1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 梨園の妻になった藤原紀香さんから紐解く、たるみゼロ、ハリ感たっぷり美顔の秘密【小顔編】その1

梨園の妻になった藤原紀香さんから紐解く、たるみゼロ、ハリ感たっぷり美顔の秘密【小顔編】その1

Share

3月30日、歌舞伎役者・片岡愛之助さんとの入籍を発表した藤原紀香さん。大女優然とした美しさに目を奪われた人も多いはず。でも、それだけではありません。紀香さんといえば、驚くほどの小顔の持ち主でもあるのです。

梨園の妻になった藤原紀香さんから紐解く、たるみゼロ、ハリ感たっぷり美顔の秘密【小顔編】その1

3月30日、歌舞伎役者・片岡愛之助さんとの入籍を発表した藤原紀香さん。幸せの絶頂にいる紀香さんは、いつ見ても変わらない美貌の持ち主。自分が彼女と同じ年齢になったとき、顔はもちろん身体を含めて容姿全体に「無駄」も「たるみ」もない姿を想像できるのか、疑問に思うほどである。
紀香さんのブログを覗いてみると、自身の美容・健康関連の愛用品を度々紹介しており、日々のケアには手を抜いていない印象がある。

■動画の世界で小顔=真の小顔

そんな中、今回私がとくに注目しているのは、彼女の小顔さ。
きっかけとなったのは、ある日テレビを見ていたときのこと。たまたま紀香さんの全身が映し出された。その瞬間、衝撃を受けたのが、顔の小ささだった。ここまでセルフィー(自撮りと呼ばれる行為)が流行る現代、SNSを通して他人の姿を見ることが多い。だが、私たちが見ているのは実は顔だけ、上半身だけという場合が多いのではないだろうか。

私が衝撃を受けた紀香さんの顔は、全身とのバランスを見ても、とても小さくて綺麗な形をしていた。それに、今や静止画の世界では正直なところ、修正アプリがあるからどうとでもなる(笑)。だからこそ「この人、意外と顔が大きい!」とは気づかないわけだけれど、修正が許されないテレビ(動画)の世界で見た紀香さんは間違いなく小顔だった。

そこで今回、紀香さんの小顔さを自分なりに分析したところ、以下の3つの要素が導き出された。

■40代でもハリ感あふれる理由

1、たるみがない
2、ハリがある
3、パーツが中心に寄っている


まず、1つめの「たるみがない」は、その言葉の通りである。人間の身体は20代を越えてから徐々に老化が進み、パーツごとにたるみが現れる。だが、紀香さんはどこのパーツをとっても老化が見られない。たとえば30代で多いたるみの要素が、こめかみや目の下。それがさらに進み、40代に近づいていく年になると、瞼が下がってきて目尻にしわが入り、頬の位置が下がってきて口周りに法令線も見られるようになる。

フェイスラインはもたつき、肌質も変わってくる。個人差はあるものの、そろそろ何かやらないとマズいなぁ……なんて考える時期なわけだ。

と、同時に、ハリがなくなり毛穴はぱっくりと開き、シミやくすみが目立ち始めるはずなのに、紀香さんはびっくりするほどのハリ肌である。頬はパーンと張ったように見える。しかもナチュラル。
たるみの症状と同時に起こる肌質や皮膚の変化は、コラーゲンやヒアルロン酸が細胞で作られなくなり、それによって弾力と水分がなくなり、いわゆるハリがなくなってくるはず……だけど、紀香さんはそんな肌ではない。
まるで10代の肌を見ているような錯覚に陥る。

■私たちも紀香小顔に近づける

そして、勘違いしてはいけないのが、目や鼻などのパーツが大きければ小顔に見える、とは限らないこと。紀香さんは決して一つひとつのパーツが大きいわけではないのに、鼻を中心に真ん中にキュッと寄って見える絶妙なバランス。

たとえば、キャンバスに目と鼻と口を描いてみる。目と目の間を離して口を大きく描いたときと、鼻を中心にバランスよく描いたときと、視覚的効果は後者の方が小さく見えるはず。
紀香さんの顔のバランスに、私たちが近づこうとするなら、普段のメイクアップを変えれば、少しはなんとかなるかなと思っている。

しかし、あのハリ感に近づくのは、たるみをなくして、内側から変えない限り、無理だと断言したい。まず、たるみの根本的な原因は、筋肉の衰えにあるため、筋肉を鍛えること。顔では上へと引き上げる筋肉と下へ引き下げる筋肉が交差しているが、重力や筋肉そのものの力が衰え、下へ引き下げる方が優位に働くと、たるみとして現れる。もうすでに下がっているのであれば、美容医療でボトックス治療をすればすぐに解決できる。

そしてハリは、皮膚の弾力を司るコラーゲンとヒアルロン酸を細胞レベルで増加させ、作り出すことが求められる。
萎ませるのか萎ませないのか、そこはあなた次第といっても過言ではない。
私はハリ感を求めて、美容医療で解決できるコト・モノを日々探ってきた。
小顔になれて、ハリも出せて、肌質も10代並みになれるもの。その秘密を後日、体験取材レポートとして発表するので、ご期待いただきたい。

Illust/Aya Nodeki

Share

平野 香奈絵

「美容医療をもっと身近に!」をモットーに活動しているフリーランス美容家・ライター。 美容クリニックや審美歯科などのPRコンサルタントも行う。 自身のスキンケアやサプリメントはすべてドクターコスメ、毎月の肌メンテは美容クリニッ...

関連記事

Latest Article