大西明美 さんが 2016/08/11 に更新
真夏の婚活は10時/4時開始にするとうまくいく

真夏の婚活は10時/4時開始にするとうまくいく

婚活タイムとして人気なのは「お茶だけで済む」14時。でも、真夏に限っては例外だ。「真夏の婚活ベストタイムが午前10時と午後4時」な理由を大西明美さんが解説します。

婚活

 婚活の待ち合わせで最も多い時間帯は14時である。実際に、首都圏のホテルラウンジのこの時間帯は、婚活中の男女で溢れている。今出会ったばかりなのに、ラウンジを使うために1時間、長蛇の列に並ぶことも珍しくない。実際に話をするよりも待っている時間のほうが長いなんてこともあり得る。

 なぜ、みんな14時にお見合いをしたがるのか。それは、お茶だけで済むからだ。1時間か2時間話をしても、夕食までまだ時間はある。「この人はないわ」と思った相手に「良かったらお食事にでも」と誘われるリスクが低い。

 13時だと「ランチでもどうですか」となりがちだ。食事をしながら話すとなると、お見合い時間が長くなってしまう。相手がよほど素敵じゃないと疲れる。

 15時スタートだと、うっかりすると午後5時という立派な夕方の時間帯になる。断るのが下手な女性は、「次はない」と思った男性と夕食を共にする羽目になることもある。
 
 というわけで、14時スタートが、ベストな「婚活タイム」ということになる。しかし、夏の婚活だけは、この14時スタートを避けることをおすすめする。

■真夏の14時には「婚活の悪魔」が潜んでいる

 ここ数年の日本の夏は油断できない。35度以上の猛暑の時間帯に家を出発するだけで身体的な負担がすごい。辿り着くまでに疲れてぐったりしてしまい、相手を温かく迎える余裕がなくなりやすい。

 滝汗をかいてしまう。すると、汗でヘアもメイクもイマイチになる。見た目の印象をベストにもっていけないのはキツい。

 真夏の14時は、カフェ全体が混雑する。冷たい飲み物を求めて、婚活以外のお客さんがドッと押し寄せる。ホテルラウンジも例外ではない。「暑いから涼もう」とシルバー層が押し寄せてくる。こうして行列が長くなり、待ち時間が増える危険性が高まる。

 このように真夏の14時には、婚活者にとってたくさんの「悪魔」が潜んでいるのだ。

■真夏の婚活、午前10時か午後4時の開始がベスト

 ベストなのは午前10時か午後4時だ。この2つの時間帯を勧めたい理由は微妙に異なる。
午前10時は、超人気店でなければ行列に並ぶことは少ない。午前に婚活を設定する人は少ないので、ホテルラウンジでのお見合いはスムーズにスタートできる。

 「午後から用事がある」と言っておけば、気のない人とランチをしないで済む。もし相手を気に入れば、「ランチを食べる時間はあります」と言うことができる。

 つまり、相手によって好きなように行動できるということ。デメリットは早く起きなければいけないことくらいだ。

 そこで、「休みの日に早く起きるのはしんどい」という人におすすめなのが午後4時。婚活をしている人のほとんどは、すでにお見合いを終えている時間帯だ。シルバー層もラウンジから出る時間なので、行列に巻き込まれるリスクが減る。

 もう一つのメリットは、朝ゆっくりでき、ウィークデーの疲れを癒やせるので、心の余裕を持ちやすい。

 しかし、デメリットもある。出発時間が暑さのピークであること。結局メイクが崩れる危険性は拭えない。メイクをベストに! というのであれば、午後3時に待ち合わせの最寄駅に到着し、化粧室でお直しをしよう。余裕を持って席を確保しておいてから、お相手の男性を迎えると、「気遣いがデキる人」と良い印象を持ってもらえる。

 このように「婚活タイム」をほんの少しズラすだけで、ベストコンディションでいられるから、参考にしていただきたいと思う。

関連する投稿


婚活で成功する女性の特徴は「石鹸」の香りを放っている

婚活で成功する女性の特徴は「石鹸」の香りを放っている

婚活中の女性が「石鹸」の香りを放っていれば、成功して婚活を早く終えるという特徴がある。近づいた瞬間だけ香る女は、婚活界から早々と卒業していくという。一体なぜ?


