専業主婦になりたい女性が増えている?

専業主婦になりたい女性が増えている?

「好きな仕事を選び、好きな時に仕事をする」という、誰しもが憧れるライフスタイル。安藤 美冬(あんどう みふゆ)さんの連載第6弾は、「"選"業主婦」という新しいあり方についてお話を伺いました。「"専"業主婦」になりたいという女性が増加している背景には、好きな人と好きな場所で働きたいという憧れがあるのかもしれません。


先日、下北沢のB&Bという書店にてイベントに登壇してきました。

今回は話し手ではなく、モデレーターです。NHK出版より発売された書籍『女子会2.0』の刊行記念イベントとして、寄稿された白河桃子さん、水無田気流さん、千田有紀さん、西森路子さん、石崎裕子さんをお迎えして、2日間に分けてトークセッションが行われました。

両日ともに「ビッグダディ×美奈子」というキーワードからはじまって「矢口真里さん不倫」「シニア男性誌上のセックス特集」などといった時事ネタから、女子の就職、結婚、子育て問題という社会ネタまで満載の内容だったのですが、大いに考えさせられたのが、「20代女性の専業主婦願望が高まっている」というデータについてでした。

■内閣府の調査結果に疑問が湧く

内閣府の調査結果によると、20代の男女ともに「男性は外で働き、女性は家庭を守るべきだ」と答えた率が上昇しているというのです。

また、日経新聞など各メディアでも、「女子大生を中心に、専業主婦願望が高まっている」という論調の記事をよく見かけるようになりました(参考:日経新聞生活面の記事)。

『DRESS』を読んでいる女性たちにとっては、意外なデータかもしれません。仕事を持ち、経済的にも精神的にも自立することを勝ち取ってきた誇りとして、「若さという価値のあるうちに結婚相手を見つけて、安定した会社員である夫の稼ぎで一生暮らしたい」という価値観には眉をひそめる人も多そうです。

もっとも現実問題として、リストラやボーナス減などが当たり前となりはじめている現代においては、夫の稼ぎだけに頼るのはリスクが高すぎます。子育てへの強い思いがあるとしても、上の世代の良い部分だけを切り取って「専業主婦=ラクで楽しそう」という図式をつくりあげるのはあまりに現実離れしているというもの。

ただ、こうした女性たちと比較的年齢が近い私としては、こうしたアンケート結果や記事には「?」マークがつきます。女性たちが望むのは、本当に「専業主婦的生き方」なのでしょうか。

■女性たちが望むのは「"選"業主婦」

専業主婦と選業主婦

私は、「専業主婦」ではなく、「選業主婦」をいうキーワードにその答えがあると考えています。

つまり、「好きな仕事を選んで、好きな時に仕事をする」というライフスタイルへの憧れです。

嫌な仕事はしたくない。
会社という組織に染まりたくない。

そんな気持ちへの反動として、「主婦的生活」を選んでいるだけであって、実際に彼女たちへの質問の仕方を変えれば、答えは違ってくると思います。

■多くの女性たちの本音

自分の得意なことや好きなことで仕事をする。

好きな人と好きな場所で好きな時間に働く。これが、多くの女性たちの本音だと思います。仕事は与えられるもの、が圧倒的なリアルである日常から離れて、愛する家族に囲まれて、愛せる仕事に打ち込むこと。例えれば、女優の中山美穂さんのような存在です。

才能ある夫をつかまえて、子育てに打ち込み、時々選び抜いた一流のCMや映画に登場し、ドラマへの出演で話題をさらう—。

こうした例で言うと、他には後藤久美子さんなどが挙げられます。ちょっと大げさかもしれませんが、現代女性が憧れる生き方を体現したのが、彼女たちなのです。

安藤美冬の結論。

「実は、20代女性の心をとらえているのは、選業主婦願望である」。

これを読んでいるみなさんは、どうお考えですか?

この記事のライター

フリーランサー、コラムニスト。1980年生まれ、東京育ち。(株)集英社で広告と書籍の宣伝業務を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した肩書や専門領域にとらわ れない独自のワーク&ライフ...

関連するキーワード


働き方 専業主婦 安藤美冬

関連する投稿


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


チェコで働く、フリーランスの現場より

チェコで働く、フリーランスの現場より

チェコの片田舎で、3人の娘を抱えながらのフリーランス生活。リビングの片隅にあるスタンディングデスクがマイポジション!


今こそ「自分はなにがしたいのか」を考える必要がある――シェアガールが提案する新しいライフスタイル

今こそ「自分はなにがしたいのか」を考える必要がある――シェアガールが提案する新しいライフスタイル

内閣官房シェアリングエコノミー伝道師「シェアガール」の肩書で普及活動をする石山アンジュさん。複数の肩書を持ち「限りなくフリーランスに近い、社員」という新しい形のパラレルキャリアを実現されています。自分のビジョンを実現するために必要な視点の持ち方など、多様化する社会で活躍し続けるためのヒントを伺いました。


21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース「SHEworks」に行ってみた

21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース「SHEworks」に行ってみた

先日オープンした、21世紀を生きる女性のための会員制コワーキングスペース「SHEworks」。「お互いを高め合える仲間との出会い」と「ライフスタイルサポート」のふたつの特徴を持つ新感覚のワーキングスペースです。スペースのレポートと創業者インタビューをDRESS編集部がお届けします。


最新の投稿


セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

ハワイ発のマラサダドーナツ店が浅草に10月15日よりオープンします。注文を受けてから手づくりで提供されるドーナツは、もっちり感をその場で味わえるのが魅力。10月10日からの3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツの無料提供も。


男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

ニューヨーク発の大人気コメディ・バレエ団「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が30回目となるジャパンツアーを開催中! 格式高いと敬遠されがちなクラシックバレエを明るく笑えるものに変え、世界を魅了したそのテクニックと芸術性は、単なる女装バレエにとどまりません。一度は観たい、彼らの舞台の魅力に迫ります。


【100万円のオンナ貯金#5】お金を増やすことが習慣化する! お金を貯めるクセをつけよう

【100万円のオンナ貯金#5】お金を増やすことが習慣化する! お金を貯めるクセをつけよう

「継続は力なり」という言葉があります。これはスポーツや勉強だけに限らず、貯金も同じこと。少額でもいいので、少しでも長くお金を貯めた方がいいのです。でも継続するって、難しい。そんなあなたのために、今回の【100万円のオンナ貯金】ではお金を貯めることをクセにする方法をご紹介します。


コットン100%なのに撥水性を備えた、優秀チェスターコート

コットン100%なのに撥水性を備えた、優秀チェスターコート

ニューヨーカーが、綿100%でありながら、撥水性に優れた素材「MENNANONY(メンナノニー)」を使用したチェスターコートを、9月29日より新発売。秋冬のファッションを軽やかに楽しめるシンプルなチェスターコートは、オン・オフ問わず様々なシーンで活躍するはずです。


おっぱい

MENU

DRESS部活