1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. この秋はレディライクに! 大人のフレアスカート着こなし術

この秋はレディライクに! 大人のフレアスカート着こなし術

Share

この秋冬も引き続き、ロングのフレアスカートは流行の兆し。大人の女性がフレアスカートを日々のおしゃれに取り入れるときのポイントをご紹介。

この秋はレディライクに! 大人のフレアスカート着こなし術

■ロングプリーツスカート人気はまだまだ続く

ここしばらく、流行アイテムとして不動の人気のロングプリーツスカート。年齢問わず誰もが着用しているアイテムだからこそ、ここはひとひねりしたいもの。

ニットを合わせることが多いと思うけれど、今回は上質な麻100%のメンズライクなシャツを合わせてみた。

プリーツスカートは歩くたびに裾が揺れる、甘いアイテム。故に上半身まで女度が高かったり、ラブリーに仕上げてしまうと胸やけするコーデになってしまう。

そこにシャキっとメンズライクなネイビーのシャツを着てみる。無駄のないシンプルな形。上質な麻の持つ光沢が、コーデ全体を格上げしてくれる。

さらに、ロングプリーツの持つ縦長のイメージに合わせて、ネックレスも縦長のものを。甘い淡水パールのロングネックレスをON。

甘いスカート×辛いシャツ×甘いアクセサリー。

靴は定番のスニーカーを避け、女らしいスタッズ付きのPELLICOのハイヒールで。

大人の女性のロングプリーツスカートコーデが完成する。

■生地感を活かした、フレアスカートのワンカラーコーデ

光沢のある柔らかい生地が女性らしい、キャメル色のロングフレアスカ―ト。

質感を合わせ、クラシカルなプリントブラウスを合わせたコーデ。

色を統一することで、よりクラシックで上品な感じになる。

靴はこげ茶で引き締め、バッグも同色でまとめたワンカラーコーデ。

クラシカルな雰囲気を大切に、アクセサリーや小物もアクセントカラーを敢えて入れずに、シックにまとめてみた。

ワンカラーでまとめると、柔らかい素材のフレアスカートはとてもやさしいコーデになる。

■「フレア×フレア」で新鮮に

「ロングのフレアスカートのコーデにはコンパクトなトップスが合う」という思い込みを捨てて、裾広がりなジャケットを合わせてみた。

これが新鮮!

フィット&フレアではなく、フレア&フレアのシルエット。

コットン素材に可愛いフリンジ付きという遊び心のあるジャケットと、革のフレアスカートというハードさがおもしろいコーデ。

バッグも動くたびにヒラヒラとフリンジが広がるJ&M DAVIDSONのカーニバルを合わせてみた。
着ている本人がとっても楽しくなる、そんなコーデ。

■フレアスカートの着こなしは無限大!

一言で「フレアスカート」と言っても、

・素材
・長さ
・シルエット
・色


要素の組み合わせでまったくイメージは変わる。

・トップスに何を持ってくるか?
・靴は何を合わせるか?
・バッグはどんな形?
・アクセサリーは?

合わせるアイテムや小物によっても、全体の雰囲気は大きく変わってしまう。

ただ、ひとつだけゆるぎない共通点がある。コーデが完成して着て出かけたら。

「レディな気持ちで一日振る舞うこと」

これが一番重要なポイントだと思っている。


歩くたびに揺れるスカート。
立っても。座っても。振り向いても。

そこに女性らしさは自然とついて回る。だからこそ。立ち振る舞いも言動も。

ロングのフレアスカートを着た日だけは、レディライクな気持ちですごそう!

Share

霧香

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article