1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 「春の黒」をかろやかに見せたいなら、白の分量調整を

「春の黒」をかろやかに見せたいなら、白の分量調整を

Share

おしゃれな人5名に「明日のコーデ」を紹介してもらう企画【明日これ着よう!】。3月4日〜3月8日までのテーマは「春の黒」。5人5通りのコーデをお届けします。“火曜日担当”のR*ジャスミンさんには水曜日のコーデを見せてもらいます。

「春の黒」をかろやかに見せたいなら、白の分量調整を

春めいてくると、ショップには淡いパステルカラーやビビッドなカラーのアイテムがディスプレイされ、見ているだけでウキウキした気分になります。

でも、仕事のある日や学校行事などに着用するのは、黒やネイビーといったベーシックなカラーばかり。

それは私にとって、着ていて落ち着くということと、誰に対してもきちんと感を出せる保守的で無難なカラーだからです。

今回は、黒のトップスを使って重たくならず、きちんと感やおしゃれ見えも叶う、オンオフ使えるコーディネートを考えてみました。

トップスは黒の細いリブニット。襟と袖口に施された白のトリミングがポイントです。

黒のニットも白がほんの少し使われているだけで、明るい印象をもたらしてくれます。

トレンチコートの袖を少し捲って、ニットの袖口が見えるように着ると、軽さを出すことができますよ。

ボトムスにはオフホワイトのスカートを選びました。

モノトーンスタイルのときに大事にしているのは、黒と白の分量です。

冬は黒をメインに、白はポイント使いする程度に留めますが、春先から夏にかけては白の分量を増やして軽快な印象になるように心がけています。

今回の場合、ニットとパンプスの黒でスカートの白を挟むようにしました。

また、アウターやバッグをベージュ系にし、遊び心のあるチェックのスカーフをアクセント使いして、シックなモノトーンスタイルにカジュアル感をプラス。

黒のアイテムを使ったモノトーンスタイルも、白を取り入れる分量を調節したり、明るめのカラーをプラスしたりすることで、春らしい装いが楽しめますね。

OUTER// RAZIEL blue

KNIT// SENSE OF PLACE URBAN RESEARCH

SKIRT// Perle Peche

SCARF// Burberry

BAG// BEAMS

SHOES// amiami

Share

R*ジャスミン

1968年生まれ。ファッションブロガー。商社にてシルク繊維・製品の輸入に携わり、結婚、出産を経て2014年からブログを開始。同年に賃貸業・管理業の自企業を設立・経営する。ライフスタイルから自身の日々のスタイリングを綴った等身...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article