1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. ご近所コーデを格上げ! 部屋着に見せない3つのポイント

ご近所コーデを格上げ! 部屋着に見せない3つのポイント

Share

色々なイベントが中止になり、旅行も飲み会も延期。家や近所で過ごす時間が増えてきた。たとえ近場で気楽に過ごす日でも、気持ちの良いおしゃれをしたいもの。でもわざわざ気合を入れて肩の凝るおしゃれは避けたい。家でくつろぐ服にプラスアルファで、ご近所コーデを楽しむ工夫。

ご近所コーデを格上げ! 部屋着に見せない3つのポイント

■ご近所への気楽な外出は、最低限の工夫を

すっぴんにポニーテール、ジャージ姿。
それはそれで可愛い、と深夜のコンビニにいる若い女の子たちを見て思う。

ただ、「見てはいけないものを見てしまった感」を他人に与えてしまうこともある。
ご近所でも身なりを整える気持ちは保ちたい。

かといって「ちょっとそこまで」のお出かけに、わざわざしっかりメイクをするのも面倒。
肩の凝る服に着替えるのも面倒。髪を巻くなんてげんなり。ストッキングを履くなんて絶対避けたい。

だから最小限の手間でだらしなく見えない工夫を。

1.素足で履いても気持ちよい、ペッタンコ系の靴
2.個性的な、持つだけでコーデが速攻おしゃれになるバッグ
3.羽織るだけで盛れるコートやパーカー


この3点がご近所コーデを救う。
つい数分前まで、自宅のソファでゴロゴロしていたと悟られないはずだ。

■素足で履けて、楽な靴でご近所へ

近所へ出かけるときに一番面倒なのが足元ではないだろうか。
わざわざタイツやストッキングに履き替えるなんて絶対に面倒。

そんなときは、「素足で履ける靴」がおすすめ。柔らかいバレエシューズ、冬は暖かいUGGのモカシン。素足で履いてこそ気持ちのいい靴たちだ。

サッと履いて、帰ってきてサッと脱げる。スニーカーより手軽でラクチン。

足も心もリラックスできる靴を何足か揃えておくと便利。
もちろん、気合を入れたコーデにも、十分活躍する靴たちだ。

■持つだけでおしゃれ感が出せる個性的なバッグ

人に与える印象に大きな割合を占めているのがバッグ。
ゆるっとした普段着でも、バッグがピリッと個性的だと、「オシャレしてきました」感が簡単に出せる。

着替えるのが面倒だったり、とにかくリラックスウエアでご近所に出かけたいときは、あえて個性的なものをチョイス。

シルバー、パイソン柄、フリンジ付き。

これだけで、こなれた感じが一気にアップ。
バッグにいつも助けられている私である。

■家着にプラスアルファ

何年も着こんだ大きめのニットに楽なデニム。
家でゴロゴロしている時によく着ている服だが、これを瞬時にご近所コーデにするのは、パッと羽織るだけでもサマになるコートやブルゾン。

中身がどんなに普段着でも、羽織ものをきちんと選べば、何とかサマになる。
ご近所にできたちょっと気取ったカフェにだって、気後れせず入れる。

そして万が一、知り合いに会ったとしても、「見なかった振り」をされることもなく、堂々と笑顔で挨拶ができるレベル。

私が「盛れるコート」と呼んでいるグリーンのチェック柄のチェスターコート。
どんな手抜きの服を中に着ていても、このコートを羽織るだけでOK。

・髪のセットがメンドクサイとき用の帽子
・クラシカルな形のバッグ

さらにこのふたつをプラスすれば、「気合の入ったコーデ」に見えること間違いなし。

■明るい色の羽織ものは便利

同じく簡単なご近所コーデ。家での服装に明るい色のパーカーブルゾンを羽織り、金色のバレエシューズ。

羽織ものを明るい色にするだけで、普段着でも春らしくウキウキするご近所コーデに。
ピンクのチェーンバッグを持てば、どこまでも歩いていけそうな気分になるから不思議。

■日々できることを大切に

特別なイベントや特別な用事。
気合を入れておしゃれをするのはそのときだけ、というのも寂しい。

暇な日こそ、「何もない」「つまらない」と思う日常でこそ、おしゃれはしがいがある。

なぜなら「自由」だから。
他人の目も社会的な縛りも役割も気にせず、とことん自分のための、楽でリラックスできて楽しいおしゃれ。

気分を上げていこう。
自分の顔は自分で上げないと上がらない。

こんな世の中ご時世だからこそ、一日一日を丁寧に大切に。
おしゃれして気分よく。

簡単なちょっとしたことだけでいい。心がけていこう。

Share

霧香

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article