてるだけあって荷物が少ないですね」といつも驚かれるのですが、こだわりのあるパッキングはまた別の機会にご紹介するとして、海外に行くときでも、重たいトレッキングシューズや三脚を持つ場合は別として、荷物はだいたい12kg以内に収めるようにしています。現地で資料をもらったり、何かと荷物が増えることが多いからです。そんな少ない荷物で楽しむ私のオシャレのポイントその1は帽子。

帽子をかぶるだけで印象がずいぶん変わりますし、旅に出発する気分に切り替えしやすくなります。それに、いつも帽子姿だと印象にも残るよう。私は、たためる帽子より。ある程度カタチが保てて、折れても元に戻せる中折れ帽が好きで、何個も持っています。画像の手前左はトリーバーチのもの。バイカラーを編み込んで凝った感じなので、きちんとして訪れたいときの旅に。手前右はカルバン・クラインのもので、パルプでできているのですが重みがあって風で飛びにくく、アウトドアでも便利。両方ともアメリカで購入しました。

ポイントその2はアクセサリー。いつも荷物が軽いのは、服装はシンプルに、目立つなら色でと心がけていて、そのぶん、アクセサリーで変化を演出できるようにしています。
たとえば、同じグレーのオールインワンに、先ほどのカルバン・クラインの帽子でも、白で統一したアクセサリーと、メキシコで買ったビーズのエスニックのアクセサリーだとずいぶん雰囲気が変わります。テイストの統一感と、できるだけ合わせられるブレスレットかバングル、リングも持っていきます。手元のオシャレは、それだけきちんと気を払っている感じがするので。

チープ・シックなアクセサリーも好きなのですが、金属で安いモノは長持ちしません。素材の色が変わらないものを選びます。けっこう掘り出しモノが見つかるのはミュージアム・ショップ。デザイン性の高いユニークアイテムが手頃に手に入ることもあります。白のコロンとしたフォルムのリングはロンドンのテート・モダンのオリジナルでなんとお値段1.5ポンド(200円ほど!)。プラスチックだから濡れても平気。サイズが3種類あって、内側にサイズの刻印が入っています。

ポイントその3はスカーフ。上のオレンジは、お友達からいただいたエリック・ライシナERIC RAISINAというカンボジアのデザイナーのシルクのスカーフ。鮮やかな色とフリンジで、シンプルな服もぱっと印象が変わります。最初の写真は、春に訪れた星のや竹富島で。ちょっと風が冷たくて重宝しました。
下のスカーフはLAのランドリーバイシェリー・シーガルというシンプルなブラックドレスを得意とするブランドのもの。首回り部分を黒一色にしたり柄にしたりと、持ってくる部分によって変化が楽しめます。

最後のポイントその4は色づかい。ベースは、モノトーンの服にアクセサリーで。プラス旅では思いきりの良い色のものを一つは持っていきます。トロンとしたテクスチャーの緑のパンツは、実はGAPのセールで買ったものですが、カジュアルにもシックにも着られて印象に残る色で一目惚れ。オリンピック年だった今夏は、思いきった蛍光イエローのトップスとあわせてブラジルカラーのコーディネートも楽しみました。

ファッションアイテムは、旅先で見つけることも多く「どこでそれ買ったの?」から話が始まるのもまた楽しいもの。短時間で良いものを見つけてパッと買うためには、こんな自分のファッションルールを決めておくのがコツです。

Text=小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

カニ好き&スパイシーな料理好きな方にとって、チリクラブはたまらないお料理ではないでしょうか。私も大ファンのひとり。カニが名産で、チリやペッパーなどのスパイスを使ったお料理が名物のスリランカ。今回は首都コロンボにあるチリクラブの名店を訪ねました。


限定コレクション「ジバンシィ エッセンシャルズ」が今年も期間限定ポップアップストアに登場

限定コレクション「ジバンシィ エッセンシャルズ」が今年も期間限定ポップアップストアに登場

フランスのラグジュアリーブランド ジバンシィは、世界先行ローンチを記念し、2017年9月に伊勢丹新宿店本館と、阪急うめだ本店にて、限定カプセルコレクション「ジバンシィ エッセンシャルズ」を世界先行にて展開します。


季節差狙いで旅するシドニー! 知られていない未開のエリアを探検【オトナの美旅スタイル #22】

季節差狙いで旅するシドニー! 知られていない未開のエリアを探検【オトナの美旅スタイル #22】

日本が溶けそうに暑い夏、南半球オーストラリアは冬。今回ご紹介したい旅先は、直行便が数多く飛ぶおしゃれ都市・シドニー。夏の暑さにうんざりしている方には、季節差を生かしたお得旅をおすすめします。


ラクダに乗って砂漠のプリンセス! おしゃれでおトクなドバイ旅【オトナの美旅スタイル #21】

ラクダに乗って砂漠のプリンセス! おしゃれでおトクなドバイ旅【オトナの美旅スタイル #21】

日本から直行便が飛ぶドバイ。シティには高層ビルが立ち並ぶ一方で、伝統市場スークや砂漠ツアーなど、アラブならではの魅力も。ゴージャスな雰囲気を気軽に楽しめるドバイのおトクなおしゃれ旅をご紹介。


自分らしいファッションセンスを磨く方法【長谷川朋美 連載 #14】

自分らしいファッションセンスを磨く方法【長谷川朋美 連載 #14】

ファッションセンスを磨くには一体どんなことをすれば良いのでしょうか。自分に似合うもの、好きなものを取り入れるのも大事ですが、「どう見られたいか」を意識するのも欠かせません。長谷川朋美さんの連載 #14では、ご自身のファッションへの考え方をもとに、自分らしいファッションセンスを磨く方法を綴っていただきました。


最新の投稿


栗をたっぷり贅沢に。銀座・和光の「マロンフェア」

栗をたっぷり贅沢に。銀座・和光の「マロンフェア」

和光アネックス(銀座)では、今が旬の栗をふんだんに使った、秋限定のスイーツを味わえる「マロンフェア」を10月1日〜31日まで開催します。毎年人気のマロンパイのほか、2種類の栗を贅沢に使用したパフェなど、秋の味覚を堪能できる美味しいスイーツが揃います。


オーガニック野菜を100%活かして、美味しく味わおう

オーガニック野菜を100%活かして、美味しく味わおう

体に良さそうだけどお値段高めのオーガニック。でも、食べてみるとひと味違います! 美味しい味わいに驚かされるオーガニック・メニューやオーガニック・クッキング、アメリカと日本で相互認証もされているオーガニックの意味合いなど、日米を行き来するジャーナリストの小野アムスデン道子さんがご紹介。


男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

既婚の男性の不倫する理由なんて、どうせ性欲だけなんでしょ? と思う女性は多いですが、実際は切実な思いで女性を求めている人もいます。もちろん不倫は許されることではありませんが、なぜ妻以外の女性を求めてしまうのか、そこには家庭があっても満たされない「飢餓感」がありました。


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


おっぱい