1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 新大久保の美熟女に学ぶ「毎日ピーリング」のすすめ

新大久保の美熟女に学ぶ「毎日ピーリング」のすすめ

Share

ピーリングといえば、毎日ではなく週1回程度のスペシャルケアとして取り入れるのが一般的。しかし、とある出来事をきっかけにピーリングの頻度を毎日にしてみたところ、肌の調子がとても良くなり、透明感もアップしたのを感じています。ここでは安全に美肌に近づける、「毎日ピーリング」の方法をご紹介します。

新大久保の美熟女に学ぶ「毎日ピーリング」のすすめ

ピーリングを毎日するようになったのは、新大久保できれいな大人に出会ったのがきっかけでした。

とあるコスメショップで商品選びに悩んでいたところ、声をかけてくださった店員さんがいらっしゃったのです。

年齢は40歳半ばくらい。見るからに水分がたっぷりと含まれていそうな白い肌はシワひとつなく、薄くCCクリームを塗っているのかナチュラルでツヤツヤ。

太すぎず薄すぎない眉と上品なローズ色のリップも美肌を引き立てており、とにかく目が離せなくなるような美熟女がそこに立っていたのです。

こんな大人の女性になりたい! どうすればこんな美肌になれるのか気になる……と、思わず美肌の秘訣を根掘り葉掘り伺わずにはいられませんでした。

■美肌の基本は「保湿・日焼け止め・角質ケア」

■美肌の基本は“保湿・日焼け止め・角質ケア”

店員さんいわく、美肌の基本は「保湿・日焼け止め・角質ケア」を毎日コツコツ積み重ねることに尽きるそう。

確かに保湿と日焼け止めには、日々気をつけていましたが、角質ケアを毎日するのは逆に肌に悪いのでは? とびっくり。

しかしよく考えてみれば、そもそも角質ケアとは不要になった角質を取り去るケアのこと。

そして角質は肌のターンオーバー(生まれ変わり)とともに、日々少しずつ肌表面に押し出されていくので、その日に生まれた不要なものをその日中に取り去るというのはとても合理的な話です。

また、通常は28日周期で生まれ変わるはずの肌ですが、恐ろしいことにターンオーバーのサイクルは加齢とともにどんどん長くなっていくそう。

25歳以降になると、1年ごとに1日ターンオーバーが遅れるとも言われています。

不要な角質は肌のざらつきや透明感を損なう原因になるだけでなく、スキンケアの浸透を邪魔することもあるため、毎日の角質ケアが美肌の条件というのにも納得です。

■マイルドなピーリング洗顔料がおすすめ

さっそく日々のスキンケアルーティンにピーリングを組み込みたいところですが、ひとくちにピーリング効果のあるスキンケアといってもさまざまな商品があります。

美熟女な店員さんに聞くと、マイルドなピーリング効果のある洗顔料を使うのが最もおすすめとのこと。

効果の高すぎるものを毎日使うのは当然危険ですし、一度にあまりにもたくさんの角質を剥がしてしまうと、皮膚の防衛反応で角質がより分厚くなってしまうそうです。

スクラブなどで毎日摩擦を与えることも肌を傷める原因に。摩擦を避けるために、洗顔料は必ず泡立てているともおっしゃっていました。

そして最も重要なのは、決して無理はしないこと。

毎日のピーリングが効果を発揮するのは、あくまで健康な肌があってこそ。乾燥がひどいときや肌荒れしているときなど、肌に違和感がある場合にはピーリングを控えているそうです。

ちなみに、実際にわたしが使ってみて良いなと感じたのは、以下のふたつのアイテム。

アクセーヌの洗顔料は泡で出てくるタイプでとても便利。敏感肌向けブランドなだけあって、優しくしっとりとした洗いあがりでした。

アイナソープは全身用としても◎。ピーリング剤の濃度が選べるので、マイルドなものから使い始めると安心です。

■モチモチ肌でスキンケアの入りやすい肌に

毎日ピーリング生活を始めて、およそ半年が経ちました。

肌がどんどん柔らかくモチモチになり、基礎化粧品を吸い込みやすくなっているのを実感しています。

美熟女の勤めるコスメショップにはその後も何度か通っています。ちなみに、40代半ばだと思っていたのが、実はお孫さんもいる60歳のマダムであることが判明!

「保湿・日焼け止めに加えて角質ケアも日々行う」という彼女の美肌メソッドの説得力が、より増して感じられたのでした。

※「毎日ピーリング」は敏感肌など肌質によっては合わない可能性もあります。ご自身の肌状態と相談してお試しください。

Share

ふね

美容部員・化粧品企画を経て、現在は編集プロダクション勤務の編集ライター。目の前の楽しさを追い続けることで、愉快で朗らかな一生を完成させる人生設計です。今世の地球も最高!

関連するキーワード

関連記事

Latest Article