花見の場所取りは社会人デビューの儀式!?

花見の場所取りは社会人デビューの儀式!?

そろそろお花見シーズン。場所取りを担当するのはどこの会社でも下っ端、新入社員だ。それを経験して、社会人としてスッとなじんでいく。そんな彼らをやさしい目線で励ますソメイヨシノが、日本人に愛され続ける理由は――。


**「私」(40代ワーキングママ由樹子)の目を通した「ちょい足しボタニカル生活」をお届けします**

「1年が経つの、早いなあ」


“新入社員研修会場”と張り紙された会議室を見て、私はつぶやく。今年も緊張の面持ちで真新しいスーツに身を包んだ新入社員がやってくる。


私の会社の新入社員が最初に任される仕事は「花見の場所取り」だ。青いビニールシートの上で寒さに震え場所取りをする。つまみが足りないとか、お酌のときのビールのラベルの向きが違うとか、おじさんたちに不条理な縦社会の洗礼を受ける。「なんでみんなで花見しなきゃいけないの?」などというゆとり発言はタブーだ。


「ママ、どうして桜はみんなで一斉に咲くの?」
「そういえば、どうしてかしらね?」


小5のさるおに聞かれて答えに詰まり、花屋のおばさんに聞いたことがある。


「ソメイヨシノは、人間が接ぎ木して増えるんだよ。あいつらはクローンだね。だから一斉に咲いて一斉に散る。それにさ、植物はふつう葉っぱが先に出て花が咲くのに、ソメイヨシノは花が先。それも不思議だろ? ソメイヨシノは日本人の好みをよーくわかってるんだよ」


たしかに、枝が見えないほど圧倒的な華やかさで一斉に咲きパッと散るソメイヨシノは、日本人にこよなく愛されている。

日本人は期間限定モノに弱い。私も「秋限定栗」のハーゲンダッツに、つい手が伸びる。日本人は「みんなで力を合わせる」ことも大好きだ。事故が多発しながら長い間続けられた、運動会の組体操は「全員一致団結」好きの日本人マインドを刺激する。


AKB48は、クラスに一人くらいはいる、美人すぎず手が届くくらいの女の子の集団だ。集団で力を合わせることで可愛さが増す。大騒ぎしながら卒業していく段取りも、ソメイヨシノを手本にしているとしか思えない。


新入社員が社会に出てまず身につけなければならないのは、周囲に気に入られるよう自分を武装することだ。同じようなスーツを着て、同じようなバッグを持つ。ビジネスマナーというわかりやすいルールに自分をあてはめ、「常識」という鎧を身につけ画一化させていく。そうでなければ男性社会に受け入れてもらうことができない。会社組織に入ったとたん、その壁の高さに愕然とするはずだ。


「花見の場所とり」は、そんな社会に仲間入りするための儀式なのかもしれない。理不尽だけどとりあえずがんばれ!
ソメイヨシノは高い枝からそんなふうに新入社員を励ましてくれているような気がする。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


ちょい足しボタニカル

関連する投稿


ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

水に浮かべるだけで、目も心も涼やかになる浮き球。葉っぱと組み合わせて、夏限定のインテリアに取り入れてみよう。


バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

天然の花の香りを嫌う男の人はいない。バラの香りなんて鉄板だ。だから、夫や彼を取り戻したいと思ったら、ローズウォーターを日常使いしてみては?


仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

イギリスの「チェルシー・フラワーショー」という大会をご存じですか? エリザベス女王が総裁を務め、英国王立園芸協会が主催する、世界最古で最高峰のガーデニングコンテストです。今回の「ちょい足しボタニカル」では、ボタニカル作家・輪湖もなみが、同ショーに挑む女性の姿を描いた映画『フラワーショウ!』の魅力をご紹介します。


夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

リビングに活けた花が1日でしおれかけている――そんなときは「飾り場所」を見直してみるのが先決! 夏に花を飾るのに適した場所、適さない場所を知っておきましょう。


ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

夏はベランダガーデニングにもってこいの季節。ひとり静かに自分と向き合う時間をつくって、心と人生に余裕を。それだけでいつの間にか、人としての魅力が磨かれているみたいです。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。