1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. 【心理テスト】あなたの心の奥底にある「本当の悩み」

【心理テスト】あなたの心の奥底にある「本当の悩み」

Share

人は多かれ少なかれ悩みを抱えているもの。悩みのない人なんて、まずいません。ただ困ったことに、自分が抱える本質的な悩みに気づいていない人は少なくないもの。心理テストを用いて、自分の悩みの根源を覗いてみてはいかがでしょう。今回は「あなたの心の奥底にある本当の悩み」がわかる心理テストをご紹介します。

【心理テスト】あなたの心の奥底にある「本当の悩み」

Q.あなたの目の前で小さい女の子が泣いています。さて、その女の子はなぜ泣いているのでしょう? 次のうち最も近いものを、直感で選んでください。

A:親とはぐれた
B:お腹が空いた
C:転んで擦りむいた
D:悲しい絵本を思い出した


あなたはどれを選びましたか? それでは、結果を見てみましょう!

【診断できること】 あなたの本当の悩み

深層心理において「小さい女の子」は、あなた自身の最も弱いところやデリケートな部分の投影であり、日頃自分では意識していない潜在的な痛みの象徴であると言えます。

そして、女の子が泣いていた理由は、あなた自身が未だに癒されていない本質的な悩みと密接に結びついています。そのため、泣いている原因が何であったかによって、あなたの本当の悩みがわかるのです。

■A「親とはぐれた」を選んだあなた……心からの愛情に飢えている

あなたは、もしかしたら小さい頃に両親から厳しく育てられてきたのではないでしょうか。本当はもっと甘えたかったのに、それが満たされず大人になっても真心や無償の愛情を求めているところがあるようです。

確かに、誰か優しい他者から愛されることで一時は満たされるかもしれません。しかし一番肝心なのは、あなた自身があなたを、自信を持って愛してあげることなのです。そこにお悩み解決の糸口があるはず。

■B「お腹が空いた」を選んだあなた……お金や将来への蓄えへの心配事がある

あなたは、とても慎重で安定志向の持ち主かもしれません。常に未来を見据えていて、何事もきちんと準備をして物事に対応していくのを好むタイプでしょう。しかしそれは裏を返せば、将来への蓄え、特にお金に関して不安を抱きがちということでもあるのです。

いつ無職になって収入が途絶えるのか、誰かが自分の財産を奪うのではないかといった考えで、頭がいっぱいになってしまうことも。でも実は、世の中は目に見えない価値で溢れています。物質的なものだけでなく、そういった精神的なものの価値に目を向けることができれば、心も穏やかでいられるはず。

■C「転んで擦りむいた」を選んだあなた……病気や健康面での問題に怯えている

あなたは、もしかしたら今、健康面での問題や病気などで心を悩ませてはいませんか? 「身体が資本」と言われるように、人は健康でなければ多くの楽しみを素直に享受することができません。しかし、だからと言ってすぐに解決できない問題事に心を悩ませるのも考えものです。

「病は気から」という言葉にもあるように、気の持ちようで体調がより良く変化していくケースも。楽しい趣味やポジティブなイメージを忘れないよう習慣づけてみましょう。意外と体調も良くなるかも!?

■D「悲しい絵本を思い出した」を選んだあなた……人間関係や社会に漠然と不安がある

あなたは、やや悲観主義者なところがあるかもしれません。しかしそれは、あなた自身の心の優しさや共感力の高さから来るもの。

人や社会から傷つけられたくない、という心の防衛本能が高いだけだと言えます。しかし、敏感すぎるあまりに、人付き合いが苦手だったり、周囲にうまく溶け込めなかったりすることもあるかもしれません。

そんなときは、あなたにとって本当に親しい友人、ひとりかふたりでかまいません。彼らと深く関わることを意識してみましょう。

「すべての人から好かれることはない」そう思うことができれば肩の荷が下り、今よりもっと楽しくなるはずです。

■本当の悩みは心の奥深くに保管されている

人間には、自分の心を守ろうという本能的な欲求や心の動きがあります。その代表的な機能として挙げられるのが「忘れる」というものです。

せっかく覚えたことを忘れるというのはちょっと残念な気もしますが、もしもずっと忘れることができなかったらどうでしょう。

いつまでもネガティブな思いにかられてしまうはずです。だから、本当の悩みこそ自分を守るために心の奥深く、潜在意識にしまわれていることが多いのです。

Share

脇田 尚揮

法律にも精通する認定心理士。Ameba公式No.1占い師として雑誌・テレビなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、TBS 「王様のブランチ」、日テレ「Pon!」 などで紹介される。...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article