1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 自己投資は◎、飲み会は△? FPが教える「お金をかけるべきところ」「見直すべきところ」

自己投資は◎、飲み会は△? FPが教える「お金をかけるべきところ」「見直すべきところ」

Share

無理なく貯金をするためには、「お金の正しい使い方」を意識することが大切です。生活費を切り詰めてばかりでは疲れてしまいますし、長続きしません。今回は、日々の中で「お金をかけてもいいポイント」「見直すべきポイント」をお伝えします。

自己投資は◎、飲み会は△? FPが教える「お金をかけるべきところ」「見直すべきところ」

将来のために貯金は大切、でも無理はしたくないですよね。

今回は、今を切り詰めすぎず無理なく貯金するために、「お金をかけてもいいポイント」「見直すべきポイント」をお伝えします。

自分にとってバランスのよいお金の使い方を、ぜひ考えてみてください。

■お金をかけるべき3つのポイント

1.自己投資、趣味

自分への投資や趣味には、たっぷりお金をかけてください。

自己投資とは、「自分が成長するためにお金を使うこと」

“成長”というと、なんだか大げさに聞こえるかもしれませんが、毎日を快適に暮らすためにお金を使うことだと考えてみてください。

たとえば、健康のためにヨガに通うこと、良質な睡眠のために高価なベットを購入することなども自己投資のひとつです。
毎日が少しずつ幸せなら、数カ月後、数年後には、ひと回りもふた回りも成長しているあなたになっているはず……。


また、趣味も思う存分に楽しんでくださいね。大好きなアーティストのライブに行くのも、本を読むのも、カフェめぐりも。趣味は、毎日をがんばるパワーになります。

自分を大切にするためにお金を使うのはマルです。

2.一生モノの買い物

一生モノの買い物は、お金をかけるべきところ。

時計やバッグは、セールで買った流行のものよりもきちんと時間とお金をかけて選んだもののほうが、長く大切に使いたくなりませんか。

家具や食器も、簡単に買えるものの方が気軽ですが、高くてもこだわりを持ってじっくり選んだものの方が長持ちするし、大切に扱いますよね。

一生モノの買い物は、長持ちするというメリットがあるのはもちろん、買う決断に至るまでの経緯もすべてが思い出になります

「どうしてその時計が欲しかったのか」
「なぜ、そのソファを買おうと思ったのか」

じっくり悩んだ買い物は、モノとしての価値だけではなく、私たちに思い出や体験としての価値も与えてくれる。
だから、高価な買い物はお金をかけるべき価値があります。

3.時間のゆとりを生むもの

お金を使う上で、「時間をお金で買う」という考え方も大切にしてみてください。

たとえば、食洗機や自動調理機、お掃除ロボットを購入すると、家事の手間が減って自分の時間を確保できます。
仕事でヘトヘトになって帰ってきたとき、食洗機が洗い物をしてくれたら、その時間でゆっくりお風呂に浸かってストレス発散もできますし、早く寝ることだってできます。

出かけている間にお掃除ロボットが掃除をしてくれていたら、帰ってきて落ちている髪の毛にストレスを感じることはありません。

このように時間や心のゆとりを生むためのものは、購入する価値があります
自分の時間を大切にできるお金の使い方を心がけましょう。

■お金を使いすぎてない? 3つの見直しポイント

1.定期的に見直したい固定費

お金の使い方を考えるとき、簡単で即効性が高い方法は“固定費の見直し”です。
毎月どれくらい使うかわからない食費などの変動費よりも、毎月決まった金額が出ていく固定費を見直す方が簡単です。

固定費の代表は、携帯代、保険料、Netflixなど定額制サービスの利用費、ジム代など。心の底で「もったいないな」と感じている費用はありませんか。

プラン変更や解約は面倒ですが、固定費を1カ月2000円削減できれば、1年間で24000円の削減になります。
月数千円とはいえ、あなどれません。

2.なんとなく参加している飲み会、ランチ

職場の飲み会やランチに、“つい”参加してしまうことありませんか?

満足できる時間になれば問題ありませんが、「やっぱりやめとけばよかったな」と後悔することもありますよね。
残念な飲み会やランチは、お金だけではなく時間も使ってしまいます。

飲み会に参加しなければ、1回あたり3000円以上が浮きます。けっこう大きな金額ですよね。
気が乗らないお誘いは、断る勇気も必要です。

3.ついつい増えちゃう美容代

ネイルにマツエク、美容院、基礎化粧品にヘアケア代……。
美容が人生や仕事のモチベーションとなっている人も少なくありません。

ですが、美容代が毎月いくらかかっているか、意識したことはありますか?

美容が大好きな人は、ぜひ一度、月の美容代を計算してみてください。もし使いすぎているようなら、ネイルサロンからセルフネイルに変えるなど、代替案を考えてみましょう。

ただし、美容が大好きで「美容は自己投資!」なら、無理して削減しなくてもOKです
満足度とのバランスを考えてお金を使ってくださいね。

将来を豊かにしてくれる貯金は未来の自分へのプレゼントですが、“今”を犠牲にしてしまうのはもったいない!

自分にとってベストなバランスを意識して、お金を大切に使ってくださいね。

Share

荒木 千秋

ファイナンシャルプランナー。神戸大学経済学研究科修士課程修了。 メガバンクに勤務時は、富裕層や会社オーナーを対象とした投資相談業務に従事。同年代の友達と話していると自分の知識や経験は、普通の働く女性に貢献すべきだと実感、独立...

Latest Article