真夏の婚活は10時/4時開始にするとうまくいく

真夏の婚活は10時/4時開始にするとうまくいく

婚活タイムとして人気なのは「お茶だけで済む」14時。でも、真夏に限っては例外だ。「真夏の婚活ベストタイムが午前10時と午後4時」な理由を大西明美さんが解説します。


 婚活の待ち合わせで最も多い時間帯は14時である。実際に、首都圏のホテルラウンジのこの時間帯は、婚活中の男女で溢れている。今出会ったばかりなのに、ラウンジを使うために1時間、長蛇の列に並ぶことも珍しくない。実際に話をするよりも待っている時間のほうが長いなんてこともあり得る。

 なぜ、みんな14時にお見合いをしたがるのか。それは、お茶だけで済むからだ。1時間か2時間話をしても、夕食までまだ時間はある。「この人はないわ」と思った相手に「良かったらお食事にでも」と誘われるリスクが低い。

 13時だと「ランチでもどうですか」となりがちだ。食事をしながら話すとなると、お見合い時間が長くなってしまう。相手がよほど素敵じゃないと疲れる。

 15時スタートだと、うっかりすると午後5時という立派な夕方の時間帯になる。断るのが下手な女性は、「次はない」と思った男性と夕食を共にする羽目になることもある。
 
 というわけで、14時スタートが、ベストな「婚活タイム」ということになる。しかし、夏の婚活だけは、この14時スタートを避けることをおすすめする。

■真夏の14時には「婚活の悪魔」が潜んでいる

 ここ数年の日本の夏は油断できない。35度以上の猛暑の時間帯に家を出発するだけで身体的な負担がすごい。辿り着くまでに疲れてぐったりしてしまい、相手を温かく迎える余裕がなくなりやすい。

 滝汗をかいてしまう。すると、汗でヘアもメイクもイマイチになる。見た目の印象をベストにもっていけないのはキツい。

 真夏の14時は、カフェ全体が混雑する。冷たい飲み物を求めて、婚活以外のお客さんがドッと押し寄せる。ホテルラウンジも例外ではない。「暑いから涼もう」とシルバー層が押し寄せてくる。こうして行列が長くなり、待ち時間が増える危険性が高まる。

 このように真夏の14時には、婚活者にとってたくさんの「悪魔」が潜んでいるのだ。

■真夏の婚活、午前10時か午後4時の開始がベスト

 ベストなのは午前10時か午後4時だ。この2つの時間帯を勧めたい理由は微妙に異なる。
午前10時は、超人気店でなければ行列に並ぶことは少ない。午前に婚活を設定する人は少ないので、ホテルラウンジでのお見合いはスムーズにスタートできる。

 「午後から用事がある」と言っておけば、気のない人とランチをしないで済む。もし相手を気に入れば、「ランチを食べる時間はあります」と言うことができる。

 つまり、相手によって好きなように行動できるということ。デメリットは早く起きなければいけないことくらいだ。

 そこで、「休みの日に早く起きるのはしんどい」という人におすすめなのが午後4時。婚活をしている人のほとんどは、すでにお見合いを終えている時間帯だ。シルバー層もラウンジから出る時間なので、行列に巻き込まれるリスクが減る。

 もう一つのメリットは、朝ゆっくりでき、ウィークデーの疲れを癒やせるので、心の余裕を持ちやすい。

 しかし、デメリットもある。出発時間が暑さのピークであること。結局メイクが崩れる危険性は拭えない。メイクをベストに! というのであれば、午後3時に待ち合わせの最寄駅に到着し、化粧室でお直しをしよう。余裕を持って席を確保しておいてから、お相手の男性を迎えると、「気遣いがデキる人」と良い印象を持ってもらえる。

 このように「婚活タイム」をほんの少しズラすだけで、ベストコンディションでいられるから、参考にしていただきたいと思う。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


婚活

関連する投稿


危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

34歳・派遣社員のヒロミさんは、とあるLINEメッセージをきっかけに、婚活相手から返事がこなくなってしまった。婚活アドバイザー大西朋美さんは、この状況を”相手がどんな状況にいるのか”という推測が欠けていると指摘。ヒロミさんがやってしまった致命的なミスとはなんだったのでしょうか。


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

「婚内婚活」という馴染みのない言葉。今まで聞いたこともないような婚活の形に困惑する伊藤有紀……。胸の内にどこかモヤモヤしたものを抱えた有紀を気遣い、友人の瑛子が連れて行ってくれた場所は、銀座の高級サロンだった。婚活における瑛子の次なる戦略とは――? 連載「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~ 」第23話。


エリート男性との恋愛事情を大解剖! 彼らの意外な心の悲鳴とは

エリート男性との恋愛事情を大解剖! 彼らの意外な心の悲鳴とは

大手企業に勤め、年収も高く、引き締まった体に整った容姿。そんなエリート男性の恋愛事情をご存知でしょうか? 自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く婚活アドバイザー大西さんによれば、彼らには彼らなりのリアルな恋愛事情が存在するのだそう。今回は、そんなエリート男性の心の声をご紹介します。


【危険】LINEのせいで価値観が合う男性との恋愛がフェイドアウト!?

【危険】LINEのせいで価値観が合う男性との恋愛がフェイドアウト!?

出会って意気投合してLINE(ライン)交換。話題も合っているのになぜか2週間もたたないうちにフェイドアウト。一体何が間違っているのか。今回はLINEのせいで、価値観の合う男性を逃してしまうかもしれない危険についてお伝えしていきます。


最新の投稿


JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

オトナのための爪に優しいネイルポリッシュブランド「JUMII TOKYO(ジュミートウキョウ)」代表で、ビューティプロダクトプランナーの前島ゆみさん。きれいのために夜していることは何ですか?


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH(イロハ インティメート ウォッシュ)」のポップアップストアが8月15日~8月31日の間、新宿マルイアネックス館1階にてオープンします。天然精油の香りが配合された、iroha INTIMATE WASHの泡立ちやテクスチャを試せるコーナーも。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。