今最前線で輝く女性は「第2陣」かも【塩村あやか】

今最前線で輝く女性は「第2陣」かも【塩村あやか】

現在、第一線で働き、輝いている女性たちの背後には、“第1陣”として戦った女性たちがいるはず。彼女たちに敬意を払いたい――。


 本当に戦っている人を「見抜く目」を持っている女性ってどのくらいいるのでしょう。周囲を見渡してみてください。本当に戦っている人(特に女性)は、とにかく噂やゴシップで潰されていきます。それを手伝っているのがこれまた女性だったりしてタチが悪い。「女性が言ってるのだから」と男性もそれを利用するのです。
 
 「輝きながら戦っている女性も多いじゃないですか」と言う人もいるかも知れませんが、本当に立ち向かった最初の人はたいてい潰されます。いま、第一線で輝きながら戦っている女性はもしかして、本当の最初の女性ではなく「第2陣」だったりしませんか?

■批判して潰される第1弾の女性たち

 戦おうと思ったら、「第1陣」の人たちは「まずは批判」となってしまうんです。そりゃそうです。仕方ありません。そうして世の喚起に成功しても、批判をされた側は角度を変えてその人を潰してきます。そういうものです。批判される側は往々にして強い者ですから、周囲が忖度(そんたく)してそうする場合もあるでしょう。

 その後に続く「戦う人」は第1陣が盛り上げた世論をしっかり生かし、今度は「プラスの主張」でソフトに戦っていくことができます。敵を味方に取り込むのです。敵も現状を変えなくてはいけないからこそ批判をされているのであり、第2陣がソフトに褒めて現状を変えていくことができれば、その「敵」も「ヒーロー」になります。

 第2陣の戦い方は実に効率的。行政改革、女性活躍、保育園問題などなど、そう思いませんか? 全員ではないにしても、私は一理あると思っていますがどうでしょう?

 ちなみに、「女性初」という女性第1号の話をしているのではなく、問題に立ち向かう最初の人という意味です。

■消えていった第1陣に敬意を払おう

 人には役割があると思っています。誰もがその分野のフロントランナーになって、輝きたいと思っているでしょうが、そうはいかない。世の中を変えたいと、第1陣でいいと割り切れる女性って素敵だと思います。

 いま輝いている人だけに賞賛を送るのではなく、本当に第1陣にも注目をする目を養ってほしいと思います。なぜならば、第1陣潰しはとても恣意的です。こうしたことが通用しなくなれば、もっと「問題の解決が迅速」になります。時間には限りがありますから、問題はどんどんと解決されていく方がいいに決まっています。

 そして、いま輝くフロントランナーたちも「第1陣」に敬意を払っていくことができれば、さらに世の中がスピードを上げてよくなると思っています。

 (ちなみに私は第1.5陣かな。どちらにも当てはまるので、どちらのマイナスも被っていますし、プラスの恩恵も受けているという珍しいタイプです)


この記事のライター

東京都議会議員。モデル、自動車ライター、放送作家を経て、社会の問題は全て政治に行き着くと気づき政治の道を志す。維新政治塾1期生。2013年にみんなの党より都議会議員選挙(世田谷選挙区)に初出馬、当選を果たす。2014年には初...

関連するキーワード


塩村あやか 働き方

関連する投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


女性のための「学び直し」と「社交」コミュニティー「SHElikes」がスタート

女性のための「学び直し」と「社交」コミュニティー「SHElikes」がスタート

21世紀を生きるミレニアルミューズのためのソーシャルクラブ「SHElikes」がスタートしました。SHElikesは「学び」と「コミュニティー」との出会いを通じ、自分にしかない価値を見つけ発揮して生きられるようなアクションができる場所です。


「信頼残高」貯めていますか? 将来のキャリアに不安を抱くすべての人へ

「信頼残高」貯めていますか? 将来のキャリアに不安を抱くすべての人へ

働く女性が未来のライフステージについて考えるとき、結婚や出産のタイミングなどキャリア以外のことにも想いを巡らせることがあります。そんなライフステージへの不安を持つ女性をマネジメントする立場の人も多いはず。トレンダーズ株式会社取締役副社長COOの黒川涼子さんに、多様化するキャリアとマネジメントについてお伺いしました。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。


女性は地方移住で幸せになれる? 田舎暮らしの実態を3人の女性に聞いてみた

女性は地方移住で幸せになれる? 田舎暮らしの実態を3人の女性に聞いてみた

インターネットの普及により、場所を問わず仕事ができるようになってきた現代。国も企業に対してテレワークの推進を行うなど、地方移住への障壁は下がりつつあります。そこで今回は実際に都会から地方へ移住した3人の働く女性にインタビュー。地方移住の良い面、悪い面、両方について正直にお答えいただきました!


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。