実家あるある

Share

「勝手知ったる」実家は、ひとり暮らしの我が家よりも落ち着ける場所……であるはずなのに、久しぶりに帰省すると意外としっくりこないということも。そんな「実家あるある」を紹介します。

実家あるある

■害虫スルー

自分の家で蜘蛛を見かけようものなら、見つけて対峙するまで諦めない。

でも実家なら、なにごともなかったようにスルー。

■デクレッシェンドの法則

たまに帰省すると、豪華な食事が出てきて「おお!」と驚く。

でも日に日におかずの量が減っていって、Uターンする頃には普段通り。

■お風呂の時間

自分の家にいる調子でリビングでまどろんでいると、「早くお風呂、入んなさい」と、お母さんがうるさい。

お風呂に入るタイミングは自分で決めさせて欲しい。

■毎夜のように……

「じゃあ、お母さんもう寝るからね!」と、聞いてもないのに、必ず“寝る宣言”をする母。

なんの脈略もなく話しかけといて「じゃあ」もないって思うけど、ほほえましい。

■暇すぎる

実家 あるある 暇

結婚やら何やらで地元の友達がなかなかつかまらず、田舎なのでイオンぐらいしか行くところもない。

暇をもてあまし、予定を前倒しして早めに帰ってくることになる。

■おやつ問題

お母さんが買ってくるお菓子って、おかきとかサラダせんべいとか、どうもパッとしない。

「ルマンド」とか「ホワイトロリータ」とかの“ブルボンシリーズ”は、まぁ許す。

■一生かけて集めたガラクタ

散らかっていて汚いというわけではないけれど、折紙で作った飾り物とか、木彫りの熊とか、物がやたらと多い。

ときどき「これ全部私が始末することになるのかな」と想像してしまう。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article