真夏の婚活は10時/4時開始にするとうまくいく

真夏の婚活は10時/4時開始にするとうまくいく

婚活タイムとして人気なのは「お茶だけで済む」14時。でも、真夏に限っては例外だ。「真夏の婚活ベストタイムが午前10時と午後4時」な理由を大西明美さんが解説します。


 婚活の待ち合わせで最も多い時間帯は14時である。実際に、首都圏のホテルラウンジのこの時間帯は、婚活中の男女で溢れている。今出会ったばかりなのに、ラウンジを使うために1時間、長蛇の列に並ぶことも珍しくない。実際に話をするよりも待っている時間のほうが長いなんてこともあり得る。

 なぜ、みんな14時にお見合いをしたがるのか。それは、お茶だけで済むからだ。1時間か2時間話をしても、夕食までまだ時間はある。「この人はないわ」と思った相手に「良かったらお食事にでも」と誘われるリスクが低い。

 13時だと「ランチでもどうですか」となりがちだ。食事をしながら話すとなると、お見合い時間が長くなってしまう。相手がよほど素敵じゃないと疲れる。

 15時スタートだと、うっかりすると午後5時という立派な夕方の時間帯になる。断るのが下手な女性は、「次はない」と思った男性と夕食を共にする羽目になることもある。
 
 というわけで、14時スタートが、ベストな「婚活タイム」ということになる。しかし、夏の婚活だけは、この14時スタートを避けることをおすすめする。

■真夏の14時には「婚活の悪魔」が潜んでいる

 ここ数年の日本の夏は油断できない。35度以上の猛暑の時間帯に家を出発するだけで身体的な負担がすごい。辿り着くまでに疲れてぐったりしてしまい、相手を温かく迎える余裕がなくなりやすい。

 滝汗をかいてしまう。すると、汗でヘアもメイクもイマイチになる。見た目の印象をベストにもっていけないのはキツい。

 真夏の14時は、カフェ全体が混雑する。冷たい飲み物を求めて、婚活以外のお客さんがドッと押し寄せる。ホテルラウンジも例外ではない。「暑いから涼もう」とシルバー層が押し寄せてくる。こうして行列が長くなり、待ち時間が増える危険性が高まる。

 このように真夏の14時には、婚活者にとってたくさんの「悪魔」が潜んでいるのだ。

■真夏の婚活、午前10時か午後4時の開始がベスト

 ベストなのは午前10時か午後4時だ。この2つの時間帯を勧めたい理由は微妙に異なる。
午前10時は、超人気店でなければ行列に並ぶことは少ない。午前に婚活を設定する人は少ないので、ホテルラウンジでのお見合いはスムーズにスタートできる。

 「午後から用事がある」と言っておけば、気のない人とランチをしないで済む。もし相手を気に入れば、「ランチを食べる時間はあります」と言うことができる。

 つまり、相手によって好きなように行動できるということ。デメリットは早く起きなければいけないことくらいだ。

 そこで、「休みの日に早く起きるのはしんどい」という人におすすめなのが午後4時。婚活をしている人のほとんどは、すでにお見合いを終えている時間帯だ。シルバー層もラウンジから出る時間なので、行列に巻き込まれるリスクが減る。

 もう一つのメリットは、朝ゆっくりでき、ウィークデーの疲れを癒やせるので、心の余裕を持ちやすい。

 しかし、デメリットもある。出発時間が暑さのピークであること。結局メイクが崩れる危険性は拭えない。メイクをベストに! というのであれば、午後3時に待ち合わせの最寄駅に到着し、化粧室でお直しをしよう。余裕を持って席を確保しておいてから、お相手の男性を迎えると、「気遣いがデキる人」と良い印象を持ってもらえる。

 このように「婚活タイム」をほんの少しズラすだけで、ベストコンディションでいられるから、参考にしていただきたいと思う。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


婚活

関連する投稿


エリート男性との恋愛事情を大解剖! 彼らの意外な心の悲鳴とは

エリート男性との恋愛事情を大解剖! 彼らの意外な心の悲鳴とは

大手企業に勤め、年収も高く、引き締まった体に整った容姿。そんなエリート男性の恋愛事情をご存知でしょうか? 自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く婚活アドバイザー大西さんによれば、彼らには彼らなりのリアルな恋愛事情が存在するのだそう。今回は、そんなエリート男性の心の声をご紹介します。


【危険】LINEのせいで価値観が合う男性との恋愛がフェイドアウト!?

【危険】LINEのせいで価値観が合う男性との恋愛がフェイドアウト!?

出会って意気投合してLINE(ライン)交換。話題も合っているのになぜか2週間もたたないうちにフェイドアウト。一体何が間違っているのか。今回はLINEのせいで、価値観の合う男性を逃してしまうかもしれない危険についてお伝えしていきます。


約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚したいの? しなくてもいいの? 結婚に迷うアラフォー婚活世代の私たち。迷える思いを抱えて、婚活カウンセラーのもとへインタビューに行ってきました。そこで見えてきた、これからすべきことは?


男捨離はなぜ女の運命を底上げするのか?

男捨離はなぜ女の運命を底上げするのか?

部屋を片づけると運気が上がるとはよく言われますが、男捨離(男関係を整理整頓)も同様に運気を上げる、と感じている女性は少なくないよう。どこかわかるような気のせいなようなジンクスですが、実はこのジンクスは女性特有のものかもしれません。その理由を探っていくと、女の恋愛に対する意外な価値観が見えてきました。


最新の投稿


伊勢参りに行くなら、服装を「正装」にするのもおすすめ

伊勢参りに行くなら、服装を「正装」にするのもおすすめ

2016年に初めて伊勢参りをしてきました。服装は「正装」です。ジャケットに黒のワンピース、パンプスでお参りしたときの気持ちを振り返りつつ、鳥羽と合わせて巡った伊勢参りの旅レポ、そして、赤福の喫茶併設店舗で、夏季限定でいただける「赤福氷」の思い出もお届けします。


ボタニカルネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

ボタニカルネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

現在流行中の「ボタニカル柄」をネイルに落とし込んだボタニカルネイル。マニキュアを使って、トレンド感あふれるボタニカルネイルに仕上げるやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。


「離婚後の姓」どうするか問題。弁護士に聞いてみた

「離婚後の姓」どうするか問題。弁護士に聞いてみた

離婚後に考えなくてはならないのは、姓をどうするかという問題。離婚後に元夫の姓を名乗り続けるか、子どもの姓はどうするか……。離婚後の姓を考えるにあたり、複雑に感じられる方も多いかもしれません。今回、離婚後の姓について、アディーレ法律事務所の弁護士に聞いてみました。


H&Mのノースリーブブラウスは超優秀インナー。4つのコーデで証明します

H&Mのノースリーブブラウスは超優秀インナー。4つのコーデで証明します

H&Mで1990円で買ったノースリーブブラウスは、何通りにも着回せる超優秀なインナーでした。新しいアイテムを招き入れるか悩んだときは、「3パターン以上のコーデが考えられるもの」を基準に選んでくださいね。


木村瞳さんがきれいのために夜していること

木村瞳さんがきれいのために夜していること

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師の木村瞳さん。きれいのために夜していることは何ですか?