1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 今買って春まで着られる。STUNNING LUREのおすすめトレンチコート

今買って春まで着られる。STUNNING LUREのおすすめトレンチコート

Share

火曜日のファッションコラム担当は、R*ジャスミンさん。今回は、機能的かつスタイリッシュなデザインの「STUNNING LURE(スタニングルアー)」トレンチコートを紹介します。

今買って春まで着られる。STUNNING LUREのおすすめトレンチコート

春のアウターと聞いてまず思い浮かぶのは、トレンチコート。
私はトレンチコートが大好きで、オーソドックスな王道のものからとろみのある素材の「テロンチ」、そして袖のない「ジレンチ」まで、さまざまな種類のトレンチコートを所有しています。

ベーシックなアウターではありますが、素材や丈、デザイン、カラーなど、毎年少しずつアップデートされているため、たくさん持っているから今年は買うのはよそう! と決めていても毎年1枚は購入してしまいます。

今年も早速厳選の1枚を購入したので、コーディネートを交えてご紹介したいと思います。

■厳選したのはアイスグレージュのトレンチ

こちらは今春STUNNING LURE(スタニングルアー)で購入したトレンチコートです。
まず、このライトグレーとベージュの中間のようなアイスグレージュのカラーに目が留まりました。

ややオーバーサイズなため上半身が薄い私の骨格には合わないタイプのデザインなのですが、ベルトを締めて着ることでドレストレンチのようなメリハリのあるシルエットに。
着方次第で骨格や体型を問わず着られます。

ネックのボタンを開けて着てもいいですが、ボタンをすべて留めてスタンドネックで着るのも新鮮です。

トレンチコートのパーツの中でも代表的なエポ―レット(肩章)はマニッシュな印象を与えがちですが、アイスグレージュのカラーのおかげで柔らかい雰囲気に。

トレンチコートは後ろ姿にもこだわりたいものです。
ストームシールド(肩から背中にかけての当て布部分)と、インパーテッドプリーツ(内側の箱ひだプリーツ)がふんわりと広がり美シルエットに見せてくれます。

■パンツにもスカートにも合う丈を選ぶ

同じトレンチコートをパンツスタイルに合わせてみました。
この時、ボタンは留めずに前を開けて、羽織るように着ています。

コートの丈はパンツにもスカートにも合わせやすいやや長めの着丈がベストです。

■機能的なトレンチだからこそ、オーソドックスになり過ぎないものを

このトレンチにはキルティングライナーがついているため、肌寒い日はライナーをつけて着用できますし、撥水加工が施されているので雨の日にも対応でき、今の時季から梅雨ごろまで長い期間着用できます。

元々、寒冷地でも対応できるよう軍用の防寒具として開発されたトレンチコート。
付属のパーツは単なる装飾ではなくそれぞれ役割があり、機能的にできていますが、定番のアイテムなだけに人とかぶりやすかったり「堅苦しい」印象になりがちです。

今年私が選んだトレンチコートはよくありがちな保守的なイメージのものではなく、スタイリッシュなデザインのものです。

ベーシックな型のトレンチを1着持っていたら、2着目は、ぜひカラーやデザインにこだわってみてください。

Share

R*ジャスミン

1968年生まれ。ファッションブロガー。商社にてシルク繊維・製品の輸入に携わり、結婚、出産を経て2014年からブログを開始。同年に賃貸業・管理業の自企業を設立・経営する。ライフスタイルから自身の日々のスタイリングを綴った等身...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article