1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ワークスタイル
  3. 海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

Share

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。

海外から見た「日本人」の長所と短所

■海外からみた日本人

こんにちは、カンボジアで不動産会社・アンナキャムパートナーズを経営するアンナ(本名:荒木杏奈)です。

今回のコラムは、「海外から見た日本」をテーマに、出張先のシンガポールで書いています。日本からカンボジアに戻る途中で、シンガポールに数日滞在しています。

私は、海外に出てから4年になりますが、つくづく日本やシンガポールとそれ以外のアジアの国は、安全面で大きく異なると思います。私自身もカンボジアでスリ・ひったくりに遭ったり、人が銃で撃たれる現場を見たり……といった経験をしてきました。一方で、毎月のように日本に滞在する中、カフェに入れば、PCやスマホ、バッグを席に置いたまま、お手洗いに行く女性を見てヒヤッとします。日本は「落とした財布や携帯が戻ってくる」国ですが、それがもし海外なら「どうぞ持って行ってください」といった環境を自ら作っているようなもの。

最近は、インバウンドで海外からたくさんの外国人が日本に来ていますが、その大半がアジア圏出身者。日本を訪れては、感動して帰っていきます。

多くの感想は「街や道が綺麗」「交通ルールを守る」「電車やバスが時間通りに来る」「食事が美味しい」「風景や自然が美しい」など。駅では、数分遅れただけでお詫びのアナウンスが流れる国は日本くらいでしょう。本当に素晴らしい国です。

また、日本人が思っている以上に、日本のことが知られるようになっています。一方で、日本人は、アジア諸国のことについて知らなすぎる人が多いとも感じます。

シンガポールに来て、シンガポール人の友人と話をすると、アジア各国のことが話題になります。景気のいい国や各国の政治情勢などがメインテーマ。

また、蛇足ながら私の業界仲間だからかもしれませんが、皆、不動産投資が大好きでアジア中の不動産市況が話題になることが多いです。日本の不動産投資も結構、話題になるのでびっくりします。昨日も東京の不動産は高騰しすぎたので、関西に投資している、ニセコに不動産視察に行った、などの話を聞きました。

今回のコラムでは、海外から見た日本人のいいところ、よくないところを取り上げます。


趣味で繋がるサードプレイス DRESS部活。新入部員募集中!【編集部】


■海外から見た、日本人のよくないところ

1、英語を話せない
富裕層のカンボジア人夫婦が、日本を訪れたときに驚いたことで、東京ディズニーランドに行こうとして東京駅で迷ってしまい、いろいろな人に話しかけたところ、駅員を含めて誰も英語を話せなくて困ったそうです。

オリンピックの開催に向けて、英語表記など多少よくなってはいるものの、実際の声を聞くともっと改善するべきだと感じます。

2、ネガティブな意見が多い
テレビを見ない私でも、ネットから嫌でも目に入ってくる芸能ニュース情報は、何か失敗した人を皆で徹底的に責め立てて、その人をダメにしてしまうような印象です。他人を批判する時間があるなら、もっと楽しくて自分のためになることを考えた方が有益なのでは?

海外の人は、人間だからこんな欠点もあるけど、いいところはいいと認める感覚があって、ポジティブさを感じます。

そもそも海外は、いろいろな国の人々が集まっているので、積極的な人でないとやっていくのは難しいと思いますが、たとえ失敗しても挑戦する姿勢を評価するような雰囲気を、日本にいたときよりもより多く感じます。

一方で、日本人として持って生まれた性格で、海外の人から好まれることも多い部分は、以下です。

■海外から見た、日本人のいいところ

1、パートナーを尊重する
外国人は日本人に対し「パートナーを尊重する」といったイメージを持っていて、それが信頼に結びつきやすいようです。

また日本は、政府開発援助(ODA)で、発展途上国の経済発展や福祉の向上のために、先進工業国の政府及び政府機関が発展途上国に対して行う援助や出資を多くしていることから、感謝されることも多々あります。ビジネス上でも日本人の印象がいいので、優位にあると感じます。

2、長期的なビジョンや関係を重視する
日本人は人間関係を重視することから、短期的な利益を追わず、長期的なビジョン(未来像)や関係を重視する傾向にあると思います。

自身が審査員を務めたカンボジアのプロパティーアワード

3、約束を守る
日本の社会では「時間を守らない人は信用が低い」という固定観念があります。そのため、日本人の間ではプライベートでも仕事でも、「時間を守る」習慣が定着しています。約束に遅れそうになると、信用を失いたくない意識が働いて、必ず相手に連絡を入れてお詫びをします。約束した時間を守ることは、自分の信用に関わることもでもあり、日本人同士では大変大切なことです。外国でも、これがあたりまえにできる日本人が信用につながります。

海外起業にはリスクもありますが、「日本人と仕事をしたい」という人は、アジアにはたくさんいます。日本人として、海外でも働きやすい環境にしてくれた日本人の先輩たちに感謝しつつ、海外での起業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

高学歴・高収入女性と外国人男性のカップルがうまくいく理由

https://p-dress.jp/articles/3422

高学歴・高収入女性のパートナーには外国人男性が適している――医師で選択的シングルマザーとして、外国人男性との間にふたりの子供を持つ岡本彩さんは、自身の経験を振り返ってそう語ります。その理由について詳しく綴っていただきました。

Share

荒木 杏奈

宅地建物取引士。1984年生まれ、東京都出身。大手ネット広告代理店(株)セプテーニ入社。その後SBIマーケティング(株)を経て、2012年10月よりカンボジア金融機関に勤務。2013年12月から、アンナアドバイザーズ株式会社...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article