1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 真のおもてなしを感じる、慎ましやかな宿洋々閣(佐賀・唐津)

真のおもてなしを感じる、慎ましやかな宿洋々閣(佐賀・唐津)

Share

真のおもてなしを感じる、慎ましやかな宿洋々閣(佐賀・唐津)

「目に見えて快適というよりは、自然に不満に思うことなく、いい時間を過ごせたなあというくらいが本当の快適さ。それが真のおもてなしだと思います。温泉もなければ、景勝地でもないのに何度も足を運ぶのは、そんなおもてなしの心を感じる慎ましやかな宿だから」とDRESSエディター和田紀子が10年来通っているのが、唐津の「洋々閣」です。
 


福岡空港から車で1時間。唐津城のほど近く、築100年になるという純和風建築ながら、ラウンジや部屋には籐の椅子が配されるなど、伝統とモダンがほどよく融合した洗練された佇まい。虹の松原を思わせる樹齢200年の松の木が群生する日本庭園はもちろん、“花守”によって館内のあちこちに生けられた野花に唐津の自然を感じ、心が和みます。
 




<左>唐津の美食と美酒に酔った翌朝は、胃にやさしい麦粥の朝食が嬉しい。地元名物「川島豆腐店」のざる豆腐と呼子の干物もお楽しみ。<右>お造りは、もちろん玄界灘の幸尽くし。器は中里花子作。夜の食事は会席料理か佐賀和牛のしゃぶしゃぶ(要予約)から選べる。



唐津の名陶・中里隆氏と息子の太亀氏、次女の花子氏の作品が楽しめるギャラリーもあり、それらの器で料理が楽しめるのも魅力のひとつ。「器と料理が響き合う、器好きにはたまらない美食の宿でもあるんです」

<左>全館の花を1人で担当する花守の陽子さん。3~4時間かけて唐津近郊の山野を歩き回っていただいた四季の恵みを生ける。<右>左からご主人の大河内明彦さん、女将のはるみさん、長男で五代目となる支配人の正康さん。「みなさんの笑顔に迎えられると、親戚の家に遊びに来たような温かい気分になります」


佐賀県唐津市東唐津2-4-40
tel.0955-72-7181
料金 1室2名 ¥17,850~
(1人での宿泊、1室に3名以上、グループなどの場合は要問合せ)
全19室(和室のみ)
チェックイン・アウト 15:00~10:00
*食事のみの利用も可能。 昼¥6,037~、夜¥7,245~
http://www.yoyokaku.com/

一休.com限定プランのご予約はこちらから
 

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

Latest Article