マンネリ化しがちな母の日ギフト。「寄せ鉢カーネーション」を贈ってみよう

マンネリ化しがちな母の日ギフト。「寄せ鉢カーネーション」を贈ってみよう

母の日ギフトの定番といえば、やっぱりカーネーション。でも、ベタすぎる……かも。そう思うなら、今年は変わり種の「寄せ鉢カーネーション」を選んでみては?


毎年母の日には、欠かさずカーネーションを贈っている。毎年同じでなんだか芸がないとは思うけれど、花好きの母への贈りものは、やっぱりこの花が一番ふさわしいと思う。カーネーションとストール、カーネーションと美容グッズ。カーネーションに何か一品添えて贈るのが、ここ数年の定番になっている。今年は母が欲しがっていたル・クルーゼのシチュー鍋を贈る予定だ。

花屋のおばさんの店も、今日は母の日ギフト一色。レンガ敷きの店の前庭には、白いチョークで大きく「寄せ鉢カーネーションフェア」と書かれた黒板が出ていた。
カーネーションをはじめたくさんの花やハーブが、土のついた黒いビニールポットに入った状態で、お花畑のようにずらりと並んでいる。
周りのお客さんは、籐でできたかわいらしいカゴに、2つ、3つと花を選び、ポットごとカゴの中に入れている。そして、あっと言う間に、海外のガーデン雑誌に載っているような花の盛り合わせを作っていた。カーネーション1種類だけの鉢よりも断然かわいい。

「おばさん、寄せ植えと寄せ鉢ってどう違うの?」
「そう聞かれると思ったよ」
おばさんは、日よけの帽子をひょいとかぶり直して、おでこの汗を拭きながら教えてくれた。

「寄せ植えっていうのは、いくつかの花を一つの鉢に直接植えること。ワンシーズン楽しめるけど、寄せ植えを作るにはシャベルや土やいろんなものが必要だし、植物同士の相性も考えなきゃいけないから、ガーデニングに慣れた人じゃないとちょっと大変なんだよね。それにくらべて寄せ鉢は、何種類かの花をポットのまま一つの容器に入れるだけ。簡単だからズボラな由樹子さん向き!」

「寄せ鉢の花ってどのくらいもつのかしら?」
「だいだい1ヶ月。もちで言えば、切り花と寄せ植えの中間くらいと考えるといい。ただ、直接土に植えないから1種類の花が終わったらポットごと取り出して、別のポットに入れ替えることもできるわけ」
「それじゃますます母にピッタリ! 母はガーデニングもするし、最後はポットの花を、庭に直接植え替えたりもしてくれそうだわ」
「じゃあ、料理に使うハーブなんかも組み合わせとくといいよ」
「そうだ! いいこと考えた!」

カーネーション、ラベンダー、イタリアンパセリ、ネモフィラ。4種類のポット花を買って持ち帰り、プレゼントする予定のル・クルーゼの鍋にポンポン入れてみた。花は鍋の中にちょうど良くおさまり、我ながらなかなかのセンスだ。
「寄せ鉢というより寄せ鍋みたい」
私は一人クスクス笑いながら、母へのカードを書き始めた。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

母の日のギフトは切り花のカーネーションが一般的ですが、今年の母の日のギフトがまだ決まっていない方は、「寄せ鉢」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。花を選んで容器に入れるだけで、オリジナルのアレンジが簡単にできます。
母の日の前日に切り花を買おうとすると、たいてい花屋はものすごく混んでいますし、その日だけカーネーションの値段がやたらと高かったりします。それに比べ、ポット花の寄せ鉢は前もって準備ができるし、お値段もリーズナブルです。(ちなみに撮影に使用した4種類の花ポットは、全部で1230円でした)。

つくりかたの手順とポイントをまとめておきます。
1.ポット花を数種類買います。ポット花は花屋、園芸ショップ、ホームセンターなどで手に入ります。高低差のあるものを選ぶとまとまりやすくなります。
2.容器の底に新聞紙などを敷いてカバーします。カゴなどにいれる場合は、セロハンやアルミホイルなど水漏れしない素材を敷きましょう。容れ物を探すのが面倒だったら、アレンジメント用のカゴを売ってもらえる花屋もあります。気軽に尋ねてみましょう。
3.背の高いポット花を後ろ、背の低いポット花を手前に入れます。
4.たったこれだけで完成です! 寄せ鉢を自分でつくるのが面倒、という方は、すでにできあがった状態の寄せ鉢を売っている花屋もあるので、お近くの店を覗いてみてください。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


カジュアルギフトECサイト「PRELY」期間限定ショップがGINZA SIXにオープン

カジュアルギフトECサイト「PRELY」期間限定ショップがGINZA SIXにオープン

「プレゼントをもっと身近に、日常的に」をテーマとする、カジュアルギフト専門サイト「PRELY」の期間限定ショップが、GINZA SIXにオープン。期間中は2週間毎に、プレゼントの「テーマ」が変わり、都度PRELYが最適なプレゼントを厳選・販売します。


手作りストールは贈り物にぴったり。作り方も教えてくれる工房&ブランド

手作りストールは贈り物にぴったり。作り方も教えてくれる工房&ブランド

手作りストールは温かみやオリジナリティがあって、大切な人への贈り物にぴったりなアイテムのひとつ。静岡県にあるニットブランド「AND WOOL(アンドウール)」では、プロが編み方、作り方を教えてくれます。寄り添っていただきながら作れるので、編み物が初めての人でも安心です。


キールズから「父の日キット」が登場。お父さんへスキンケアアイテムはいかが?

キールズから「父の日キット」が登場。お父さんへスキンケアアイテムはいかが?

いくつになっても素敵なお父さんでいてほしい――。キールズが「父の日キット」を発売。溶岩クレイ配合の洗顔料と洗い流すマスク2in1機能製品「キールズ AGD エイジケア クレンザー」と、人気製品の組み合わせとして、3種類から選べます。


秋田の旬フルーツ×お酒の定期便「Fruitreat(フルートリート)」

秋田の旬フルーツ×お酒の定期便「Fruitreat(フルートリート)」

「Fruitreat(フルートリート)」とは、秋田産の旬のフルーツと、美酒王国秋田県の同じ土と水でできたお酒とを組み合わせて、定期通販する日本初のサービス。2nd seasonでは、月に一度の旬美体験を継続的に楽しめる「Fruitreat for me」と大切な人へのギフト「Fruitreat for you」を展開。


『家庭画報』母の日 “プレミアム”ギフトを数量限定発売

『家庭画報』母の日 “プレミアム”ギフトを数量限定発売

『家庭画報』は、創刊60周年を記念し『家庭画報プレミアムライト』年間購読に花束を添えた、「母の日“プレミアム”ギフトセット」を限定発売。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。