1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. 一日中いっしょでもラブラブでいるために。外出自粛中のマンネリ解消法

一日中いっしょでもラブラブでいるために。外出自粛中のマンネリ解消法

Share

外出自粛のためにテレワークに移行し、朝から晩まで同じ部屋の中にいる生活になってしまった……という同棲カップルや夫婦は多いのでは? そんなふたりのためのマンネリ解消法を、よりよいセックスを求めて古今東西を駆け回ってきた!(ぴこん)さんが語ります。

一日中いっしょでもラブラブでいるために。外出自粛中のマンネリ解消法

こんにちは、!(ぴこん)です。外出自粛期間がまだまだ続いていると思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私はテレワークに移行し、毎日家でパソコンと向き合いながら仕事をしています。そのパソコンの先で同棲中の彼氏も仕事をしているので、テレビ会議中に机の下でつま先をツンツンし合って、掘りごたつ式の居酒屋で何気ない顔をしながら男性と足先でイチャつくプレイと似たようなことを我が家でもやっています。意外とハラハラして楽しいです。

しかし、お互いテレワークになってしまった同棲中のカップルや夫婦は、どうやったってこれまで以上にいっしょに過ごす時間が長くなり、最初は嬉しかったテレワークも、ちょっとしたことでイライラしちゃったり、夜の営みが減ってしまったり……なんてこともあるのではないでしょうか。

そんなふたりのために、我が家でおこなわれているマンネリにならないためのいくつかの対策を紹介したいと思います。レッツ、ラブラブ!

■自粛期間中のマンネリ解消法4選

1.身だしなみはできるだけ気を抜かない

これはもう自分の意識しだいで簡単にできることですが、意外と難しい……。ひとり暮らしだったら絶対に化粧もしないし髪の毛のセットもしないし着替えもしてなかったかも、というくらい私は面倒くさがりで準備が苦手です。

彼氏と過ごしていたって、正直メイクなんてしたくない! と思う日もありますが、そこは心を鬼にしていつも通りの身だしなみを整えます。ボロボロな状態で彼の目の前に行っても自分に自信が持てないし、なんだか甘えることすら億劫になる気がします。だから、自分のメンタルを支えるためにもしっかりお化粧をして、常に可愛い自分を彼氏の前で見せる努力だけは怠らないようにしています。

でも、体調が悪いときやどうしてもメイクしたくない! という日は無理をしないようにしています。自分とよく相談しながら、負担にならない程度の努力を心がけています。

2.身体づくりをする

今まで通勤時間に当てていた分だけ、朝の時間が増えたので筋トレをしています。家にこもりきりのテレワークだと身体がバキバキになって体調が悪くなるので、平日は1日30分以上筋トレをするようになりました。

と言っても、アスリートを目指しているわけではないので、自分の思ういい身体になるために、腹筋の引き締めとヒップアップをメインのメニューで組んでせっせとやっているだけ。まったく辛くはないです。筋トレのいいところは、きちんとやっていれば絶対に結果が出るところにあり、テレワークが始まって2カ月が経った今、彼氏に「自分がいい身体になってるってわかってんの?」と若干キレられるくらいにはよくなっているようです。

自分でも毎朝、自分の身体の写真を撮り、過去の写真と見比べてモチベーションを上げるようにしたり、あくまでも日常に筋トレを入れるだけで食事制限などはしない無理のない身体づくりを心がけています。私の身体が仕上がっていくたびに、彼のテンションもちんぽも上向きになるのでいいことしかありません。お腹が出なくなっただけでセックスにも自信がつくようになる気がするので、お手軽自己肯定感アップにオススメです。

3.仕事中はなるべくイチャつかない

同じ家にいるとついつい、どちらからともなくちょっかいをかけたくなってしまうもの。むしろ私のほうが、テレワークになったばかりのときにはずっと一緒にいれるのハッピーやん! と浮かれていましたが、実際には仕事中は意外とイチャつかない。……というか、お互い仕事をしているからイチャつく時間がない。当たり前だけど、しっかり働いています。

たまに休憩時間が被ったときにハグし合ったりはしますが、それ以外は黙々と仕事をしています。会話をするとしても仕事の話くらいで、真剣な顔をした目の前の彼氏にたまにうっとりして満足しています。テレワークでもオンオフをしっかりつけることが、マンネリを防ぐことにつながるのかなと思います。

4.家で遊べる新しい趣味をふたりで見つける

これ、意外と盲点だったのですが、家での趣味をつくるのって大事です。我が家の場合、中学生の頃からゲーム離れをしていた彼×実家がゲーム禁止だったからほぼゲーム機にさわったことのない私という組み合わせのカップルなので、今までゲームを買うという考えもなかったのですが、家でできる何かがほしい→ゲームにしよう! という流れで彼がPS4を買ってくれました。

ソフトやゲーム内課金は私が負担する形で、一緒にゲームをやり始めたのですが、これがまたすごいハマる。平日夜も土日もずっとゲームをするという、引きこもりカップルっぽい過ごし方をここ最近はずっとしています。我が家ではFPS(一人称視点のゲーム。プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズやフォートナイト、Dead by Daylight、APEX LEGENDSなど)をふたりで始め、最初はまったくできなかったものの、お互いにアドバイスし合いながら成長していっているので楽しいです。

ひとりは実際にゲームをプレイし、もうひとりは武器や技をネットで調べたりするという協力もできるし、新しく“ゲームの話”という共通の話題もできて、おうち時間に飽きがこないです。撃ち合い系のゲームだと、彼の新しい一面が見られたりしてドキドキすることもあります。

■変化を恐れることがマンネリにつながる

自粛中の今だからこそできるちょっとしたことが、よりカップル同士の絆を深めていくきっかけになるなぁと思います。変化を恐れるとマンネリになるので、今よりよくなる何かをお互いに見つけていけると、もっとハッピーな生活を送れるようになります。

私が書いたことは今日からでも試せるので、参考にしてもらえると嬉しいです。自粛中で身動きとれない同棲カップルに幸あれ!

!(ぴこん)さんの連載バックナンバーはこちらから

Share

!(ぴこん)

20歳。セックスを求めて三千里。セックスとツイッターに浸かりながら日々過ごしています。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article