今最前線で輝く女性は「第2陣」かも【塩村あやか】

今最前線で輝く女性は「第2陣」かも【塩村あやか】

現在、第一線で働き、輝いている女性たちの背後には、“第1陣”として戦った女性たちがいるはず。彼女たちに敬意を払いたい――。


 本当に戦っている人を「見抜く目」を持っている女性ってどのくらいいるのでしょう。周囲を見渡してみてください。本当に戦っている人(特に女性)は、とにかく噂やゴシップで潰されていきます。それを手伝っているのがこれまた女性だったりしてタチが悪い。「女性が言ってるのだから」と男性もそれを利用するのです。
 
 「輝きながら戦っている女性も多いじゃないですか」と言う人もいるかも知れませんが、本当に立ち向かった最初の人はたいてい潰されます。いま、第一線で輝きながら戦っている女性はもしかして、本当の最初の女性ではなく「第2陣」だったりしませんか?

■批判して潰される第1弾の女性たち

 戦おうと思ったら、「第1陣」の人たちは「まずは批判」となってしまうんです。そりゃそうです。仕方ありません。そうして世の喚起に成功しても、批判をされた側は角度を変えてその人を潰してきます。そういうものです。批判される側は往々にして強い者ですから、周囲が忖度(そんたく)してそうする場合もあるでしょう。

 その後に続く「戦う人」は第1陣が盛り上げた世論をしっかり生かし、今度は「プラスの主張」でソフトに戦っていくことができます。敵を味方に取り込むのです。敵も現状を変えなくてはいけないからこそ批判をされているのであり、第2陣がソフトに褒めて現状を変えていくことができれば、その「敵」も「ヒーロー」になります。

 第2陣の戦い方は実に効率的。行政改革、女性活躍、保育園問題などなど、そう思いませんか? 全員ではないにしても、私は一理あると思っていますがどうでしょう?

 ちなみに、「女性初」という女性第1号の話をしているのではなく、問題に立ち向かう最初の人という意味です。

■消えていった第1陣に敬意を払おう

 人には役割があると思っています。誰もがその分野のフロントランナーになって、輝きたいと思っているでしょうが、そうはいかない。世の中を変えたいと、第1陣でいいと割り切れる女性って素敵だと思います。

 いま輝いている人だけに賞賛を送るのではなく、本当に第1陣にも注目をする目を養ってほしいと思います。なぜならば、第1陣潰しはとても恣意的です。こうしたことが通用しなくなれば、もっと「問題の解決が迅速」になります。時間には限りがありますから、問題はどんどんと解決されていく方がいいに決まっています。

 そして、いま輝くフロントランナーたちも「第1陣」に敬意を払っていくことができれば、さらに世の中がスピードを上げてよくなると思っています。

 (ちなみに私は第1.5陣かな。どちらにも当てはまるので、どちらのマイナスも被っていますし、プラスの恩恵も受けているという珍しいタイプです)


この記事のライター

東京都議会議員。モデル、自動車ライター、放送作家を経て、社会の問題は全て政治に行き着くと気づき政治の道を志す。維新政治塾1期生。2013年にみんなの党より都議会議員選挙(世田谷選挙区)に初出馬、当選を果たす。2014年には初...

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画初回では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招き。前編に続き、後編をお届けします。


女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

内科医として働きながら、セミナーやコンサル、執筆など、個人でいくつもの事業を展開する岡本彩さん。なぜ医師という高収入な職業に就きながらも、収入を得るルートをいくつも構築しているのでしょうか。起業するまでに直面した大変な現実、起業後のリアルについて綴っていただきました。


会社を辞めたからこそ見えた景色――「やりたいこと」をするには今自分にあるもので戦うしかない

会社を辞めたからこそ見えた景色――「やりたいこと」をするには今自分にあるもので戦うしかない

新しいキャリアに向けて何をしたらいいかわからない……。そんな悩みを持つ女性は少なくないはず。24歳で女性向けメディア『4MEEE』の立ち上げに参画、フリーランスの経験を経て、現在は同社COOの坂梨亜里咲さん。先のことがわからない時でも「行動力」で道を切り開いてきた彼女に、自分のやりたいことを実現する秘訣を伺いました。


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


最新の投稿


手のエイジングを徹底ケア。マナラから手のうるおいを守り抜くハンドクリームが登場

手のエイジングを徹底ケア。マナラから手のうるおいを守り抜くハンドクリームが登場

水、油、フッ素のミルフィーユベールで、手のうるおいがずっと続く。マナラ ハンドケアベールが、11月15日(水)数量限定で発売します。


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


おっぱい