女性が婚活で成功する方法は「能天気力」

女性が婚活で成功する方法は「能天気力」

婚活で成功する方法。それは「能天気力」。婚活パーティーは言ってしまえば、この世で一番楽しくないパーティー。でも、その場を能天気に、自由にのびのびとふるまう女性こそ、パーティーでイイ男をさらっていくデキる女。いま、婚活女性がつけるべきは能天気力!


結婚願望が強い女性。婚活がうまくいかないときはやり方を見直そう

結婚願望が強い女性。婚活がうまくいかないときはやり方を見直そう

焦り――結婚願望が強い、婚活中の女性につきものの感情。結婚したいのに、結婚できない……そうやって悩んだあげく、つらくなり、心身のバランスを壊してしまう人がいる。行き詰ったと思ったら、やり方を見直すこと。全体を見ることが婚活成功のコツなのだ。


「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

恋愛感情をもってから、平均約4年半といわれる「交際〜結婚」までの期間。20代の頃ならまだしも、アラフォーともなると、万一ゴールインできなかったとき「ムダな投資だった……」と愕然とするはず。その危険な投資を有効な方法に変えるのが"婚活"です。婚活は全力で恋ができる環境。そんな婚活で恋愛感情を放棄していませんか?


「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

LINEで彼女から詰められる男性の心理を想像してみよう。しかも、年末年始という繁忙期に。ちょっと距離をおきたい、と思われるのも無理はない。恋愛が壊れるのを防ぐ「金曜夜のLINEテク」をご紹介します。


最新の投稿


TSUTAYA で本・雑誌を買うと、電子書籍が無料でついてくる~ 人気の女性誌「Precious」「Domani」「CanCam」「美的」「CREA」「andGIRL」も!

TSUTAYA で本・雑誌を買うと、電子書籍が無料でついてくる~ 人気の女性誌「Precious」「Domani」「CanCam」「美的」「CREA」「andGIRL」も!

本とデジタル両方手に入る『Airbook』サービスに書籍・雑誌合わせて29 タイトルが新たに加わり532 タイトルになり、女性誌も追加となりました。


フルーツ焼酎(ソジュ)って?韓国や日本の女性に大人気!

フルーツ焼酎(ソジュ)って?韓国や日本の女性に大人気!

日本でも人気がではじめたフルーツ焼酎(ソジュ)。韓国の居酒屋ではどこにいっても飲める、人気継続中のフルーツ焼酎。ゆずをはじめ、様々なフルーツフレーバーが楽しめるお酒なのです。そこで今回は"フルーツ焼酎"のちょっと変わった飲み方や、その人気の秘訣についてみていきます。


LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


お金を貯める方法を知りたい女性必見。我慢しなくてもお金を増やす小さなルール

お金を貯める方法を知りたい女性必見。我慢しなくてもお金を増やす小さなルール

お金を確実に貯める、お金を安全に増やす――そんな方法を探している女性は少なくないのでは。お金を増やすといっても、短期間だったり、投資だったり……というのはハイリスク。無理して節約したり副業に手を出したりしなくても、確実にお金が貯まる、日常の小さなルールをとりまとめた本をご紹介します。


日本酒を1杯100円で飲み比べできる「にほん酒BAR」イベントを1月29日(日)に開催

日本酒を1杯100円で飲み比べできる「にほん酒BAR」イベントを1月29日(日)に開催

和歌山県海南市の酒造大手・中野BCは、搾りたての新酒など、同社の日本酒全21種を、1杯100円で飲み比べできるイベント「にほん酒BAR」を、1月29日(日)に開催。