モテる女は喜びを3回アピールする!花束を贈られた後の賢い反応

モテる女は喜びを3回アピールする!花束を贈られた後の賢い反応

男性から花束を贈られたとき、どんなリアクションをしてきたか、思い出してほしい。一度「ありがとう」と伝えるだけでは、男性の心に届いていないかも!? モテ女のお作法、教えます。


店内の照明が急に暗くなった。すると次の瞬間、「Happy birthday to you〜♪」のメロディーが流れ、黒いエプロンのギャルソンが3人、ろうそくのついたケーキを持って現れた。そして、私の隣のテーブルにケーキを置き、満面の笑みで歌いながら拍手している。
店内の客の目が、いっせいにその席に向けられた。

席にいたのは、まだ20代前半と思われるカップル。せいいっぱい奮発して、彼が誕生日のサプライズを用意したのだろう。彼からピンクの花束を手渡されて、ワンピースを着た女の子が頬を真っ赤にしながら、笑っていた。

「なんだか初々しいわね」

私は、友美に小声でささやく。大学の同級生だった友美は、30歳で独立し、今や大人気の結婚相談所の女社長だ。年齢より少し上に見える彼女の落ち着いた雰囲気は、この老舗イタリアンレストランのアンティークの調度品にしっくりとなじんでいる。

「10万」
「え?」
「レストランの食事代5万、今彼女に渡している4℃のネックレス4万、花束3千円。今日のデート予算、しめて10万。今の若い子にしては、あの彼、かなりがんばってるわね」
「ふう〜ん」

友美は、細くてきれいな指先で、魚介のリングイネを器用に取り分けながら言う。

「ところでさ、彼に花を贈られたときの正しいリアクションってなんだと思う?」
「なにそれ!? 正しいとか正しくないとかあるわけ?」
「じゃあ、由樹子だったらどうリアクションする?」
「ん〜と、家に帰ったらすぐに彼にお礼のメールする。今日は楽しかった、ありがとう、とか」
「普通すぎ! そんなうっすいリアクションじゃ、恋愛勝者にはなれないわよ」

「家に帰ったら、真っ先にあの花束を花瓶に生けて写真に撮るのよ。お礼メールには必ずその画像を添えて。
次の日はあの4℃のネックレスを着けてる写真を撮って送る。花とネックレスはSNSにのせて、友達にも自慢する。

そして最後、ここが一番重要よ。1週間後ほとんど花が枯れたとき、一輪だけ残った花をきれいに一輪挿しに生けてるところを、また撮影して送る。『もらったお花、嬉しくて毎日ながめました。最後の一輪まで楽しんでます。ありがとう』って」



「なあるほど〜!」

友美によると、男性は、自分のセルフイメージを高めてくれる女性を好きになるそうだ。女性になにかプレゼントしたとき、想像した以上に喜んでくれると「オレってヒーロー!」とテンションが上がる。また、贈ったものを大切にされると、まるで自分のことを大切にしてくれたように感じるらしい。だから、花をもらっていかに嬉しいか、いかに大切にしているかを、あの手この手で200%伝えるリアクションができるのがモテ女、というわけだ。

どおりで、友美は大学時代からよくモテていた。私のほうが顔もスタイルも良かったのに、私にはなかなか彼ができず、友美はいつもたくさんの男性に囲まれて、しょっちゅうプレゼントをもらったり、食事をごちそうになったりしていた。


「それ、早く教えてほしかったわ〜」


そのノウハウをたくさんの女性に伝えて幸せにする今の仕事は、友美の天職なんだわ、と改めて思った。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

「花をもらうことは気持ちをもらうこと」でも、花束を最後の1本まで楽しむためのテクニックをご紹介しました。
花束には色々な花が入っており、花によって痛むスピードが違います。痛んだ花はバクテリアという菌の繁殖を進ませる原因になるので、水替えのときに早めに取り除きましょう。その際、茎にネバネバが付いていたら、茎をよく洗ってあげるのも長持ちのコツです。最後の一輪まで美しく飾って、恋愛勝者になってくださいね!

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


ちょい足しボタニカル 恋愛

関連する投稿


恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

年代問わず、LINE(ライン)は恋愛の主たるコミュニケーションツールになっています。しかし、文字やスタンプ、写真で伝えることは意外と難しいものです。会えないからこそLINEで育みたい恋。けれどその恋をいつの間にか冷めさせてしまうことも。そんな、恋愛を冷めさせてしまうLINEとは一体どんなものなのでしょうか。


フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

プロのカメラマンが同行し、恋人や友達、家族写真などを撮影してくれるサービス「Lovegraph(ラブグラフ)」をご存知でしょうか? 今回ラブグラフが「より多くの方に気軽に体験してもらう」ことを目的とした新プランを発表。 夏の思い出作りにいかがですか?


大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂(おおくにたま)神社は、武蔵国(現在の東京都大部分と神奈川県一部、埼玉県全域)の総社です。総社とは、地域内(ここでは武蔵国)の神社にいる神さまを一カ所に集めた神社のこと。そんな武蔵国の総社である大國魂神社は、恋愛運や人脈運でご利益を得るには東京でも屈指のパワースポットです。


恋愛リベンジを避ける方法〜愛する人との上手な別れかた【経沢香保子】

恋愛リベンジを避ける方法〜愛する人との上手な別れかた【経沢香保子】

最近、ネットでのリベンジがすごい。まさに、そこは修羅場と化し、誰も幸せにならない。どうにか止まらなければ、どちらかが社会的に抹殺されるまでのデスゲームだ。一度はともに生きることをきめ、安全地帯となったお互いが心も体も別れるのは身を切る以上に辛いものだ。でも、だからこそ、人間としての魅力や強さが試される時期でもある。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。