真夏の婚活は10時/4時開始にするとうまくいく

真夏の婚活は10時/4時開始にするとうまくいく

婚活タイムとして人気なのは「お茶だけで済む」14時。でも、真夏に限っては例外だ。「真夏の婚活ベストタイムが午前10時と午後4時」な理由を大西明美さんが解説します。


 婚活の待ち合わせで最も多い時間帯は14時である。実際に、首都圏のホテルラウンジのこの時間帯は、婚活中の男女で溢れている。今出会ったばかりなのに、ラウンジを使うために1時間、長蛇の列に並ぶことも珍しくない。実際に話をするよりも待っている時間のほうが長いなんてこともあり得る。

 なぜ、みんな14時にお見合いをしたがるのか。それは、お茶だけで済むからだ。1時間か2時間話をしても、夕食までまだ時間はある。「この人はないわ」と思った相手に「良かったらお食事にでも」と誘われるリスクが低い。

 13時だと「ランチでもどうですか」となりがちだ。食事をしながら話すとなると、お見合い時間が長くなってしまう。相手がよほど素敵じゃないと疲れる。

 15時スタートだと、うっかりすると午後5時という立派な夕方の時間帯になる。断るのが下手な女性は、「次はない」と思った男性と夕食を共にする羽目になることもある。
 
 というわけで、14時スタートが、ベストな「婚活タイム」ということになる。しかし、夏の婚活だけは、この14時スタートを避けることをおすすめする。

■真夏の14時には「婚活の悪魔」が潜んでいる

 ここ数年の日本の夏は油断できない。35度以上の猛暑の時間帯に家を出発するだけで身体的な負担がすごい。辿り着くまでに疲れてぐったりしてしまい、相手を温かく迎える余裕がなくなりやすい。

 滝汗をかいてしまう。すると、汗でヘアもメイクもイマイチになる。見た目の印象をベストにもっていけないのはキツい。

 真夏の14時は、カフェ全体が混雑する。冷たい飲み物を求めて、婚活以外のお客さんがドッと押し寄せる。ホテルラウンジも例外ではない。「暑いから涼もう」とシルバー層が押し寄せてくる。こうして行列が長くなり、待ち時間が増える危険性が高まる。

 このように真夏の14時には、婚活者にとってたくさんの「悪魔」が潜んでいるのだ。

■真夏の婚活、午前10時か午後4時の開始がベスト

 ベストなのは午前10時か午後4時だ。この2つの時間帯を勧めたい理由は微妙に異なる。
午前10時は、超人気店でなければ行列に並ぶことは少ない。午前に婚活を設定する人は少ないので、ホテルラウンジでのお見合いはスムーズにスタートできる。

 「午後から用事がある」と言っておけば、気のない人とランチをしないで済む。もし相手を気に入れば、「ランチを食べる時間はあります」と言うことができる。

 つまり、相手によって好きなように行動できるということ。デメリットは早く起きなければいけないことくらいだ。

 そこで、「休みの日に早く起きるのはしんどい」という人におすすめなのが午後4時。婚活をしている人のほとんどは、すでにお見合いを終えている時間帯だ。シルバー層もラウンジから出る時間なので、行列に巻き込まれるリスクが減る。

 もう一つのメリットは、朝ゆっくりでき、ウィークデーの疲れを癒やせるので、心の余裕を持ちやすい。

 しかし、デメリットもある。出発時間が暑さのピークであること。結局メイクが崩れる危険性は拭えない。メイクをベストに! というのであれば、午後3時に待ち合わせの最寄駅に到着し、化粧室でお直しをしよう。余裕を持って席を確保しておいてから、お相手の男性を迎えると、「気遣いがデキる人」と良い印象を持ってもらえる。

 このように「婚活タイム」をほんの少しズラすだけで、ベストコンディションでいられるから、参考にしていただきたいと思う。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


婚活

関連する投稿


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第1回のテーマは「フランスから見た日本の不倫と婚活」です。


若さよりも大事な婚活力は「笑う力」

若さよりも大事な婚活力は「笑う力」

婚活というと、「若さ」「美しさ」と成婚率が比例するように見えますよね。ですが、現実はそうではありません。たとえば、私の結婚相談所で最も成婚率が高いのは40代です。しかも40代の”再婚”が最も高いのです。妥協しているのか――と聞かれると答えはノー。そこには隠された秘密があるのです。


危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

34歳・派遣社員のヒロミさんは、とあるLINEメッセージをきっかけに、婚活相手から返事がこなくなってしまった。婚活アドバイザー大西朋美さんは、この状況を”相手がどんな状況にいるのか”という推測が欠けていると指摘。ヒロミさんがやってしまった致命的なミスとはなんだったのでしょうか。


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


最新の投稿


マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がれているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

花王は「リーゼプリティア 髪色サプリ」を9月30日より、全国のドラッグストアなどの店頭で発売。ヘアカラー後しばらくすると、色が抜けて黄味がかって明るくなったり、金髪っぽくなったり……そんな悩みを自宅ケアで解決。「週1~2回塗って流すだけ」の新しい髪色ケア習慣の提案です。


セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

ハワイ発のマラサダドーナツ店が浅草に10月15日よりオープンします。注文を受けてから手づくりで提供されるドーナツは、もっちり感をその場で味わえるのが魅力。10月10日からの3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツの無料提供も。


男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

ニューヨーク発の大人気コメディ・バレエ団「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が30回目となるジャパンツアーを開催中! 格式高いと敬遠されがちなクラシックバレエを明るく笑えるものに変え、世界を魅了したそのテクニックと芸術性は、単なる女装バレエにとどまりません。一度は観たい、彼らの舞台の魅力に迫ります。


おっぱい

MENU

DRESS部活