1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. ゆるニットの足元はスニーカー。パリジェンヌっぽいかろやかな着こなしに

ゆるニットの足元はスニーカー。パリジェンヌっぽいかろやかな着こなしに

Share

おしゃれな人5名に「明日のコーデ」を紹介してもらう企画【明日これ着よう!】。2月18日〜2月22日までのテーマは「大人のゆるめニット」。5人5通りのコーデをお届けします。“水曜日担当”のKUMICOさんには水曜日のコーデを見せてもらいます。

ゆるニットの足元はスニーカー。パリジェンヌっぽいかろやかな着こなしに

この春の流行色といえば、イエローやミント、ブルーなど。ショップには、淡いトーンの洋服がコーディネートされたかのように並び、物欲センサーを刺激してきますよね。

「まだ春物は早いかな」という考えが、この時期になると薄れてくるのは「冬物のマンネリ化」というより、すぐにでも着用できるアイテムが多数あるからではないでしょうか。

ニットであれば、コットンウールやコットンカシミヤなど、薄手であっても、比較的暖かいものがその一例です。

私が選んだのは、春の注目色イエローのゆるニット。深めのVネックと軽い着心地がお気に入りです。

ゆるニットの良いところは、ほど良く力が抜けたスタイルを作れる点だと思います。

サテン調のチャコールグレーのスカート風パンツを合わせて、淡いトーンを引き締めれば、春を意識した着こなしに。

さらに白スニーカーをオンして、パリっぽい&自分らしいエッセンスを加えました。

2月にマッチするのは、オンリーソフトカラーよりも、淡いトーン×引き締めカラーのコーデ。

これは、本格的な春スタイルへシフトチェンジするまでの、楽しみ方のひとつなのかも知れません。 


ニット:TOMORROWLAND(トゥモローランド)
パンツ:Studio CLIP(スタディオ・クリップ)
バッグ:LONGCHAMP(ロンシャン)
スニーカー:NIKE(ナイキ)

Share

KUMICO

アパレル歴20年。フランスのメーカー勤務後、ライターに転身。2007年より「暮らすように旅するパリ」をテーマに、フランス各地を訪れる。FRANCE365では「パリおしゃれ手帖」を連載。雑誌GINGERのWEBメディア「GIN...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article