1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 今春、旬のデニムは「ゆるストレート」。大人に似合うUPPER HIGHTSが狙い目!

今春、旬のデニムは「ゆるストレート」。大人に似合うUPPER HIGHTSが狙い目!

Share

火曜日のファッションコラム担当は、R*ジャスミンさん。今回は、大人の体型をカバーしながらエッジの効いたおしゃれな着こなしが叶う「UPPER HIGHTS」のデニムを紹介します。

今春、旬のデニムは「ゆるストレート」。大人に似合うUPPER HIGHTSが狙い目!

春のおしゃれに欠かせないアイテムと言えば、デニム。今シーズン私が購入したのは、UPPER HIGHTS(アッパーハイツ)の定番「THE EIGHTY'S」
すでにEIGHTY'Sは所有しているのですが、春らしい新作のカラーを選びました。

今回は、UPPER HIGHTSの新/旧デニム、2パターンを使ったコーディネートをご紹介します。

■この春のイチオシはベージュ味のあるグレーカラー

UPPER HIGHTSは、2014年に誕生したメイド・イン・ジャパンのブランドです。
パターンや縫製にこだわり、日本人の体型に合ったデニムを作り出しているため、多くのデニムユーザーから根強い人気があります。

私も2本目のデニムを購入しました。今回選んだのは、前回と同じ「THE EIGHTY'S」。
腰回りはすっきりしていますが、太もも周りは少しゆとりがあり、スリムだけどぴったり過ぎないシルエットが絶妙で、大人の体型を綺麗にカバーしてくれます。

カラーはETAIN。グレーとベージュの中間のような錫(すず)色です。

デニムと言うと、インディゴブルーやブラック、ホワイトなどのカラーが定番。そんなありふれたカラーにはもう飽きた! と言う方におすすめなのが、この錫色です。

何とも言えないニュアンスカラーと、行きすぎないモダンなヴィンテージテイストの加工が、いつものスタイルを格段にグレードアップしてくれます。

この日はモスグリーンのドッキングニットと合わせた、休日スタイルです。

自然な濃淡が出るよう加工が施されているため、ユーズド感がありながらも細見え効果があり、投入するだけで着痩せと着映えが叶うデニムです。

この日はニットもベージュ系のものにして、ベージュのワントーングラデーションコーデで品良く仕上げました。

レングスも抜け感が出せるよう、昨年のものより若干短いアンクル丈に更新されています。
パンプスやスニーカー、スリッポンなどとも相性が良い丈ですが、今回はベージュ系のショートブーツと合わせ、全体をワントーンでまとめてみました。

■シルバーデニムは淡いカラーのアウターで品良く

こちらは昨年購入した、同じくUPPER HIGHTSの「THE EIGHTY'S」。カラーはPLATINUM、ユーズド感のあるシルバーカラーです。

丈は今春買い足したものよりも長めのレングス。いつもより1サイズ上のものを穿いているため、ウエストから太もも、膝下にかけてゆとりがあり、ややルーズなシルエットです。

過激なダメージ加工のデニムは大人にはややハードルが高いですが、ブラックデニムにユーズド感と濃色が残るような加工のプラチナなら、モダンな印象のヴィンテージテイストで大人っぽく穿くことができます。

シルバーカラーのデニムには、Whim Gazette(ウィムガゼット)のオフホワイトのノーカラーコートを羽織り、ハードになりすぎないようにしました。

■今年はほどよいゆとりのストレートが旬

デイリーにもお出掛けにも使える万能なデニムですが、同じものを何年も穿き続けていたら、それは少し危険です。定番アイテムでありながらも、デニムは色や形、丈などのディテールが毎年少しづつアップデートされているからです。

今まで穿いていたデニムに違和感があったり、何か少し違うかも……と感じたら、デニムの買い替えどきかもしれません。

旬のデニムは昨年からの流れで、スキニーでもない、ワイドでもない、「ほどよいゆとり感」のあるストレートライン。合わせるアイテムを選ばず、大人っぽいこなれた印象を簡単に作り出すことができます。

自分の体型に合った、今年らしいシルエットのデニムは最強! ワードローブに1本あると必ず重宝しますよ。

Share

R*ジャスミン

1968年生まれ。ファッションブロガー。商社にてシルク繊維・製品の輸入に携わり、結婚、出産を経て2014年からブログを開始。同年に賃貸業・管理業の自企業を設立・経営する。ライフスタイルから自身の日々のスタイリングを綴った等身...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article