1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. パートナーのお使いあるある

パートナーのお使いあるある

Share

パートナーにお使いを頼んだら、予想していなかったようなものを買ってきた。こんな経験、ありませんか? かといって、お願いした手前、文句をつけるのもちょっと……。今回はそんなあるあるを取り上げます。

パートナーのお使いあるある

■普段の精一杯のやりくりが踏みにじられる思い

「安かったから」と言って、トマトとか頼んでないものを箱買いしてくる。

大抵そこまで安くない上、大量すぎて消費しきれず、結局、高くついてしまう。

■話がまったく通じない

「いつも使ってるボディソープの詰め替え用を」と頼んだのに、見たこともない高級そうなシャンプーをボトルで、しかもふたつも買ってきた。

■料理をしない人の買い物

調味料のお使いを頼むと、オイスターソースとか使用頻度が低いものでも「お得だから」という理由で、きまって大きなものを買ってくる。

消費期限内に使いきれず、捨てる羽目になる。

■食材の呼び方が少し変わると対応できない

私「ジャガイモ買ってきて」

夫「なかった。ジャガイモに似たメークインってのがあったけど、あれジャガイモじゃないよね」

■もはやお使いじゃなくて、個人的な買い物

わざわざLINEでパッケージの写真を送っても、なかったと言って手ぶらで帰ってくる。

それだけならまだしも、さきいかとかビーフジャーキーとか、無駄に高いビールに合うおつまみ系のお菓子をどっさり買い込んでくる。

■代用品のアイデアが残念

「今日は鮭の塩焼きね」って伝えてあるのに、「鮭なかったからこれ買ってきた」と言って牡蠣を買ってくる。

いったいどうしろと……。

■出かけたっきり

なかなか帰ってこない。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article